ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


MR-4F 折り畳み
MR-4Fはこんな感じで折り畳みます。



e0080315_551051.jpg(1)まず、フロントのブレーキを緩めておいて、前輪を外します。

e0080315_5144932.jpg(2)エアサスの頭についているクイックリリースを緩め、、

e0080315_516281.jpg(3)後輪をフレームの下にぐるっと回しこむように、リアのフレームを畳んでいきます。
写真は、サドルをつけたままですが、普通は前輪を外すときに、いっしょにサドルも外しておきます。

e0080315_5163949.jpg(4)後輪をフロントフォークの間に収めて折り畳み完了。
ここまでは、慣れればあっという間です。各部ともクイックリリースが使われているので、特に工具も必要ありません。


さらに、小さくまとめる場合は、ステムごとハンドルを外してやります。
(この場合はステムのネジを緩めるのに六角レンチが必要です)

折畳み後の写真をみただけでは、どういう機構になっているのかピンとこないかもしれません。私も実物をみるまではそうでした。
でも、自分の手で実際に畳んでみれば、その変形ぶりにはっとするほどです。

サスペンションの稼動部と折り畳み機構をうまく兼用しています。
なんだか変形ロボっぽいなぁ・・と感じていたら、、GIANTは台湾メーカーですが、MR-4の設計は日本人なのだそうです。
[PR]
by Mazoka3 | 2005-11-05 05:39 | MR-4F
<< ナンバー修理 月300km >>