ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:28
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(230)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


くるま:BDF試乗
オーバーヒートミーティングではムルティプラの他にも、オーナーズクラブなどで参加されているグループがいろいろありました。たまたまムルティプラの駐車スペースの近くにいらしたのが、欧州のディーゼル車愛好家(?)の方々。307HDiやC4、GOLF、POLOなどのディーゼル仕様車が並んでいます。

中でもこちらの2台は、BDF(Bio Diesel Fuel)を使用しているのが特徴の様子。BDFというのは、廃食用油などを元にして作られる燃料で、軽油の代替燃料になるようです。こちらにいらしたのは、BDF生産装置の製造販売を手がける新燃料研究所の方で、そこで作られたBDFを使用されていました。
e0080315_1435619.jpg

BDFを入れたVW GOLFとPOLO。ナンバーも"バイオ"(810)^^;


いろいろとお話を伺ううちに、BDFを使っているGOLFの方を運転してみませんか、ということになったのでお言葉に甘えて周辺道路を試乗させていただきました。お話では通常の軽油に比較してよりパワフルにより静かになっているそうです。(もちろんBDFにもいろいろあって、原料や製法によってピンキリのようですが) 排気ガスを嗅いでも、なんだか甘い匂いがして不快感がありません。実際運転させていただくと、確かに低回転から非常にトルクがあって、ガソリン車とはまた違ったフィールで、上り坂でもぐいぐい加速していく感じでした。ただ、通常の軽油を入れたときのGOLFディーゼルを知らないので、ちゃんとした比較のしようはないのですが・・。 少なくとも登り坂でムルティプラより速い印象でした^^;



さらにBDFといえば、タイムリーにこんなニュースもありました。

<片山右京さん>てんぷら油でパリダカに挑む

原料の食廃油などを集めて、燃料を作るんですね。レースの勝敗だけでなく、こういうチャレンジは面白いですね。

一方で、サーキットの方ではBOSCHが最新のディーゼル車のサーキット同乗試乗をやっていたり、、
e0080315_2154290.jpg


会場の一角でホンダアコードの欧州向けディーゼル仕様車が展示されていたり、、
e0080315_2165071.jpg


国内では完全に隅っこに追いやられている感のあるディーゼルですが、最近の技術面の発展は目覚しいものがあるようなので、チャンスがあれば最新のディーゼル車を一度所有してみたいですね。ムルティプラにも本国仕様には1.9JTDというディーゼルモデルがあって、燃費も加速もガソリンより優れているらしいですから、日本にも正規輸入されていれば、今頃はディーゼルに乗っているかもしれないのに。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-07-22 02:45 | くるま | Comments(4)
Commented by P307HDi at 2006-07-22 19:56 x
ディーゼル車愛好家のうちの1名です。
しかし当日はすごい天気でしたね。
植物由来原料は欧州では既に一般的で、普通にスタンドで5%のRME(菜種油メチルエステル)混合軽油が給油できる国もあります。

ここからは個人的意見

今後は、植物由来成分(所謂バイオディーゼルやエタノール)混合燃料等の供給は行政と業界(自動車、石油)が率先して規格を作り、実行すべきものと考えています。最新ディーゼル車、特にこれから登場するようなものは、高度な後処理装置を搭載していて、RME等を使用した場合の排ガス挙動についてはまだあまり研究がおこなわれていません(交通安全環境研究所が少し論文を出していますが)。また、中和や燃料の洗浄が不十分だと、ちょっとヤバイ成分が燃料に混入する恐れがあり、これは触媒に致命的なダメージを与えます。もちろんきっちりとした燃料を作っておられる人が多いと思いますが、中には不心得な人も出てくるということです。ですから、行政・業界が、腐敗や冬季の凝固や排ガスへの影響まで考慮して現在の軽油・ガソリン並の品質管理で供給することが必要なのです。
Commented by Mazoka3 at 2006-07-23 13:59
P307HDiさん、はじめまして。
307HDiといい、C4HDiといい、日本ではまず見ない希少なディーゼルモデルが並んでいたので、遠くからスゴイなぁ~と思いながら眺めておりました^^;

バイオディーゼル燃料については、私自身今回拝見したのと、右京氏のパリダカチャレンジニュースとで、初めて知ったに等しいものなので、詳しいことは全く判りませんが、いずれにしてもバイオディーゼルだから一概に優れているわけではないということですね。直感的にも、夢のような万能の燃料など無いというのは理解できます。
行政や業界が燃料の規格作りや供給を指導すべきというのも、その通りですね。もっとも、それ以前にディーゼルの正当な評価がなされるようにして欲しいと思いますが。
Commented by パク チャンス at 2006-11-13 20:53 x
http://diary.jp.aol.com/j2djkxrf/1179.html

記事を引用させていただきました。

新燃料研究所 パク チャンス
Commented by Mazoka3 at 2006-11-14 21:29
パクさま、来訪ありがとうございます^^
その節は、試乗させて頂き、お世話になりました。

先日も某所でBDF(というか、アルコール燃料)の講演を聴く機会があり、認識を新たにしたところです。
<< 向日葵畑へ Tipoオーバーヒートミーティ... >>