ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
遅ればせながらおつかれさ..
by Nobu at 21:44
べりさん、腹ポさん 土..
by Mazoka3 at 07:29
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会
苦しかった記憶もだいぶ薄れてしまいましたが、、忘れてしまわないうちにツール・ド・美ケ原参戦記です。

>ツールド美ヶ原(ツアー編)

前日は昼過ぎに会場入りして、受付を済ませてから軽く試走に出ました。全く初見のコースというのも不安ですし。ただし、山頂まで登ってしまうと明日に疲れを残してしまいそうなので、ポイントになりそうな序盤の激坂区間のみです。
さすが最強激坂を謳うだけあって、噂どおりに厳しい登り坂です。特にスタートしてすぐ温泉街を抜けて最初に現れる坂が最難関。特に厳しいのが最初のヘアピンまでの数百メートルで、体感では15%以上20%未満?はありそう。足を着かずに登るのがやっという感じ。そこをクリアすると、若干緩くはなりますが、それでも10%超の勾配が続いて休みどころがありません。3キロ300mほどで太い道に出ると、やっと激坂区間は終了。もうそこまででお腹いっぱい、、デザートも入らないという感じです(^^;

さていよいよ決戦当日。
準備万端で6時過ぎにホテルを出て、スタート地点の市営野球場横の会場へと向かいます。近いので自走してもすぐに到着。会場はすでに多くの参加者で賑わっています。アップがてら野球場の周りを軽く数周しますが、ホントに軽く流しただけでアップにもなっていない感じのまま、集合場所に自転車を並べました。まだスタートまでは1時間半以上もあって、時間を持て余してしまうほど。開会式の後、チャンピオンクラス、女子クラスのスタートを見物してからもしばらく待ちます。

さて、美ヶ原に来る前にALPSLABから標高データを落としてきて、戦前のシミュレーションをやってみました。その結果、去年の乗鞍と同じパワーを出せたとして、予想タイムは87分と出ました。ま、初めてのコースですし、去年のコンディションにも達していないので、漠然と90分切りを目標に置くことにしました。

スタートはクラス別に100人ずつに別れ、2分間隔でスタートしていきます。ゼッケンをみれば、いつスタートしたのかがすぐ判ります。めずらしく、スタートはほぼ最前列に並びました。

いよいよ、8:15、号砲とともにスタート。ヒルクライムレースの始まりです。最初から飛ばしてもしようがないと、抑え気味に漕いでたら、温泉街を抜ける間にもどんどん周りの選手に追い越されていきます。沿道では地元の人達がいっぱい出てきて、声援を送ってくれます。すぐに問題の激坂へと突入。あっという間にスピードは落ちて、インナーロー固定。時速6キロの攻防が続きます。こんな最初から脚を使いたくはないですが、使わないと登らない・・。さすがに強い人はぐいぐい登って行きますが、止まりそうな人や押している人も多数。再スタート失敗して転倒する人もいたりで、コース上は屍累々といった光景・・^^;

なんとか壁のような最も勾配の厳しい区間を突破して進んでいくうちに、似たような力の人が集まってきます。激坂を登るのに誤魔化しはきかない、そこだけでふるいにかけられてしまって、序列が決まってしまうかのようです。前に行きたければ、力をつける他無いと、、当たり前の事実を再認識させられるのです。

ようやく3kmほどで激坂区間を終えると、道は一旦フラットになり美鈴湖に出ます。湖畔は視界も開け、若干下り気味なのか、気がつくと40キロオーバー。まぁそれも一瞬で、林間に入るとすぐまた登りが待ち構えています。登りはじめに第1CPの給水がありますが、なるべく平坦のスピードを保っていきたくて、そのまま通過。時計をみると、まだスタートしてから20分ほど。序盤の坂だけでもう疲れ気味なのに、まだこれから1000m近く登らねばなりません。先は長いので無理はできないけど、休み過ぎてもいけないし、、力加減が難しい。ちょうど前にみえた1428番の選手に着いて行ってペースを保つように集中します。

そこからはよくコースを覚えていません。極端な激坂はないものの、それなりの勾配の波状攻撃が延々と続きます。そのうちに、1451番の選手が前に出たのに着いて目標にさせてもらいます。ひとりだと絶対に気持ちが折れてしまうところですが、周りの選手がいい刺激になります。それでもやっぱり調子の波はあるもので、ちょっと気が緩んだ隙に間隔が離れてしまったかと思ったらもう追い付けませんでした。。

37分くらい?で第2CPを通過。給水のカップをもらって飲みほします。後から思うとこの辺りが最も中弛み状態だったか。。気がつくと、後ろに離れたと思っていた1428番の選手に再び追いつかれ、ペースダウンしていることに気づかされます。気持ちを入れなおして、とにかく1428番に着いて離されないように集中。もう脚はいっぱいいっぱいという感じですが、休まず無理せず。やがて、ちょっとだけ平坦区間があってアウターかけて前に出るも、すぐにまた登り基調に逆戻り。まだまだ先が長いです。

まもなく、第3CPが現れて、水をもらって少し飲んで、残りは頭からかぶります。いい加減いつまで登りが続くのかと滅入っていると、残り5kmの看板。時計をみるとすでに76分が経過していて、こりゃ目標の90分切りも厳しそうやなぁと算段が働きます。けれども武石峠を過ぎると標高もほぼピークを超えたみたいで、尾根伝いにほぼフラットな道に入りました。その先のコースを詳しくは知りませんが、もう大きな登りはなかったはず。平地のリズムに切り替えて、ペダルに力を込めます。下りに入っても足を止めずにラストスパート。メーターをみたら60km/hover。一度登り返しがあって失速するもなんとかやり過ごして、再び下りで勢いをつけてゴール前最後の登り坂へ突入します。そのまま勢いだけで登れるかと思ったら、意外とゴールが遠い・・。それでもなんとか腰を上げて、ゴールラインを切りました。
e0080315_227421.jpg
それにしてもきついコースでした。序盤で脚を使うのでその後のペース維持が大変。速度変化も大きいし、ちょっとでも油断すると大きくタイムを失いそうな難コースだと思いました。

GPSの速度記録です。
記録は1:27:04 と、予想タイムとドンピシャでした。偶然?とはいえ、出来すぎですね^^;
e0080315_2272933.gif

【本日の走行】 走行距離:21.6km、平均速度:14.6km/h、最高速度:63.0km/h

リザルト
タイム 1:27:04
クラス順位 90位/515人 (ロードレーサー男子D)
全体順位 444位/1851人
[PR]
by Mazoka3 | 2009-06-28 23:59 | 自転車レース・イベント | Comments(4)
Commented by GhostRider at 2009-07-06 19:10 x
やー 頑張ってますなー

>>再スタート失敗して転倒する人もいたりで、コース上は
>>屍累々といった光景・・^^;

まるでKDXのエンデューロのようで(笑)
Commented by 慎@アパート at 2009-07-06 21:23 x
再スタートで転倒の危険。
まるで小豆島状態ですね(^^;
僕はやっぱり平地に生きよう(゚゚☆\(--;)バキ
Commented by Mazoka3 at 2009-07-06 23:18
GhostRiderさん
やー、しんどかったすよー
KDXか、懐かしーすね^^;
ほんと、まさにそんな感じ・・<大変な状況なんだけど、どこかコミカル^^;

慎さん
ハイ。
寒霞渓を思い出して頂ければ、だいたい想像がつくと思います^^;
突然前の人が蛇行したりして、なにげにスリリングです^^;
Commented by ひらまつ at 2009-07-08 10:58 x
最初の2キロが最強激坂たるゆえんなんですね、その後で延々と淡々と坂が続くと。
ワレワレはこうやってレポ拝見しながら「大変だったねー」とチャチャ入れるくらいでちょうどいいです。

それにしてもALL SPORTSの勇姿、下ってますがな(^^;;
<< 本日の黒ホッピー ツールド美ヶ原(ツアー編) >>