ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん お疲れさ..
by Mazoka3 at 09:00
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:16
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:28
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


自転車:京柱峠ツアー(後編)
これまでのあらすじ

やっと京柱峠に着きましたよ~ ってことで、4人揃って記念写真\(^o^)/
e0080315_0183842.jpg
画像提供:坂バカさん

国境の峠らしく、ご覧のような道標が出迎えてくれます。
土佐の国 ようこそ大豊町へ
・・ってことは阿波から登ってきた人に向けたメッセージか(^^;



峠からはすばらしい展望が広がります。幾重にも折り重なった山々。
谷間に今通ってきた道や集落が見え隠れしています。あんなに向こうから上ってきたんだなぁ・・
e0080315_0172672.jpg
対する祖谷側の展望もなかなかのものです。ちょっと雲がかかってますが、剣山方面が一望できます。
e0080315_01829.jpg
峠の茶屋も営業中。大好評しし肉うどんの看板に惹かれますが、ちと高いのでパス(^^;
e0080315_0182377.jpg
峠を堪能した後は、祖谷側へと下ります。今日は京柱峠さえ越えれば後半はずっと一本調子に下るだけになるので、気分的にはもう完走したも同然です(^^;
木立の間を気持ちよく抜けていきます。
e0080315_0185913.jpg
しかし祖谷側の道は全般に荒れていて、一部舗装が割れたりしているところもあって、慎重に走っていく必要がありました。

やがて集落が見えてくるころには、道もよくなりました。
ひなびたガソリンスタンドで補給。
e0080315_0192234.jpg
祖谷川沿いまで下りてきたところで、R439から別れて県道32号へと入ります。ここから先はお盆に走った道でもあります。

県道に入ってちょっと行くと龍宮トンネルが現れますが、ここは坂バカさんの先導でトンネルを避けて旧道を走ります。すると旧道の先には祖谷川にかかる吊り橋がありました。先日一人で来たときはトンネルを抜けて全く気づかなかったポイントです。
せっかくなので、かずら橋へ行く前に、こちらの吊り橋を渡っておきますか。自転車でも渡れるんちゃうか?って感じでしたが・・(^^;
e0080315_1431151.jpg
それからちょっと走って、お次は有名な祖谷のかずら橋へ。ここもせっかくなので渡っていきます。ツア後半はすっかり観光気分です(^^;

でも・・・
ビンディングシューズで来るところじゃなさそうですね(笑
e0080315_019531.jpg
かずら橋の上で自分撮り。うーん、カツさんのようには上手く撮れないや(^^;
e0080315_0202581.jpg
ちょうどお昼時でしたので、橋の袂のお食事処でお昼ご飯にします。
祖谷そばと鮎の塩焼き。やっぱり観光客ですね(^^;
e0080315_0204576.jpg
さて再出発。かずら橋を過ぎ、西祖谷からは祖谷渓に沿って1車線の細いワインディングが続きます。しばらくの間上り返しがあって、緩みきった脚に何気に堪えます。
ピークを過ぎたところで、カーブの先には断崖絶壁に立つ小便小僧が。確かに、こんな舳先に立ったらちびってしまいそうです(゚-゜)\バキ
e0080315_021125.jpg
その後もしばらく下り基調のワインディングが続き、再び阿波池田へと戻ってきました。
e0080315_0211420.jpg
クルマ組3名はここでゴールですが、坂バカさんはこの先さらに東山峠を越えて琴平方面へと走られるそうです。いやはや。今日の京柱峠が四国初心者向けと仰るのが判るような気がしました(^^;
でも、今日のコースはホントにいいコースでしたので、また改めて走ってみたいですね。
[PR]
by Mazoka3 | 2007-09-23 23:59 | サイクリング | Comments(6)
Commented by すえぞー at 2007-09-27 09:17 x
激坂無しで1000メートルも登れるなんて…。
これで交通費が安けりゃ最高だわ。でも往復弐萬圓だと一人じゃもったいないなあ。
Commented by Mazoka3 at 2007-09-27 12:00
すえぞーさん
みんなで相乗りしていけばリーズナブルに(^o^)
おそらく、川西方面からもムルが一台出動することでしょう・・・(゚-゜)\バキ
Commented by ひらまつ at 2007-09-27 22:03 x
ゆるい勾配で高い標高というのはないなー。そもそも四国は1000m級ルートが結構あるんですね。

この週末はちっと坂的には物足りないと思いますが(^^;

Commented by Mazoka3 at 2007-09-28 11:10
確かに1000m超の峠となると、中国山系にはありそうで意外とないですね。坂バカさんも兵庫県内の峠では短くて物足りないので、四国方面へよく足を伸ばすのだと仰られてました(^^;

>この週末はちっと坂的には物足りないと思いますが(^^;

出雲路の方は、標高こそしれてますが、完全に平坦というわけではなく、細かい起伏のあるコースなので、じわじわと脚に堪えるのではないかと想像します。一気に上るヒルクライムよりもワタシはむしろ苦手かも・・(^^;
Commented by takotako25 at 2007-09-29 14:50 x
>川西方面からもムルが一台出動
後ろのシートを2つ外せば、Max4人までOKかな? (^o^)

それなりにハードな山岳地帯となると中央構造線沿いが多いです。信州、紀伊半島、四国、九州といったところで、紀伊半島も走り応えがありますが、四国に比べるとアクセスがイマイチですね。
信州の方には何度か行ってますが、四国には1回しか行ったことがないので次の攻めどころは四国か!?
#九州も魅力的だが、チト遠い…
Commented by Mazoka3 at 2007-10-01 11:05
takotako25さん
>>後ろのシートを2つ外せば、Max4人までOKかな? (^o^)
琵琶湖の帰りがそれでした^^。4人+自転車4台・・<但し1台はMR4なので実質3台ですけど・・(^^;

>>ハードな山岳地帯となると中央構造線沿いが多いです
なるほど、中央構造線というのがキーなんですね。以前から紀伊半島方面へ走りに行きたいと思っておるのですが、なかなか機会が無く実現できておりません。高野山・竜神・十津川あたり良さそうなんですけどねぇ・・(^^;
<< 自転車:慣熟ポタ 自転車:京柱峠ツアー(前編) >>