ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:28
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(230)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


自転車:激走!分水嶺センチュリーラン-その1
いろいろありましたが・・・
なんとかかんとか、完走・・・
みんな速過ぎやっちゅうねん(^_^;
そのまま行倒れるか思いましたわ

最後は宮津の濃いぃ宿で至福のひと時・・
e0080315_1947087.jpg

【本日の走行】 走行距離:187.57km、平均速度:24.2km/h、最高速度:43.5km/h

リンク:
分水嶺ツアー計画
分水嶺練習会(前編) by かつさん
分水嶺ツアー その1 by ひらまつさん



本日はかねてより計画していた"日本一低い中央分水嶺を越えて日本海をみに行こうツーリング"です。
(そんな長い名前やったんか?)

6時起床で出発の準備をしつつ、Yahoo天気予報をチェック。心配された雨も、途中で通り雨程度には遭うかもしれませんが、まずまず心配ない模様。今回のメンバーにはどうやら強力な晴れ男がいるようですね。

出発前になって、GPSマウントを取付けたり、空気入れたりしていたら、家を出たのは7時過ぎ。集合場所の加古川駅まで15キロ程を無駄に体力を消耗しないように、ポタリングペースで走ります。結局加古川駅に着いたのは8時ぎりぎり(^_^;
皆さんすでにお集まりです。

ご近所のかつさん、同じMR-4乗りのすえぞーさん、そして当ブログの分水嶺ツアー計画をみて参加してくれたすーさん、駅構内で場違い感を周囲に放ちつつ、自転車を囲んで談笑しているうちに、岡山組のひらまつさん、ゆうさんも輪行袋を担いで到着。

e0080315_2244981.jpg8:30加古川駅を出発です。
ますは地元かつさんの先導でR2を加古川右岸に渡って、河川敷のサイクリングロードを南下。加古川河口の高砂海浜公園へと向かいます。そう、今回のツアーの趣旨は瀬戸内海を出発して日本海まで行こうというものですからね、、きっちり瀬戸内を望む河口がスタート地点です。

さくっと証拠写真を撮っていよいよ北上開始。再び加古川右岸のジョギングコースを南風にのって快調に流します。順調に上荘橋まで来たら橋を左岸へと渡ります。

e0080315_2254335.jpg上荘橋からしばらく県道を走りますが、ここは今回のコース中で一番気を遣うところ。交通量もそこそこある上に、路肩が全然無くてしかも土手なので、大型車に抜かれるときなどはヒヤリとすることもあります。峠越えでよければもうちょっと別の裏道もあるのですがねぇ^^;

そんなわけで車に負けないようにと、ここは先頭を引くかつさんがペースアップ。続く私もぴったりと着いていきます。今思えば、このあたりのペース作りから歯車が狂い始めたのかも・・^_^;

美蓑川渡った先のローソンで休憩後、しばらく県道を我慢して走り、大住橋で右岸に渡り、粟生からいつもの田舎の一本道ルートへと入ります。この辺りは地元組のホームコース、普段から走り慣れた道です。っていうか、先週も走りました(^_^;

e0080315_226469.jpg信号もほとんど無いので、スルスルと進んで、これまたいつもの闘竜灘で休憩。

天気も崩れるどころか、むしろ暑いほどなので、レッグウォーマーを脱いでショーツのみで丁度いいくらいです。闘竜灘から再び北上、一旦県道に出て、野村大橋で再び左岸に渡って、とことんR175を避けつつ、比延からへそ公園の裏をかすめて行きますが、不本意ながらこの辺りは若干アップダウンがありますねぇー(^_^;

なおも左岸をずんずん進んで行きますが、だんだんとペースも上がっていませんか?(^^; ちょっと油断して写真を撮っていたりすると、あっという間に置いていかれて、リカバーするのが大変です。しばらく林間の道が続いた後、船町橋で右岸に戻りR175に合流。

e0080315_22103845.jpgこの辺りまではだいたい知っている道でナビ無しでも大丈夫だったのですが、ここから先は私自身初めて走る道。だんだん道案内も怪しくなってきます。GPSのナビゲーションを頼りに行きますが、曲り角を通り過ぎてから引き返すことも度々。それでも、あらかじめルートデータを配布した甲斐あってか、お互いのGPSでクロスチェックしながら進めるので安心感はありますね、ずっと先頭で案内しなくても済むしー

ああ、でも一箇所ルートに選んだ土手の道が実際には未舗装で通れそうも無いところがありましたね(^_^; ま、そこんところは臨機応変に別の田圃道を適当に突っ切って行きます。

田園地帯の中にYouMeタウンが現れたかと思ったら、そこが氷上町でした。もう中間地点の分水嶺も間近。ちょうど12時近いので、そこにあったCoCo壱でお手軽に昼御飯をとることにしました。
ここまで予想を上回るペースに、十分明るいうちに宮津に着けそうだなー、などと皆で話しつつ、なすカレー+卵+ドリンクを補給。くつろぎついでにブログまで更新しちゃいます(^_^;

"早く着きすぎたら、まだ富田屋開いてへんのちゃう?"

なーんて声も聞こえましたが、まさに捕らぬ狸の皮算用とはこのことや!
知らぬが仏!一瞬先は闇! の諺がいちいち当てはまるツアー一行様でありました(爆)

CoCo壱で腹を満たし、いよいよ本日の佳境、日本一低い中央分水嶺へと乗りこみます。

e0080315_22112175.jpgR175(トンネルを迂回する旧道の方)を石生駅方面へ進んでいくと、R176と交わる水別れ交差点。すぐ横にはやがて加古川へと流れこむ小川:高谷川が流れています。交差点の角が公園風に整備されており、立ち止まっていきます。

分水嶺の説明とともに、こんなオブジェもあって雰囲気も盛り上がります(^_^;

あのぉ~、有難そうに触っても御利益はないと思いますよ・・(^_^;;

オブジェの足元をみると、東経135度、標高101mの表示が・・・
しまった、不覚にも100m越えちゃったか・・(^_^;

e0080315_22145696.jpg実は、最も低い標高で分水嶺を越えるには、水別れ交差点まで行くと駄目で、手前の石生交差点辺りを北へ左折すべきなのです。まぁ、せっかくなので分水嶺を尾根伝いに高谷川を遡って、水別れ公園へと行ってみます。


分水嶺ツアーはまだまだ続く・・

その2へつづく
[PR]
by Mazoka3 | 2007-04-21 23:56 | サイクリング | Comments(2)
Commented by すー at 2007-04-22 20:26 x
皆さん、お疲れ様でした。

わたし的に今回のツーリングの秘密キーワードは、
「101高地・ナイトガンダム・上海大丸・秘密工場」
でした。よろしいか?
Commented by Mazoka3 at 2007-04-23 12:21
ああ、高地に上がりすぎたのが原因ですかねえ~
ほら、気圧が下がるから・・・(違うって
<< 自転車:激走!分水嶺センチュリ... 本日のなすカレー >>