ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん お疲れさ..
by Mazoka3 at 09:00
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:16
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:28
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:SIX13( 15 )
SIX13:ステム交換
Six13のステムを交換しました。ハンドルバー交換時に有りあわせで付けてあったステムを若干伸ばしたくなりましたので。

写真奥が今まで使用していたTNI CNCステム、手前が新しく取り付けたTNI SUB100ステム。写真ではずいぶん長さが違うように見えますけど、それは遠近法のマジック。実際は100mm→110mmに10mm延長しただけです。
e0080315_0371443.jpg
このSUB100ステム、チタンビスが奢られていて値段の割りになかなか軽量です。実測重量108g。長くなったのにも拘らず、約50gの軽量化を果たしました(^^)

早速、週末の淡路島ツーリングで塩梅を確かめてみることと致しましょう。
[PR]
by Mazoka3 | 2008-01-24 00:53 | SIX13 | Comments(2)
SIX13:チェーンリング交換
注文してあったチェーンリングが届いたので交換しました。

Six13 Team3に装着されているクランクは、FC-R600 いわゆる105グレードのコンパクトクランクです。とりあえずこれはこれで大きな不満はなかったのですが、ちょっとアウターとインナーが離れすぎている感じがありました。歯数50-34Tだと、アウターとインナーの比が1.5近くもあります。それに普段は大抵の場面でアウターで走っていますが、ちょっとした起伏があってもう少し低いギヤが欲しいことはあっても、下りでトップ側のギヤが足りないと思ったことはありません。もっとアウターギヤを小さくした方が脚力に見合っている気がします。

そんなわけで、アウターを小さくしたいとは考えたものの、シマノのコンパクトは現状どれも50x34の設定のみで、他に歯数の選択の余地がありません。ところがネットをつらつらみていると、旧XTR用のギヤがPCD110なのでコンパクトクランクにも流用可能という情報がありました。そしてサイクルモードのときになにげなく話していたら、ひらまつさんの赤シラスにもXTR用の48Tギヤを使っているとのことで、後日、購入ルートの情報まで頂きまして^^; 所望のチェーンリング注文にまで至ったというわけであります。

これは完成車に装備されていたFC-R600クランク。ギヤを小さくしたいという要求もさることながら、それよりも、R600ののっぺりした外観に不満があったというのも、交換の大きな理由だったり・・^^;
e0080315_29049.jpg
交換作業自体は、クランクにチェーンリングを固定している5本のビスを緩めるだけなので、とくに問題もなく作業は終了。あえて言えば、ビスが固くて緩めるのに苦労したくらいでしょうか。

で、こちらが交換後のチェーンリング。肉抜きの形状が異なり、だいぶ違った印象になりました。
e0080315_293299.jpg
交換したチェーンリングは、シマノ旧XTR用チェーンリング FC-M952-5アーム です。現行のMTB用クランクは4アームになっているので、昔の5アームというのがミソですね。インナーのリングは元のままです。

チェーンリングが小さくなったので、ディレイラーの位置も調整して5mmほど下げました。しかし、ディレイラーのRがギヤの直径と全然合わないのは仕方ないですね。これでも変速には特に支障はないようです。

チェーンリングを交換するついでに、チェーン、カセット、それにリアディレイラーのプーリーも分解して、洗浄とグリスアップを行ないました。
e0080315_294638.jpg
駆動系が隅々までさっぱりして気分一新 ・・・というところですが、、

カセットを分解していて、初めて11-25Tが付いてたことに気づきました・・。ずっと12-25Tだと思っていたのに・・(^^;; どうりで、中間域のギヤの繋がりが悪いはずです。18Tはともかくとして、16Tも付いて無かったなんて・・(^_^;

というわけで、お次はクロスレシオのカセットに交換かな~
(今まで気づかなかったくらいだから、換える必要ないのかもしれないけど!?(笑)
[PR]
by Mazoka3 | 2007-12-10 02:09 | SIX13 | Comments(7)
SIX13:ハンドル交換
MR-4のママチャリ化に目途がついたところで、今度は自分のバイクです。
ドロップハンドル+STIはまだまだ初心者で慣れないこともあるのだけど、どうもポジションがしっくりこないなぁというわけで、ハンドルバーを交換してみた。

e0080315_64306.jpg交換したのはDixnaのJ-Fit。日本人体型に合わせてリーチが短く、手が小さくても握りやすい形なのだそうだ。写真は標準で付いていたハンドルバーと並べたところで、右がキャノンデール、左がJ-Fit。みてのとおり、ひとまわり以上にコンパクトになった。

SIX13は標準で幅440mmという大きなハンドル(米人ならこれが普通なのか?)が付いているのだが、いかにも広すぎ。で、購入時にワンサイズ小さい420mmに交換してもらっていたのだが、しばらく乗ってみるともう少し狭くてよさそうなので、今回は400mm(芯~芯)にしてみた。

それと、標準ハンドルはφ31.8径と太く、そのままではGPSのマウントが付かないという問題があったのだが、それもφ26サイズにしたことで無事クリア。ハンドルバーに直接GPSを取り付け可能になった。
・・・というか、実のところはGPSを取り付けるためのエクステンションを物色していたら、店頭にピッタリサイズのハンドルバーがお手頃価格で並んでいたので、ハンドル交換にまで発展してしまったというのが事の真相だったりする・・(^^;

e0080315_64824.jpgというわけで、取り付け。バーテープを新しくするついでに、フレームとカラーコーディネートしてみたつもりが・・・うーん、なんかビミョー・・(^^;
写真でみるよりも実物はずっと地味で、なんというか抹茶アイスみたいになってしまったか?

肝心のポジションに関しては、謳い文句どおりブラケットの上を握っても、下ハンドルを握ってもブレーキレバーにしっかり指が届くし、なかなか握りやすくていい感じになった。リーチが短くなってブラケットが手前に数センチ近づいたこともプラスに働いている。

最後に重量に関して。一応、ハンドル交換前後で重量を測ってみたのだが、J-Fitが270gだったのはよいとして、キャノンデールのハンドルが意外に重くて300gもあった。バーには255gとプリントしてあるのに・・(^^; 結局はステムが多少重くなったのと相殺されて、重量的には交換前後で変化無しでした。
[PR]
by Mazoka3 | 2007-09-17 23:06 | SIX13 | Comments(10)
自転車:稲美野周回 by SIX13
新しくやってきたSix13はちゃんとしたロードバイクだけに、体感的にはMR-4よりは格段に速く走れるような気がする。低速でこそもっさりした感じだが、スピードが乗ってくるとMR-4とは別物で、MR-4が30km/hくらいでスピードが頭打ちになるような場面でも、まだ踏み込むとスルスルと加速して、さすがにホンマもんのロードは違うなぁと思わせるスピードの伸びがある・・・ように思える(^^;

果たしてその実力はどれほどのものなのか? というわけで、定番にしている近所の平坦周回コースを走ってみた。行程46キロほどの田園地帯の県道を回るコースで、MR-4で去年走ったときはAve.29.0km/hという記録が残っているが、正直言ってMR-4ではもうこれが限界という感じだった。

ともかくもスタート。前半こそまずまずのペースで進んだが、ふたつ目の登りを過ぎて終盤に入る頃にはバテバテで失速。なんとか一周を終えて、記録は下記のとおりAve.29.9km/hという結果だった。もちろん一般道なので信号もそれなりにあるし、風向きやその他のコンディション次第で平均速度なんていくらでも左右されるので、単純に数値だけを較べられるものではないということを踏まえた上での話しであるが・・、MR-4よりも確かに速くなったともいえるし、ばらつきの範囲内でほとんど変わらないとも言えるような・・(^^;

すえぞーさんが仰ってたロードが100とするとMR-4が95くらいというのは、まさにそんな印象です。
結局は乗り手のエンジン次第というわけで、機材がちょっと変わったからといって飛躍的にスピードが上がるわけもないということが実感された、本日の走行でした・・(^^;

【本日の走行】 走行距離:46.23km、平均速度:29.9km/h、最高速度:51.7km/h
[PR]
by Mazoka3 | 2007-08-25 20:00 | SIX13 | Comments(4)
初乗り
いろいろせんとあかんこともあるのですが・・、なにはさておき初乗りです。

おっとその前に新型戦闘機のご紹介(^^ゞ

Cannondale SIX13 team3
e0080315_1349127.jpg
自分の乗り方じゃ、別にスピード重視じゃないし、どうせなら永く乗りたいし、シックなクロモリフレームなんかもいいな~なんて思ってたのに、、どこでどう間違ったんだか、今風の太くてレーシィなバイクになっちゃいました(^^;
ちなみに、このカラーはHealthNetというチームのレプリカだそうです。って、私もこれを見るまでそんなチームあるのを知らなかったんですけどね。米国のコンチネンタルプロチームだそうです。キャノンデールというと、赤のイメージが強いですが、こういうカラーもまたいいかなと気に入っています。ともかく、赤の軍門には下らずに済んだってことで・・(゚-゜)\バキ
トップチューブとダウンチューブの黒いところは、クリア塗装でカーボン繊維を透けてみせたりとなかなか凝ってます。前がカーボンで後三角がアルミというSIX13ですが、アルミの溶接ビードはブレンドしてあるのか繋ぎ部も綺麗な仕上げで、トップチューブのカラープリントがずれている辺りと相まって(笑)、いろんな意味でさすがはHandmade in USAと思わせるフレームです^^

さて、試走。どこへ行くか決まらず、なんとなく家を出発します。
走り出した途端に、漕ぎ出しが軽い!ってほどでもないな~?、坂が登らない、下りでも伸びない、ペダルが重い・・・。うーん、ロードってこんなもんなの?なんとなく不信感を覚えつつ、きっと向い風のせいに違いないと言いきかせて、えっちらおっちら進みます。それにしても日曜の朝はローディが多い。チームの朝錬かなにか?軽く30~40台はすれ違ったでしょうか。

田井からライト前を通って、農業公園に達したところで一休み。たった10キロほど走っただけですげー疲れた。農業公園でジェラートでも食べていこうと、駐車場に入って自転車降りて押しますが、、あれ?押しても重い・・・

ブレーキ引きずってました・・(^_^;;;

そら走らんわな。
桃ヨーグルトジェラート食べて、ブレーキの当りを調整して、再スタート。おおっ軽い、ぐんぐんスピードが伸びる・・・わけもなく・・・まぁ脚力なりのスピードでぼちぼち走ります。第一、まだメーターも付けてないので、速いのか遅いのか、どうもピンときません。ワタシには、本能のままに走るっていうのは無理みたいです。やっぱり数字で示してもらわないと・・(^^;

しっかし、朝から快晴で暑いわ。ボトルホルダーもまだ付けてないので、ボトルもなし。さすがにそれは拙かろうっていうんで、ポケットに入れたペットボトルの水を被りながら走ります。

e0080315_1542743.jpg大山寺トンネルを抜け、総合運動公園を通って福田川沿いに垂水まで下ります。低速ではもっさりした印象も、下り基調になってスピードが上がってくるにつれ軽快感が増してきます(対MR-4比)。少なくとも40~50km/hでよれるようなことはないですね(^^;おかげで下りでスピードが乗っても不安感はないのだけれど、ブレーキが利きすぎるのと(これも対MR-4比(^^;)、STIレバーを握るのに慣れていないのもあって、まだ下りで思うように飛ばせるほどではないなぁ・・。

垂水からはR2を引き返します。追い風になってペースも上々(あくまで体感速度)。明石海峡大橋をバックに写真を撮ってから、時間も押してきたので帰路を急ぎます。水が無くなったので、天文台の下にある名水「亀の水」を補給。水汲みの人でいっぱいで、順番待ちでした。その後はたらたらとペースを落として帰宅。

これで一気に戦闘力アップ・・・したのかなぁ? の推定約40キロのポタ?でした。
[PR]
by Mazoka3 | 2007-08-05 15:57 | SIX13 | Comments(44)