ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


自転車:淡路島一周フルコース
今日は予定通り淡路島へ行ってみます。

長距離走ろうとするときは、早く出発するのが肝心、というわけで、朝5時起き6時に家を出ます。休みだと、なぜか早起きできてしまいます、不思議^^;

6:40のたこフェリーに乗船して海上15分で岩屋港に到着、淡路島に上陸です。考えてみると、前回淡路島を走ったのは3年前の夏でした。来ているようで、案外来ていない淡路島。前回は初めての淡路島ということで、山岳部を避けて洲本からR28沿いに福良までショートカットして回りましたが、今日はできれば海岸線をフルコースで走るつもりです。

岩屋を出てまずは洲本まで、順調なペースで飛ばします。しかし、いっしょの船に乗っていたロード乗りの人はあっという間に視界の向こうに消えていきました。は、速い・・。
先は長いので無理をしない程度に行きますが、あろうことか、早くも右膝が痛くなってきました。まだ走り始めたばっかりなのに・・。どうも、ここ数日来の走りこみからくる疲労のようです・・・、やっぱり急に走り過ぎた?^^;

ひとまず脚を休めるためにも、洲本で足湯温泉に浸かっていきます。熱めのお湯に足を浸すうちに心もち回復したかな?まぁ、あまり無理せずに進むこととしましょう。

洲本から海岸線沿いに由良港を過ぎると、いよいよ山岳区間の始まり。無理せず低いギヤでえっちらおっちら登っていると、ロード乗りに抜かれます。すごいペース。途中、謎のパラダイスで記念写真なども撮りつつ、やっと峠を越えて一気に下ってからは、延々海岸線の道が続きます。幸い風向きもまずまずで、快適に巡航。

やがて道は海岸線を離れ、第2の山岳区間へ。福良までの道程は思いのほか厳しいアップダウンがありました。淡路島一周は平坦コースといいますが、そんなのウソです^^; 標高こそしれてるけど、十分足に来ます。ロードの3人組に抜かれたり抜いたりしながら福良港へ。

e0080315_218576.jpgやっと彼方に鳴門海峡大橋が見えてきました。再び登りをこなして、鳴門海峡を目前に望む道の駅「うずしお」へ、ちょうど12時前に到着。

お昼時、しかも連休中とあって道の駅も大勢の観光客で賑わっています。当初はここで食事していこうかと思ってましたが、混雑に嫌気がさして、ミックスソフトだけにします。びわとすだちのミックスソフト。なるほど、淡路と鳴門の橋渡しというわけですな。

道の駅を出て、淡路島南ICまで登りがありますが、山岳らしい箇所はここまで。阿那賀からは再び海岸線のフラットな道に戻ります。この辺りは、交通量も少なく、淡路島一周の中でももっともリラックスして走れる区間。トリップが100キロを越えて、だいぶん疲労も溜まってきましたが、幸い風向きは午後になって比較的強い南風。風に押されてペースも上がります。

e0080315_2113402.jpg阿那賀の先でみつけた妙な形の巻貝の像。
遠目にはサザエの肝が飛び出してるのかと思った^^;
説明を読むと、南淡地区では、こんな巻きの解けた奇妙な形のアンモナイトの化石が発掘されるのだそうです。C型とかS型とかあるらしい。

e0080315_2193566.jpgおぉ、こんなところにトラクション・アバンが。五色町の路地に入ったら偶然にも遭遇しました。とても美しいコンディションです。
その名の通りの前輪駆動とモノコックボディの組合せで、(床下にフレームやプロペラシャフトが無いので)、現在の車と較べても遜色ないほどの低重心を実現しているのが見てとれますね。


e0080315_2184989.jpg五色町で風力発電の風車を発見しました。袂までいってみよう。

風車をバックに記念写真。脱化石燃料という点が、風力発電と自転車の共通項か?

下まで行くと、飛行機でも飛んで来たかと思うような唸り音が響いています。しかし、空を見回しても機影は見えないし・・・。

ゆっくり回っているようにみえる風車だけど、スペックから計算した翼端の速度は73m/s(260km/h)。旅客機の着陸速度くらいにはなる、どおりで空気の唸りがするわけだ。遠くから眺めるのとはまた違う迫力ですね。

そんなこんなで道草も食いつつ、西の海岸線を北上。かなり脚もぐったりきているけど、何とか壊滅的ダメージを受けることなく、持ちこたえてくれています。やがて、海の向こうに明石の街並がみえるようになればゴールの岩屋港はもうすぐ。

なんとか無事に朝出発した岩屋に戻ってこれた。淡路島一周158キロ。(自宅-フェリーの移動区間を含めて今日一日180キロ)
あー疲れたー!

さて、岩屋でフェリー待ちの二輪車の列に並び、ふと前方をみると、一瞬MR-4かな?と思わせる自転車が並んでいたので様子を伺いに行ってみると、偶然にもGaapにお乗りのbuchiさんがいらっしゃいました。はじめましてー。今日も定番の城の瀬山へと移動無線にいらしてた帰りだそうで、たこフェリーから浜の散歩道の途中までお供させて頂きました。

GoogleMapsによる走行記録:http://pws.prserv.net/mazoka/tmp/060504.htm

【本日の走行】 走行距離:158.04km、平均速度:24.3km/h、最高速度:64.4km/h (島内のみ)
[PR]
by Mazoka3 | 2006-05-04 21:07 | サイクリング | Comments(4)
Commented by どり at 2006-05-04 22:51 x
すごいもんですねえ
しかも偶然トラクシオン・アヴァンとは!

しかしオトーサン、毎日ひとりで遊んでて大丈夫なん?(^^;
Commented by 慎@自宅 at 2006-05-04 22:58 x
来週末なら倉敷にいますので土曜日の夕食でもご一緒に(゜゜\バキ☆
雑魚寝でよいならお泊りでもOKです(^^)
Commented by ひらまつ at 2006-05-04 23:20 x
158kmをAve24km/hオーバーとは!!
やっぱり9速にはかないまへんわ(^^;;

でも淡路島は一度回ってみたいです。そん時はゆっくりでお願いしまーす。
Commented by Mazoka3 at 2006-05-05 09:40
>どりさん
#さすがに今日は家に居ようかと・・・^^ゞ

かなり綺麗な車でしたよ<トラクシオン・アヴァン
このクラスになると生息分布図くらいありそうだしー、その筋では知られた個体なんでしょうかねぇー?

>慎さん
あぁーいいですねー>夕食でも御一緒にツアー(笑
しかし、お泊りOKてことは、帰りも自走しろと・・?^^;

>ひらまつさん
いいペースでしたが、ひとえに風のおかげですよー^^
本格的なロードはもっと速いペースで回ってるみたいでしたしー。
一方で、荷物満載のランドナーとか、一般車で回っている学生とか、トライアスロン中?の集団に囲まれたりとか、いろんな自転車乗りがいましたね。

また、機会みて自転車部でも淡路島ツアー企画しましょうか^^
<< 自転車:脚休め 自転車:三田・千丈寺湖まで >>