ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


淡河疎水を辿る
あるきっかけで「淡河疎水」に興味がわいて、疎水を辿ってみることにしてみました。

淡河疎水」とは何ぞや?
詳細はネットで検索して頂くと、解説が豊富にありますので、ここでくどくど述べるまでもないのですが、疎水の傍らにあった案内板の説明を引用しておきます。

「神戸市北区淡河町木津の川から引かれたこの
疎水は、総延長26.3kmの水路である。
 明治24年に完成した水路には、28ヵ所の
隧道(ずいどう)があり難工事であった。中でも
芥子山(けしやま)隧道は、土質がくずれやすく
湧水が多いため請負人の手に負えず、県の直営
工事に改められた。
 3年4ヵ月を要した隧道も同25年に初めて
宿願の新田開発を潤した。しかし豪雨によって
築堤は崩壊し、明治27年に復旧完成した。」

とあります。
日頃からよく自転車で走っているテリトリーにある史跡(といっても現役の用水路ですが)なので、その存在は承知しているつもりでしたが、水路をつぶさに巡るのは初めて。自らの足で実際に辿ってみると、今から100年余り前に、よくもまぁこれほどの土木事業を計画し実現したのものだと、驚嘆せずにはいられませんでした。
e0080315_0302057.jpg

轍wadachiによる走行ログ:淡河疎水巡り(前篇) 2009/12/20

【本日の走行】 走行距離:64.02km、平均速度:18.6km/h、最高速度:50.8km/h



淡河の道の駅辺りから淡河川沿いを少し遡っていくと、水の取入れ口がある。取水口のことを頭首工というらしい。ここが淡河疏水の起点になる。
e0080315_0494417.jpg
取水口から取り込まれた用水は谷あいの田園地帯を進んでいく。決して平坦な土地ではないので、窪地は盛土をした上を水路が通る。
R428は陸橋で跨いでいる。向こうには山陽自動車道。
e0080315_050378.jpg
この辺りは、なんの変哲もない用水路だが。
e0080315_0501694.jpg
やがて水路は山の茂みに消えてしまって、経路を見失う。この先はいくつもの隧道(トンネル)で山を抜けているらしい。
e0080315_0503027.jpg
山陽道に沿って進むうちに、再び疎水と巡りあうが、それもまた程なく山中へと吸い込まれていった。とにかく、よくこんなに起伏に富む土地に水路を作ろうと考えたものだ。。
e0080315_0504347.jpg
そして淡河疎水の一番の見所はやはりこのサイホン管だろう。導管が手前の丘の上から、一旦谷底まで降りて再び向こうの丘の上まで繋がっており、谷を跨いで先方の丘まで水を流す仕組み。詳しくは「御坂サイホン」で検索下さい・・。
e0080315_0511383.jpg
サイホンの底部にあたる眼鏡橋。下を流れるのは志染川。
橋は2重に架けられていて、奥が明治24年に造られたオリジナルの石橋で中に水管が通っている。手前側は実は後から増設されたコンクリート橋なのだそう。
e0080315_0513479.jpg
眼鏡橋の上から、上流側の導管をみる。
e0080315_0515662.jpg
高低差は50m以上もあるらしいので、導管には5気圧以上の水圧がかかっていることになる。自転車のチューブを誤って破裂させたときのことを連想すると、結構な圧力だよなぁ。。
下流側の導管。以前は管の傍らを登れたのに、数年前に柵ができて入れなくなってしまった・・。
e0080315_0521572.jpg
御坂サイホンが登りきった先は、三木総合防災公園ができたのに伴って、整備された水路が続いていた。
e0080315_0522865.jpg
防災公園内の疎水を辿ると、再び隧道となって行先を見失ってしまった。
e0080315_0524276.jpg
残念ながら、この辺りまでで日没となってしまい時間切れ・・
続きはまた後日改めて巡ってみたいと思う。
[PR]
by Mazoka3 | 2009-12-20 23:59 | サイクリング | Comments(2)
Commented by 入碓 at 2009-12-31 17:32 x
渋い企画ですね~。
隧道の出口を探すのは、宝探しのようでおもしろそうですね。

それにしても、レーザーレベルやゼオドライトの無い時代に、どうやって測量したのでしょう?
サイフォン橋しか知らないので、行ってみたくなりました。

Commented by Mazoka3 at 2010-01-04 18:40
入碓さん
#年越しコメントでスイマセン・・
こんなマイナーねたに反応頂き有難うございます^^;
総長20キロ以上の水路ですが、高低差もほとんど無くて、本当にどうやって測量したのか不思議です。
是非一度探検されることをお勧めします。
誰にでも勧められるものではありませんが、面白い人には面白いはず?^^;
<< エリート養成ギブス アワイチ納め >>