ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


Gekoの憂鬱
わたしゃお酒飲めなくって(>_<)ヒー ・・・ってそりは下戸の憂鬱やろ(゜-゜)\バキ


e0080315_23235725.jpg現在使用中のハンディGPS Garmin Geko201

購入して早5年。サイクリングのお供として活躍してきたのだが、最近少し物足りなさを感じるようになった。

よく言われるように、地図がないからとか、電池が持ちが悪いとか、そういう不満ではない。それは使い方次第であって、私の用途の場合、地図が出ないからといって不便だと感じることはあまりない。

そんなことよりも最近は、というか以前から、サーキットやヒルクライムの走行データ分析を行う過程で、Gekoの分解能の悪さが気になるのだ。

こちらに指摘されているとおり、Gekoのトラックログの分解能は0.08秒、南北方向の距離にして2.47mである。NMEA出力で生データをみれば0.0001分(約0.185m)の桁数があるらしいのだが、トラックログに保存するときにデータが粗くなってしまうようなのである。恐らくは、限られたメモリでトラックログの記録点数を増やそうとした結果であろう。もっとも、Gekoの位置の計測精度は約15m、WAASを使っても数m程度の精度であるので、2.47mの分解能があれば一見問題がないように見える。実際、地点の記録としては実用上大きな問題はないのであるが、走行データを分析するために位置座標から速度を求めようとすると、状況は一変する。

一秒毎に記録した座標値の変化量から速度を求める場合に、位置座標の分解能が2.47mということは、速度の分解能も2.47m/s以下には小さくならないのである。2.47m/s = 8.9km/hもあり、これではいかにも大きすぎる。要するに、GPSログをいくら分析しても非常にアバウトな速度しか判らないのである。

実際にGekoで一秒毎に記録したトラックログから速度を計算してグラフにするとこんな風になる。
e0080315_23313286.gif
ご覧のとおりグラフはガタガタで、得られる速度は離散的な値である。もちろん実際の速度が秒毎に激しく変動しているわけではない。これでは速度変化のグラフとしては使い物にならないので、それらしいグラフにするには10秒毎の平均値を求めるなど、データを平滑化してやる必要があり、去年の天満屋耐久レースのログを分析したグラフでもそのような処理を行っているのだが、そうすると当然、時間的に細かい速度変動はフィルターがかかって捉えられなくなってしまい、例えば瞬間的な最高速度は判らないという不満が残る。

一方でGekoの画面に表示されている速度は結構正確で、スペック上0.05m/sの精度がある。こちらの表示速度は多分ドップラー効果を使って求めているのだろうから、位置分解能の問題とは原理的に別物で、それなりの精度が期待できるのだが、残念ながらGarminのGPSでは速度情報はログに残らないので、あとから記録として利用することができない。

というわけで、一般的な使用ではまず気にならないであろうGeko201の不満点をつらつらと書いてみた(^^; が、全体的にみて、Geko201は軽量コンパクトで使いやすく、もう少し受信感度が高くなってロストからの復帰が早くなってくれればと思う点はあるものの、普段のサイクリングの軌跡記録に使用するには十分満足できていることは申し添えておきたい。

ただレースの走行ログをExcelに取り込んでゴニョゴニョ遊び始めると多少不満も出てくるよというわけで・・・(^^ゞ
いろいろ情報収集していくと、最近は高感度チップを採用して上述した問題も解決できそうな製品も安価に手に入るようなので、今度の天満屋サイクル耐久には新機材を導入予定である(^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2008-10-09 00:18 | GPS | Comments(9)
Commented by ひらまつ at 2008-10-09 07:44 x
ツラツラと言い訳オツです(>_<)\BAKI
ここにきて急に円高にもなってきましたからちょうどいい機会かと。
新兵器がやってきたらモチベーションも上がろうというもので、最速ラップは取られそうですなぁ(^^)。
Commented by Mazoka3 at 2008-10-09 08:06
言い訳は後付けでいくらでもできますからねー(^^;
ま、要は単に新しい玩具が欲しかったというだけで・・・(゚-゜)\バキ

ところで、ひらまつさんお使いのVentureCxでは同じような問題はないんですか? トラックログもNMEA出力相当の分解能(0.185m)が得られているのでしょうか?
Commented by 腹ポ at 2008-10-09 09:20 x
私も先日試させてもらったSMPのサドルが良いなぁ・・・と・・・
で、今日言い訳が出来ました(^0^)
Commented by ひらまつ at 2008-10-09 10:05 x
カシミールでみたミッドナイトのトラックログから一つ拾ってみると

N34"54.8833' E134"13.1337' 19:59:57
N34"54.8832' E134"13.1337' 19:59:58

ってのがありますから、0.0001分取れているということでいいのかな。
これはVistaHCxですがVentureCxも同様です。
Commented by べり at 2008-10-09 18:35 x
純文系出身としましては、GekoとSiRFstarIIIの分解能の差異よりも、いつもと違う論文調の「である語尾」に反応してしまうのである (^^;

実は拝読してもサッパリ理解できなかったのである (^^;;
Commented by 慎@アパート at 2008-10-09 20:19 x
そんな細かいログ解析しないからなぁ>GPSデータ
軌跡さえわかればOKなの。
普段は5秒間隔のバッテリー駆動時間優先モードだし(^^ヾ

まぁ、なんにしろ新しいものを手に入れる大義名分が出来てよかったですね(゚゚☆\(--;)バキ
Commented by Mazoka3 at 2008-10-11 15:13
>腹ポさん
次はSMPですかぁ~
合う人には合うみたいですね~、形の好き嫌いはべつにして(^^;
・・・でもボテちゃんには似合わないような・・・(^^;

>ひらまつさん
わざわざログを調べて頂きありがとうございます。
やっぱり、VistaもVentureも粗くはないようですねー
前々からひらまつさんのGPS分析結果を見て、アトウッドコーナーの回り方とか、よく一秒毎の速度変動を議論できるもんだなぁと羨ましかったんですよ。
Gekoのデータではあんな分析できません。5秒くらいの平均値とらないと、まともな速度が得られないんです・・・
そりゃ憂鬱にもなろうというものです(^^;

>べりさん
ワタシだって、仕事のレポート書くときは堅い文書を書いてるんですよ~(^^;
ええ、顔文字使ったりしてませんとも!(゚-゜)\バキ

>慎さん
普通はカシミールで軌跡見たらお終い。ですよね~
それで十分だと思います(^^;
あ、明後日の天満屋のログはしっかり分析させていただきますのでよろしく~(゚-゜)\バキ
Commented by jr7cwk at 2009-03-07 17:57 x
GPSでの速度計測
位置情報から算出しようとすると、やはり厳しいものがありますね。
NMEAデータを直接処理されておられるようですのでご存知かとは思いまし、RGM-3800のログでお試し済みかとは思いますが、GPRMCセンテンスにノット単位の速度が出力されています。
この値を1.852倍してあげればkm/h単位の値になります。
(GPVTGセンテンスが出力されていればkm/h単位のデータが直接得られます。)

なおロガーによって速度の出方、結構違いますね。
手持ちのものではRGM-3800やPSPは非常にきれいなデータが出力されますが、WPL-1000は位置情報から換算したかのようなデータが出てきます。
またGT-730F(L)は、ノット単位で出力されていますが内部処理はkm/h単位みたいで、1.852倍すると区切りいい値になります。
リンク先はデータの例です。(PSPで取ったものとRGM-3800で取ったものが混在してますが、すいません。)

なお通常のGPSレシーバの場合、「ドップラー効果で測定」するようなハードは積んでないと思いますので、全て位置情報から処理してると思います。
Commented by Mazoka3 at 2009-03-08 00:36
jr7cwkさん

Garminなどで謳われている速度表示の精度が位置情報から算出するものよりもずいぶん精度が高そうに思えたのでドップラー効果を使った測定なのかと勝手に思い込んでおりましたが、違うようですね(^^;
ご指摘ありがとうございます。

本文で書いているとおり、Garminでは速度がきれいに取れないのが不満でしたが、その点はRGM-3800にして大きく改善されました。
最初はNMEAに含まれる速度の単位が判らずに、km/hでもないし、ft/secでもないし・・とずいぶん悩みましたが・・・まさかknotだとは思わず、気づくまでに時間がかかりました。
私の用途では計測対象が自転車のスピードなので位置情報からの計算では誤差が大きすぎて、速度が比較的正確に残るのはRGM-3800のメリットですね。手持ちのGPSはGeko201とRGM-3800だけで他はあまり知らないのですが、機種によっても処理がそれぞれ違うのですね。参考になります。
<< New weapon ヴァーチャルチキチキ >>