ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
遅ればせながらおつかれさ..
by Nobu at 21:44
べりさん、腹ポさん 土..
by Mazoka3 at 07:29
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


床下には
ディーラーで初めて試乗したときからの印象なのだが、運転席に座ってみると、車高から想像するほどには天井が高いとは感じない。 確かに視点が高くて見晴らしはいいのだけど、それほど室内高さはあるわけではない。 ドアを開けるとサイドシルは全く無く、フラットな床が"掃出し"状態となる。結構、床が高いのだ。
(そういえば、ルノーアバンタイムも同じような作りだった)

その試乗以来、床の下には一体何が入っているのか、ずっと気になってしょうがなかった(大袈裟)。 で、やってきたムルの腹を覗いてみると、、。

そこはなんと、空っぽだった・・・(^^;

正確にいうと、後席の下あたりに燃料タンクがあるのと、リアサスペンションと、後端のスペアタイヤと、 マフラーと、、、それなりにあるものはあるのだが、なんというか、まるでスカスカなのだ。 ムルティプラのプロモーションブックには、いかにスペース効率を追求して、空間を無駄なく有効に使っているかが熱く語られているというのに・・・(^^;
e0080315_121728.jpg床下を覗いたところ:スペースフレームに床板を張ってある構造がよくわかる。
遮るものが何もないので、排気管はまっすぐに延びていて排気効率はよさそうだ(^^;
左に見える黒い塊はガソリンタンク



このように床が高い理由のひとつには、床をフラットにするためだろうと思われる。 確かに、室内は前から後ろまで床はまっ平らで、そこにちょこんと椅子が置いてあるという感じ。

このために、ムルティプラは他のモデルとフロアパネルを共用せず、 (というか、幅が広くて共用できないだけか?(^^;) 専用のスペースフレーム構造のシャシーが使われている。車の下に潜ると、このフレーム構造がよくわかる。 複雑なプレスのモノコックを新規に開発するよりも、この方がコストが安いということもあるようだ。

もうひとつは、床下をちゃんと活用するモデルが存在するからのようだ。 欧州では、ガソリン、ディーゼルとは別に、BIPOWERと呼ばれるCNG(天然ガス)仕様とか、 BLUPOOWERというCNG/ガソリン両用モデルがあって、そいつの透視図をみると、床下にCNGボンベがずらっと並んでいたりする。

というわけで、高床にもいろいろ背景があるのは判ったが、ガソリンモデルのオーナーとしては、 せっかく余っている空間なので、床下収納のようなものでもあったらいいのにと思わないでもない。
[PR]
by Mazoka3 | 2004-02-19 00:00 | Multipla-あれこれ | Comments(0)
<< 販売台数 フェイスリスト >>