ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


GPSでみるサイクル耐久2008(その2)
(その1)より続く

続いて走行中の速度変化に着目してみます。

と、その前に岡山国際サーキットのコースレイアウトをおさらいしておきます。コースは一周約3.70km、高低差29mです。自転車レースで走る場合は、コース図に矢印を入れてあるように、通常とは逆方向に周回します。そのため、メインストレートは約1.1%の上り勾配、バックストレートは約1.1%の下り勾配となります。
e0080315_1638924.gif

では早速走行データをみていきましょう。
チーム員それぞれの代表的なデータとして、各自のベストラップあるいはセカンドベストをマークした周回をピックアップして、一周の速度変化をグラフにしてみました。グラフの凡例に、それぞれのlap数とラップタイムを示してあります。前述したように、新しいGPSを投入して毎秒単位で速度がきれいに測定できるようになり、走行中の細かい速度の変化まで追いかけられるようになりました。
e0080315_1553787.gif
各自毎にグラフをみていきますと・・
まずはワタシ(Mazoka)。ベストラップをマークしたlap6は大集団に入っての走行です。みてのとおり、とにかくどの区間も速くて、ホームストレートで40km/h弱、バックストレートは50km/h前後を維持しています。ソロではあり得ない集団ならではのスピード域ですが、集団内にいると必死で漕がなくても十分ついていけるし周囲との速度差もないので、ちっとも速いとは感じないのが恐ろしいところです。区間ごとにみていくと、最終コーナーを過ぎてからは勾配がキツくなって34km/h前後にまで速度低下していますが、これだと集団内では遅すぎでどんどん抜かされてしまいます。頂上を過ぎてホッブスコーナーからは下りに入りぐぐっと加速するも続くレッドマンコーナーの出口で前が詰まってブレーキ、コーナーを抜けて下りストレートで前から離れないように一気に加速しています。一旦ストレートでスピードに乗れば維持は楽なのですが、集団のペースにあわせるために加減速が繰り返されるのが何気に脚に堪える場面です。コーナーの通過速度自体は、かつさんや慎さんのスピードと変わらないかむしろ若干遅いくらいなのが判ると思います。同様にバックストレートも50km/h超巡航でストレートの終わりからアドウッドカーブに向けて下りで加速しかかったところで前が詰まってブレーキがかかりいったん失速、コーナーからの脱出で再加速しています。その後も集団に食らいつきますが、この周回でピットに入ろうと思っていたので集団から別れるためにウイリアムズコーナーから1コーナーにかけては集団から左に出ようと右往左往して加減速を繰り返しています。

かつさんのlap18(本人としてはスタートから4周目)は、唯一6分を切り5:50のベストを記録した周回です。おそらくは部分的にでも列車に乗って走っているラップだと思われます。御本人からはバックストレートで休んでいたとのコメントを頂いておりますが、足を止めて40km/h以上を維持できるものではないので、少なくともこの周回はがんばって漕いでいるはずです。比較している慎さんやワタシのスピードがたまたま速かった時のデータなので較べると物足りなく感じるかもしれませんが、単独でみれば十分なバックストレートのスピードだと思います。そしてかつさんのグラフをみると、下りストレートのスピードよりも、むしろ上り区間での失速が小さいのが特徴です。比較的勾配の緩いホームストレートは33~35km/hを維持していますが、より勾配のきつくなる最終コーナーからホッブスコーナーまでの上りや、第1コーナー付近の上りでも、きっちり30km/h以上をキープして速度低下が少ないと言えるかと思います。

そしてある意味かつさんとは対照的といえるのが慎さんのラップ(^^;
慎さんのベストラップはスタート直後の1周目にマークした6:21ですが、グラフに示したのはセカンドベストのlap11(スタートから5周目)で、1巡目を終えてピットインする直前のラップです。グラフをみると下り基調のスピードが乗る区間ではワタシやかつさんと遜色ない速度が出ており、バックストレートでは中盤からぐんぐん加速してアドウッド手前で50km/hに達するハイスピードぶりです。またレッドマンコーナーやパイパーコーナーでの失速がなく、速度を維持したままでクリアしています。最もスピードが出るアトウッドコーナーでも比較した4人の中では最高速度を記録していますし、下りコーナーの速さが目立ちます。その一方で、上り基調の区間、すなわちウイリアムズコーナーからホームストレートを抜けてホッブスコーナーまでの区間は、下りとは対照的に失速が著しいのが判ります。この区間は南子さんといい勝負になっていますね(^^;
もっともピットインする直前の周回でもあり、疲れがピークに達して上りの速度に影響しているのだと思いますが。

最後は紅一点南子さんのデータですが、こちらは終始マイペース。列車に乗るとかいうのとは無縁の世界でコースの左を黙々と走っていたということなので、無駄な加減速もなくて落ち着いたペースが続いています。ただ一ケ所だけアドウッドカーブを抜けた後に20km/h以下まで大きく減速しているのが目立ちますが、なにかスピードを落とす原因でもあったんでしょうか?あるいはGPSのエラーなのか原因は不明です。その箇所を除けば、ほぼコースの勾配成りに一定負荷で走ればこんな速度変化になるであろうと思わせる、そんな素直な速度グラフであります。


以上、速度データをみてきたわけですが、なかなか詳細な良いデータが取れているので、今回はさらに踏み込んで、次項ではパワー変動の分析を試みたいと思います。
(その3)へとつづく・・?



おまけ:

よそチームのデータを勝手に改竄するシリーズ(゚-゜)\バキ
e0080315_15533539.gif

e0080315_15535253.gif

[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-14 15:54 | GPS
<< 本日の伊吹山 GPSでみるサイクル耐久200... >>