ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


GPSでみるサイクル耐久
またまた耐久レースの話題でスイマセン。

MR-4Fには普段からハンドルバーにハンディGPSを搭載してしますが、レース走行中もトラックログ(位置情報の記録)を取りましたので、ここでは得られたデータを分析してみたいと思います。

e0080315_035527.jpgまずは、カシミール3Dを使ってトラックログを地形の立体画像上に表示してみたのが本図です。
走行ラインの色は速度の変化を表しています。青い区間が速度が遅く、赤くなるほど速度が速いことを示しています。

サイクル耐久レースでは、通常とは逆に左回りにコースを使用します。
コースレイアウトの詳細は、オフィシャルサイトのコースガイドでも参照頂くとして、おさらいの意味で、図をみながら1周してみますと・・




コースはスタートライン(A)を左回り(←方向)にスタートします。
メインストレートは約1%の上り勾配がついています。ピット前を通りすぎ、最終コーナー(B)を回るとさらに上り勾配がきつくなり、ホッブスコーナー(C)の手前で最高地点に達します。
Cからは下りながら右カーブを抜けてパイパーコーナー(D)まで下りの直線が続きます。
Dを過ぎると続いてリボルバーコーナーを右に曲がりながら次のヘアピン(E)まで短いながらきつい昇り返しがあります。

ヘアピン(E)を抜けると700mのバックストレートで、約1%の下り勾配が続きます。
バックストレートの終りのアトウッドカーブ(F)は、急な下りとなっていて最もスピードが出る箇所で、奥に行くほど回り込んだ複合カーブになっています。この辺りがコースの最も低い場所で、高低差は29mもあります。
そして、Fを過ぎるとあとはずっとだらだらと長い上り勾配が続きます。
ウィリアムズコーナー(G)を過ぎ、1コーナーを左に曲がるとメインストレートがみえてきます。

次のグラフは、コースプロファイル(高低差)をGPSの高度記録から描いたもの。
途中A~Gの位置を記してあるので、上のコースレイアウトと見比べながら、アップダウンの具合を想像してみて下さい。この図からもわかりますが、実際に自転車で走ってみると、かなりアップダウンがあるという印象です。

e0080315_0402237.gif


次の図は、ある周回中の速度の変化をグラフにしてみました。
代表的な例として、8周目(Lap 6:41)をブルーで、15周目(Lap 6:15)をレッドのラインで示します。
コースプロファイルの図と合わせてみると、当然のことながら、コースの登り下りに応じて、走行速度が大きく変化しているのがみてとれます。
最高速度が出るのはアウトウッドカーブ(F)で急な下りになっていて、60km/h以上の速度に達します。

e0080315_0391829.gif
※本データは速度の算出が間違っています!!(実際よりも高めになっている) 後日修正の予定(?)

ブルー(8周目)は平均的なタイムの周の例、一方、レッド(15周目)は丁度先頭グループの大集団と並走をしたときの例で、この日のベストラップをマークした周回です。

ブルーとレッド比較ししながらみると、A~Cにかけてはブルーの方が速度は高いですが、他車にくっついたり離れたりしているのか、速度にむらがあります。一方、レッドは2台で先頭交代しながら一定ペースを保って安定していますが、速度自体は遅めです。
レッドの周回のとき、C付近で後ろから先頭集団に追いつかれました。そこからはしばらく集団に着いていってます。Cからの下りで一気に加速して、Dまでのストレートでも加速を続けて50km/h以上に達しています。一方のブルーは、この区間、ストレートで足を休めているので一旦速度が低下しています。

ヘアピンEの前の上りで速度は低下しますが、レッドはヘアピンを抜けてバックストレートでどんどん加速していきます。この間は頑張って踏んで加速しないと集団から置いていかれそうになるほどです。ストレートでの巡航速度は46~47km/h。
一方のブルーは一人で風を受けながら走っているときのデータで、32~33km/hで走るのがやっとです。集団走行がいかに速いかがはっきりとわかる区間です。
レッドの方は、高い速度を保ったままFカーブを抜け、上りに入ってもその勢いを利用して速度が落ちていません。しかし、FからGに行く途中で力尽きて集団から千切れてしまいました。
途端にペースが落ちてGからAにかけてはブルーもレッドも似たような速度に落ちついてしまっているのがわかります。

こうしたデータをみても、先頭集団のスピードには驚くばかりです。

日 時:2005年10月10日
コース:岡山国際サーキット (1周3.703km)
使用機材:Garmin Geko 201
記録間隔:1秒毎
[PR]
by Mazoka3 | 2005-10-13 00:56 | GPS
<< チャオイタ Bibボトルとレース結果 >>