ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


自転車:紫雲出山
お屠蘇とお雑煮の後は、新春早々お出かけです(笑)

今日の目的地は、荘内半島を一周です。荘内半島は香川県の左上に角のように飛び出した半島で、浦島太郎伝説にまつわる地名や遺跡が残る地域です。

今日はGPSログから、ALPSLAB routeにルート投稿してみました。

ALPSLAB routeによる走行記録:庄内半島・紫雲出山

ブラウザからプチプチと手軽にルート作成できるのが特徴のALPSLAB routeですが、GPSのトラックデータをコピー&ペーストするだけでも登録できるのがいいですね。生ログなので、多少道から外れたりするところがあれですが、それもご愛嬌ということで・・^^;
一方で、緯度・経度、高度の他に時刻情報も含まれているので、ダウンロードして分析すれば移動時間や平均速度を知ることもできるのが、自作ルートとの違いです・・・って、誰もしないか、そんな分析(^_^;

【本日の走行】 走行距離:75.12km、平均速度:19.9km/h、最高速度:56.4km/h



ウチを出てまずは西へ。鳥坂を越え、高瀬を経由して吉津峠を越えて仁尾町へ、瀬戸内海を臨む海岸線へと出ます。

今冬は暖かくて、少し走っただけで汗だくになるほどです。それにしても、正月にこの気温はちょっと異常やなぁ・・・。自転車に乗るには過ごしやすい気候だけど、地球の温暖化が叫ばれる昨今だけに、逆に不安にさえなってきます。

仁尾の市街を抜けて、埋立地を徘徊していると、唐突にスフィンクス発見!? いったい何なんだか・・(^_^;;
e0080315_1671058.jpg

ここはかつて、オイルショック後の代替エネルギー開発を目的として、サンシャイン計画の一環で太陽熱発電の試験プラントが置かれていた跡地でありますが・・。今は見る影もなくあまり利用されているとはいい難い埋立地が広がるのみです。オイルショックの頃には、後30年で石油が枯渇するといわれていたのに、あれから30年経った今も石油に依存する体質は何も変わっていない気がしますなぁ・・

などと、遠い目モードでスフィンクスを眺めつつ、仁尾の町を後にします。

ここからは海岸線に沿って半島を巡っていきますが、大きなピークこそないものの、起伏を越えながらカーブが連続する道で思いの他消耗してしまいます。小さな岬を越える度に漁村が現れる、そんな海岸線の道が続いていきます。

詫間町に入ってしばらく行くと見えてきた小島は丸山島。浦島太郎が亀を助けたといわれる場所なのだそうで、浦島神社が祀られています。
e0080315_1654718.jpg

さらに進んでいくと、紫雲出山(しうんでやま)への登山道に着きます。ここは荘内半島の最高峰で、浦島太郎が開けた玉手箱の煙に由来するという山です。

西側の登山道をヒルクライム開始。海から切り立った斜面を登っていくので、常に眼下に瀬戸内海が見渡せるコースです、、が、登っている最中はそんな景色を楽しむ余裕もなく、えっちらおっちら頂上を目指します・・。
e0080315_17102394.jpg

紫雲出山の標高は352mありますが登り口が海からちょっと上がったところにあり、山上のゴール地点となる駐車場も頂からは少し低いところにあるので、正味の標高差は250m程度。これを3.6kmかけて登るので、標高的にも平均勾配でも大したことはないはずですが、実際登ってみると数字以上に堪える感じがします。そこに来るまでの微妙な起伏が効いているのかもしれません。。

山頂の展望台は、三方を海に囲まれたパノラマが楽しめます。もっとも、今日は曇りがちのお天気で、視界がイマイチでしたけども・・。
e0080315_17245858.jpg

山頂で一休みした後は、登ってきた道を一気に下ります。寒さに凍えながらダウンヒルを終えたところに、ちょうどいいタイミングでトイレ・・が、あるのは有難いんですが・・・、龍宮城って公衆便所だったのね(^_^;
e0080315_17355548.jpg

無事?トイレも済ませて、さらに半島の先へと向かって走りますが、生里、箱、仁老浜、、など所縁のありそうな地名が現れて興味を惹かれます。せっかくここまで走ってきたので、荘内半島の先端に見えていた三崎灯台まで行ってみたいところでしたが、どうやら、遊歩道があるだけで、自転車で行くのは無理そうな雰囲気。といって、もう歩く元気も残ってないし、残念ながら岬まで行くのは断念して、引き返しました。

復路は半島の東岸を通って、そのまま海岸線伝いに帰宅。今日のルートは、ウチから遠くないわりには、なかなかの好コースだったので、別の季節にまた走ってみたいですねぇ。
[PR]
by Mazoka3 | 2007-01-01 23:59 | サイクリング | Comments(2)
Commented by かつ at 2007-01-07 18:04 x
いいところを走ってますね。天気も良く、良い走り初めでしたね。
Commented by Mazoka3 at 2007-01-09 07:22
家族からは、元旦からひとりでどこ行ったん?みたいな扱いでしたが^^;
帰省時の定番コースになりそうです^^
<< Multipla:やっと300... 自転車:走り納め >>