ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
遅ればせながらおつかれさ..
by Nobu at 21:44
べりさん、腹ポさん 土..
by Mazoka3 at 07:29
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


自転車:水仙郷ツアー淡路島プチ1周(1/2)
さて、淡路島プチ1周レポートです。
去年のGWに淡路島一周してから、また近いうちに走ろうと思いつつ、なかなか来れないものですね。
ちょうど今の時期は水仙の綺麗なシーズンですので、水仙郷見物を兼ねてツーリングということでやっと淡路島上陸です。一人で行くのも申し訳ありませんから、お仲間募集したところ、ひらまつさん・玲蔵子さん夫妻、ゆう部長慎さんかつさんに参加いただき、総勢6名での苦行?となりました。

ALPSLAB routeによるルートマップ:淡路島プチ一周(133km)

関連記事:
初!淡路島,だいたい一周 by ひらまつさん
淡路島反時計回り一周ポタ by かつさん
淡路島ポタ by 慎さん

【本日の走行】 走行距離:136.91km、平均速度:20.9km/h、最高速度:60.8km/h
e0080315_12104670.jpg




朝6時起床、ぼちぼちと身支度を整えて出発の準備をします。表をみると宵のうちに降った雨で地面が湿ってますが、天気予報をみる限りは今日の天気は大丈夫そう。

今日の集合場所のフェリー乗場までは、家から10キロ足らずだけど、早朝は冷えるので横着して近くまで車で行くことにします(^^; ムルのシートを外して自転車を放り込んでいたら、家の前に赤いクルマが・・。倉敷から来たひらまつさん夫妻が、ちょっと早く着きそうだったということで、うちに立ち寄って下さいました。そんなわけで、車2台で家を出発します。早朝の2号線を明石港へと向かっていると、道路をななめに横切る黒い自転車の影が・・・! もしやと思って近づくと、西明石まで輪行してきたゆう部長でした。クラクションを鳴らして(警笛を挨拶に使っちゃいけません・・)追い越します。

e0080315_12112143.jpg車をガラガラの大蔵海岸の駐車場に停めて、出発準備。海岸から明石海峡大橋の眺めを楽しみながら、フェリー乗場へと向かいますが、気がつけばフェリー出発時刻の5分前! ちょっと余裕をかましすぎたようです。

料金所のおじさんに、さっきも自転車の団体さんが行ったでー、と言われながら甲板に滑り込んでみると、団体さんとは先に到着していた3名でした^_^; 甲板の片隅に自転車を縛り付けてもらって、デッキへ上がるとすでにかつさん、慎さん、ゆう部長がお待ちかね。どうも遅くなってスイマセン。20分ほど船に揺られてると、岩屋港に到着、いよいよ淡路島上陸です。

e0080315_12113850.jpg岩屋港を出て、今日は反時計回りに一周します。淡路島一周というと、海側を走れる時計回りがお奨めですが、帰りの北風を嫌ってのコース選択です。

まずは、目と鼻の先にある 道の駅あわじ へ。朝の8時過ぎとあって、店舗はまだ閉まったままで閑散としてます。明石海峡大橋を真下から眺めて、いつもは対岸の舞子から見慣れている橋ではありますが、改めて巨大構造物の迫力を実感します。

e0080315_12123465.jpg近くのファミマで軽く補給を取って走り出します。とりあえず、最初くらいは、と思って先頭に出ますが、松帆の浦を回って西岸に出ると、いきなりの向い風です。海岸の道は遮るものが何も無いので海から吹いてくる西風をモロに被ります。

ともかくも、黙々と風に向って漕いでいきますが、そろそろ誰か先頭代わってくれないかなーと思って振り返ると、誰もいません・・^^; 気がつけばひとり逃げ状態だったようです。反省してペースを落として後続を待って、慎さん、かつさん、ゆう部長の集団に吸収されますが、ひらまつさん・玲蔵子さんコンビはさらに遅れているようなので、最後尾まで下がってこの後は追い上げ役に回ることにしました。

e0080315_12121967.jpg1時間ほど走って室津付近のファミマで休憩している先行3名に追いつきます。がリスタートすると、先行グループは視界からだんだん遠ざかって見えなくなり、またひらまつ夫婦の風除けになったり、最後尾でサボったりしながら進みます。そんな調子で走っていると、見通しのいい海岸線の道の向こうから、遠くからでも目立つ黄色いジャケットの自転車が近づいてきたかと思うと、慎さんでした。膝の調子が悪いので、今日はここで引き返すそうです。先行する2名の様子などを伺ってから、帰路につく慎さんを見送ります。お疲れさまでした。

e0080315_12125237.jpgさて、先に行った2人にはとても追いつきそうもありませんし、無理してもしょうがないので、五色町で風力発電の風車見物に道草を食っていきますか(゚-゜)\バキ

e0080315_12131690.jpgここを含めて、淡路島には結構な数の風力発電設備があって一周すると何基もの風車を目にします。それだけ風が強いってことですかねー。風車をみかけると近くまで行きたくなるものの、どれも高台の上にあって近づき難いのですが、ここは海際の埋立地にあってアクセスが楽なのがミソですね。直下まで行って、巨大な風車を見上げることができます。でかいだけあって、遠くから見るとゆっくり周っているようにみえる風車も、近くでみるとかなりなスピードです。

設備の脇には、スペアのブレードが置いてありました。羽根モノをみるとつい、翼型はどんなんやろう?とか考えてしまうのは悲しい性ですが・・。
それにしても、大きいから置場に困るとはいえ、雨ざらしにしておいて大丈夫なのかな?^^;

サクっと風車見物の後は、近くのファミマで補給&トイレ休憩。先に行った2人が待っていないかと思いましたが、まだまだ先まで行ってるようです。五色町を出て、ちょっとした丘を越えてまたしばらく走ります。

e0080315_12134170.jpg慶野松原のファミマでやっと先行していたゆう部長とかつさんに追いつきました。こちらが道草を食ったり休憩したりで遅れて、だいぶお待ちかねだったようです。

慶野松原を出た後は、湊交差点を左折して川沿いに内陸へと入っていきます。ここからは風向きも追い風となって、ずいぶん楽になりました。ここから次の休憩ポイントまでは、なんとなく私が先導することにしますが、逆に今日のコースの中でこの区間だけが今までに走ったことのない道なので、手探りで進んでいきます。事前に地図でチェックしたときにも、カシミールで使っている古い地図だったものだから、新しいバイパスが載ってなかったみたいで、走っていても半信半疑なのでした。

もっとも、今日のメンバーはみーんなGPS装備したガー民なのだから、(5台中4台がGPS装着車^^;) あらかじめルートマップを入れておけば、ばっちりナビゲーションできそうなものですけど・・ねぇ・・(^_^;

それでも、ひらまつさんのeTrex VentureCx には、マップとコンビニ座標が入っていて、超強力なツーリングガイドとなりました。やっぱ、重たいだけのことはある!(゚-゜)\バキ

ひらまつさんのガイドを受けつつ、なんとか次のファミマ(またかよ・・・)に到着。ちょうど時間も時間なので、お昼がてらの補給を取っていきます。みなさん、がっつり御飯ものをお召し上がりでしたが、私は軽くロールサンドと苺大福で済ませました。

ここまで約60km弱、やっと半分足らずまで来たというところです。今日の目的地黒岩水仙郷まであと少しですが、その前にひとつ目の峠を越えなければいけません。ファミマを出て、一旦南へ下りますが、集落へさしかかるとなにやらすごい渋滞の車列。どうやら水仙郷見物の車で混みあっているようです。一車線の道に観光バスが突っ込んでえらいことになってました。そんな渋滞を尻目にバスの脇をすり抜けて行きます。

e0080315_1214289.jpg渋滞を抜けると、いよいよ登り。といっても、こちら周りだと斜度も緩めで、ギヤを残す感じですので、ペースを上げて頂上まで先行してから、みんなが通過するところを写真に収めます。まず単独でかつさんが山頂通過、つづいてひらまつさん、玲蔵子さん、ゆうさんの3台が揃ってクリアして行きました。全員を見送ってから後を追いかけますが、下りでゆう部長に合流して、再び海岸線に出て水仙郷を目指します。かつさんはずーっと先に行ってしまったのか、全然見えませんね。


というところで長くなってきたので、、
後編へと続く
[PR]
by Mazoka3 | 2007-01-28 23:51 | サイクリング | Comments(0)
<< 自転車:水仙郷ツアー淡路島プチ... 自転車:無事完走 >>