ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん お疲れさ..
by Mazoka3 at 09:00
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:16
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:28
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:GPS( 20 )
my edge500
唐突ですがwワタシのGarmin Edge500のご紹介。
edge500は画面に表示する項目を自由に選べるのですが、何を表示させるかはまさに使う人次第。といわけで、今のワタシの表示項目を参考までにお見せしようかと・・。

第1画面は、普段の走行時に出しておく画面。リアルタイムの情報が主です。一番上に走行距離、以下、標高、走行時間、ケイデンス、心拍数、速度、現在時刻です。
e0080315_21155757.jpg
第2画面は積算的な情報の表示。左上から、最高速度、消費カロリー、気温、積算上昇、平均ケイデンス、平均心拍数、平均速度、走行時間。
ケイデンス、心拍数、速度は第1画面と位置を合わせてあります。
e0080315_211644.jpg
第3画面は、トレーニング/タイムアタック用画面。上半分に心拍ゾーンのグラフ表示、下半はケイデンス、心拍数、速度、ラップタイムです。
e0080315_21161058.jpg
と、こんな感じで使ってます。
最後は人それぞれお好みで、、ってことになるのでしょうが、何かの参考になるでしょうか。>だれとなく^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2012-03-03 21:38 | GPS | Comments(2)
石見グランフォンド2010分析編
石見グランフォンドの事前に設定した運行予定実走記録を比較してみた。
e0080315_038376.gif
事前の試算では、各チェックポイントでの静止時間を3分と想定してたけど、さすがにそんなに短時間で出発するのは無理。通過チェックのサインだけならまだしも、補給を食べたりトイレ行ったりしていると、それなりに時間がかかってしまう。8か所のCPでの静止時間の合計は45分だった。これでもかなり急いだつもり。CP一カ所当り5~6分は所要時間を見込む必要がありそう。
それでも、天候にも恵まれてコンディションが良かったので、試算よりも約1時間も早くゴールすることができたのはなによりだった。

続いては、試算で作ったグラフに実走ログの速度を重ね書き。
e0080315_0382743.gif
最後まで想定した速度を下回るようなことはなく、順調に貯金を稼いでいけた。まぁ事前シミュレーションは余裕をもたせて控えめに速度を設定したというのもあるが。想像していたよりもずっと道路状況がよくて、スピードに乗る下りも多かったように思う。プロフィールでみて下り勾配であっても、ワインディングがきつかったり、あるいは雨で濡れたりすると、思うように速度が上がらないことだってあるから。

次は事前試算と実走とのタイム差をグラフにしたもの。縦軸のタイム差がプラスだと試算よりも先行していることを表している。
e0080315_0384689.gif
スタートの遅れと大田市街を抜ける間の信号待ち渋滞で、初っ端に最大17分程のビハインドを背負ってしまい、さすがにイライラが募った。信号渋滞は想定外としても、スタートのロスと市街地の信号待ちくらいは試算に入れておくべきだったなと。その後は概ね順調に、上りでも下りでもタイムを稼いでいけた。大田市街を除いては、ほとんど信号もない快走路が続いた。終盤に入ると、上りでペースが落ちて、CP7後とCP8後はほぼイーブンペースになった。

最後は勾配(横軸)と速度(縦軸)の関係をプロットしてみた。赤いドットが事前試算、緑のドットが実走結果の分布を示してあり、青い線が実走結果に対する近似曲線を表している。
e0080315_0385441.gif
赤いドットが示すのが事前試算で設定した勾配と速度の関係である。試算ではコースプロフィールから勾配を求め、そこでの速度を想定した。上りは勾配4%以上で上昇率10分/100mを想定、一方で下りは道路状況によって飛ばせるとは限らないのでマイナス勾配がきつくても上限30km/hに制限してある。平地は約23km/hの想定。信号や休憩によるロスを見込んでいない分、それなりに余裕をもたせた速度の設定ではあった。
対して、実走結果を較べてみると、勾配3~4%くらいの緩い上りでは想定した速度と大差ないものの、10%くらいまでの上りなら10km/hをキープできているので(想定は10%で6km/h)、上り勾配がきついほどタイム貯まっていった。また、下りも今回のコースは走りやすくて想定よりもずっとスピードが出せた。近似曲線の示す平地(0%)の速度は27.5km/hほど。走っていての感覚とも概ね合う感じがする。

こんな感じで、なかなかいいデータがとれた。次に運行計画を作るとき(?)に威力を発揮するかも。。
[PR]
by Mazoka3 | 2010-05-21 02:23 | GPS | Comments(2)
500 software update
Garmin Edge 500のファームウェアがVer.2.20になっていた。
2/15付で更新されてたようだけど、今頃気づいた・・(^^;
せっかく、myGarminにユーザー登録しているのだから、通知してくれればいいのに・・
早速、WebUpdaterで更新する。
ファームを更新すると、設定が御破算になってしまうのよね。ちまちまと表示項目とか再設定。めんどくさい・・。

Updateの内容はここ:
http://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=4715

かなり広範に修正されている。
500には無かったWorkoutがあっさりと追加された。けど、Workoutって何するもの?(^^;
懸案のCourseも改良されたとある。
Courseを使うと頻繁にフリーズする問題は直ったのかな?
フリーズするとログが残らないので、事実上Courseは使えなかっただけに(こないだのBRM213でも未使用)、自分的には一番改善を望んでいた点。
とりあえず、今朝の通勤で試した限りでは、ちゃんと仮想自分と競争できたけど..
当面は要経過観察ですね・・。
[PR]
by Mazoka3 | 2010-03-03 12:50 | GPS | Comments(2)
500分析
Edge500/Geko201/RGM-3800のログデータ比較ですが、もう少し詳しく見てみましょう。
昨日の軌跡比較では、GPSの位置精度はRGM-3800に一歩及ばずの感あり。Edge500も地図上でどこを走ったかを知る程度なら必要十分な精度ではありますが、これまでの経験上、GPSのログデータを使っていろいろと走行データを分析するような場面では、ログから速度や勾配を算出するにはもっと精度が欲しいと思うことも多々ありました。特にGPSで得られる標高の精度は十分ではないので、標高の変化からローカルな勾配を求めるには無理があるのが現状でした。自転車乗り的には勾配は最も興味がある数値のひとつなのですが・・。

その点、Edge500には気圧高度計が内蔵されており、速度もSpeedセンサから車輪の回転を拾うので、GPSだけでは精度に限界があった速度や標高に関して、どのように処理されているのか興味のあるところでした。

ま、さっさとデータを見ていきましょう。
試走ログからサンプルで切り出したのは、雌岡山を裏道から登って表道を降りるまでの区間。朝走のTTに使っているのは表から登る約1.2km、平均7.3%の登山道ですが、裏道の方がもっと厳しくて、黄色い斜度計による実測値はMax23%に達する激坂コースです。

サンプルに適しているかどうかはさておき・・(^^; Edge500のデータから速度、ケイデンス、心拍数、高度の変化を描いてみました。
e0080315_713692.gif
Training Centerで見ることのできる結果と別段変わるわけではありませんが、tcxファイルからデータを取り出してグラフにしています。20%超級の激坂は這うようなスピードで登っても心拍180オーバー。美ヶ原の練習には良いかもしれません・・。当然、スタートからずっとインナーロー固定なので、速度とケイデンスがぴったりシンクロしています。ケイデンスとギヤ比から速度を求めたら、当り前ですがほぼ正確に一致しました。そのことからも、速度はSpeedセンサ(タイヤ回転)に基づいているようです。
それと面白いなと思ったのが、タイヤ周長を設定する項目があるのですが、走った後確認すると勝手にタイヤ周長が変更されていたこと。GPSの情報を参考にして、自動的にタイヤ周長を補正してくれるようですね(多分)。

さて、Edge/Geko/RGMの比較ですが、まずは標高値。
e0080315_715179.gif
Geko201のぶっ飛び具合はこの際無視して頂くとして。。
RGM-3800とEdge500を較べてみると、RGMの標高が微妙に凸凹しているのに対して、Edge500の方はずっと滑らか。気圧高度計内蔵の効果が現れているようです。実際に体感する勾配変化に近いのもEdge500の方ですが、ちょっと鈍りすぎているというか、少し反応が遅いような。走行中の勾配表示もその瞬間の勾配というよりは、ちょっと遅れて出るような嫌いがあります。そういう疑念もありますが、GPSだけでは限度があったのに較べると、ずいぶんと正確になっているといえるでしょう。

続いて、速度の比較です。
e0080315_714448.gif
まずGeko201は単純に座標から計算した速度。座標データが乱れまくっていますので、速度の精度も望めません。実際にはあり得ないスピードで瞬間移動するのも旧式GPSにはよくある現象です。。ひとまずGekoは置いといて、RGMとEdgeを較べると、合っているところはよく合っているけど、RGM-3800の方が低めに出ているところも少なからずあります。Edge500は前述のようにSpeedセンサを備えているので速度はほぼ正確なはず。体感の速度ともほぼ一致する印象です。
一方でRGM-3800の速度は、nmeaデータで出力される値です。中でどのようなロジックで速度を算出しているのかは不明ですが、出力された速度を時間で積分しても移動した距離とは合わないので、今回の場合のように受信状態が悪い状況での速度データはあまり正確ではなさそうです。もっとも今回はかなり悪い条件の結果ですので、例えば天満屋のログのように受信が比較的良好な条件のときはほとんど問題にならないのですが。

以上、つらつらとデータをみてきましたが、たった1回の試走データから結論めいたことをいうのは無理があるかもしれませんが、Edge500はGPSとしてはそれほど精度は高くないものの、Speedセンサと気圧高度計で上手くデータを補っていて、走行データの記録装置としてはかなり使えそうという印象。
[PR]
by Mazoka3 | 2009-12-15 22:02 | GPS | Comments(5)
500軌跡
Garmin Edge 500デビューにあたって、Geko201とRGM-3800も併設して、比較データを採ってみました。
というわけで、賑やかなハンドル周り・・・(^^;
e0080315_22474330.jpg
右からGarmin Geko 201Garmin Edge 500RoyalTek RGM-3800です。RGM-3800はこれといったマウントも無いので、輪ゴムでバーに縛り付けてあります。

で、Edge500を使ってみての印象ですが、一言でいうと、これはGPSというよりサイコンですね。心拍計&高度計付きサイクルコンピュータにGPSロガーを内蔵した製品、という括り。あくまでベースはサイコンという気がします。
昔からのeTrex系ガーミン、即ちアウトドア用途のハンディGPSに馴染んできた者からみると、500は画面に軌跡も出せないし、現在座標(緯度経度)も見られないというのは、GPSのくせに勿体無いなと思ってしまいます。500はフィットネスやトレーニングの道具であって、旅のお供にするGPSではないのですね。走行ログは帰ってからPCでゆっくり見て下さいと言われているような感じです。走りながら軌跡を見たいなら、素直にEdge705を買えよってことでしょうか(^^;

ともかく、3台のGPSで採れたデータをみてみましょう。土曜に雌岡山を試走したときの記録です。

轍wadachiによる走行ログ:Geko201/RGM3800/Edge500ログ比較

各GPSの設定としては、Geko201は記録間隔を[AUTO]-[Medium]に設定、RGM-3800は1秒毎間隔で記録、Edge500はデフォルトに・・というか設定項目あるのかしらん?
3者の軌跡を比較すると平地の障害物が少ない区間(周辺はほぼ田園地帯です)では、どれも問題ない精度で受信できていて軌跡もきれいですが、山道に入ると精度の差がはっきりと現れています。

下図は山道の軌跡を拡大したところ。
e0080315_2259537.jpg
赤:edge500、青:RGM-3800、緑:Geko201
雌岡山は雑木林が茂っていて、その登山道も概ね木々が覆ってGPSの受信にはあまりいいとはいえない条件。こういう場面になると、Geko201はGPSチップの旧さが否めず、軌跡があっちこっちに乱れて、ときどき衛星をロストしてしまってます。それに較べると、Edge500とRGM-3800は最近の高感度チップを積むだけあって、ほぼ道路をきれいにトレースできています。ですが、じっくりみると、RGM-3800の方が乱れが少なくて、それよりはEdge500はちょっと位置精度が劣っているようにみえます。
500の筺体をみると上面はほぼ液晶パネルに覆われているので、アンテナがどこに内蔵されているのか判りませんが、受信感度的にはしんどいのかなと邪推しますが、、。

というわけで、明日は採れたデータの分析をもう少し詳しくしてみたいと思います。

分析編へとつづく・・・
[PR]
by Mazoka3 | 2009-12-14 23:09 | GPS | Comments(0)
500装着
早速、、というか、やっと? edge500をバイクに取り付けてみました。
付属のバイクマウントは2本のゴムバンドでステムに縛り付けるだけ。道具も要らず、あっという間に取り付け完了。edge500本体裏面の丸い部分をマウントに入れて、90°捻って固定します。シンプルながらもしっかりした印象です。
e0080315_041046.jpg
チェーンステーにはスピード・ケイデンスセンサーを取り付け。ワイヤレスなので配線の手間が要らないのは楽でいいです。マグネットの通過を検知する度にLEDが光ります。
e0080315_041232.jpg
ハンドル周りはこんな感じで。。
サイコンとGPSがひとつで済むし、ケーブル類も無くなって非常にすっきりしました。ただ、いくらコンパクトになったとはいえ、さすがにサイコンと較べると大袈裟な感じは否めませんね。
e0080315_0414358.jpg

ニューアイテムを着けたら早速試走をというわけで、雌岡山へと向かいました。いつもの朝練コースです。・・といいつつ、乗鞍終わってから一度も登ってない気もしますが・・(^^;

久しぶりのタイムアタックはキツイのなんのって・・、一本で即足攣りかけました・・。
無理はいけません。やっぱりシーズンオフは大人しく過ごそう(^^;

【本日の走行】 走行距離:31.49km、平均速度:23.8km/h、最高速度:43.4km/h
、総上昇量:385m、平均心拍数:141bpm、最大心拍数:189bpm

本日の活動履歴
[PR]
by Mazoka3 | 2009-12-12 23:37 | GPS | Comments(2)
500着弾
はやっ!
もう届きました、Edge500

まだ箱から出したばかりですが、とりあえず歴代Garminと記念写真^^;
e0080315_138755.jpg
右奥 Garmin GPS II PLUS (1997)
左奥 Garmin Geko 201 (2003)
中央 Garmin Edge 500 (2009)
ふむ・・6年周期で乗換えてたのか・・?^^;
こうして並べてみると、時とともにコンパクトかつ高機能に、デザインもスマートになってきているのが判りますね。これまでの無骨なガーミンのイメージからすると、500はずいぶんと洒落た感じ。

そして内容物一式
e0080315_1383614.jpg
ハートレートモニターとスピード/ケイデンスセンサー付きのモデルです。
ACアダプタは3種類のコンセントが付いてました。マニュアルも各国語版が6冊も入ってますが、各々は薄い冊子で簡単なイントロ程度の説明があるだけ。詳しいマニュアルはCDに入ってるのかな?(未確認)
バイクマウントは2セット入ってて良心的ですね。

今すぐにでもバイクに取り付けたいけど、実走は週末までお預けかなぁ・・
[PR]
by Mazoka3 | 2009-12-09 02:00 | GPS | Comments(4)
500
と言ってもフィアット500のことじゃございません・・・
くるまネタからもすっかり遠ざかっておりますのでねぇ・・(苦笑

GPS付き心拍計ですね、いや、心拍計付きGPSか?
9月頃にGarminから発表になってたEdge500ですが、そろそろ出回りはじめたみたいで・・
思わずポチっとなー(^^;

Edge705の登場によって、一気にサイクルコンピュータとしての地位を固めた感のあるGarminですが、実際ワタシの周辺でもステムに取り付けられた705を目にするのが極普通の光景になりつつあります。ほんの数年前までGekoでさえ珍しがられていたのが遥か昔に思える普及ぶり。プロロードレースで使用されているというのも後押しになってるのでしょうか。そんなサイクル用のGPSとしては、ほぼ到達点ともいえるEdge705ではありましたが、自分で使うなら地図は要らないしなぁー
・・・スイマセン、言い換えます^^;
やっぱり705は高嶺の花だしなぁー、良いけどちょっと手が届かないなぁー、と思っていたところに地図を省いてコストを抑えたEdge500の登場とあってはねぇ・・。最近はすっかり怪しさも無くなって優良企業になってしまったGarminのマーケティングに、まんまと乗せられてしまっている気がしないでもないですが・・・(^^;
今更ながら心拍計にも興味が出てきたタイミングで、うまい具合にちょっと手を伸ばせば届くところに餌を撒かれてしまったようです。。

ま、そろそろ潮時だったてことで・・。今から到着が楽しみ。
[PR]
by Mazoka3 | 2009-12-08 00:20 | GPS | Comments(2)
GPSでみる深夜耐久2009(おまけ)
お盆休みは晴れると思ってツーリング計画してたのに、、、大雨警報発令中ってどゆこと?
ま、お天道様にゃ逆らえませんし、大人しくウチに引きこもってログ分析の続きです^^;

GPSでみる深夜耐久2009

区間タイム分析だけでは見栄えがしないので、速度グラフも作ってみました。各ライダーがベストラップをマークした周回の速度履歴です。それぞれの特徴がよく表れた興味深い比較になりました。

まずはコース上の位置と対比できるように、コース図を再掲しておきます。
e0080315_0135912.gif


ピックアップした周回は次のとおり
Nobu : Lap1 (1巡目の1周目) 5:30
銀 : Lap6 (2巡目の2周目) 6:54
ふく : Lap5 (2巡目の1周目) 5:46
Mazoka: Lap3 (1巡目の3周目) 5:50
*ラップタイムはピット位置通過基準で測ったものです。(公式タイムとは異なります)
e0080315_18314496.gif
グラフをクリックすると別ウィンドウが開きます

・Nobuさんのラップは文字通りレースのスタート周回です。ローリングスタートで最初はゆっくりとした動き出しですが・・。直後のB区間の坂をいきなり物凄いスピードで登ってます。ほとんど失速がありません。中団付近でスタートしたので必死で集団前方へ上がっていってるところでしょうか。あるいはtakotakoさんについていった?
・ふくさんはピット出た直後のスーパーラップ! とにかく下りのスピードはダントツですねー
・そのふくさん、ピットを飛び出すときのダッシュが物凄い。ピットレーン出るところで軽く40キロオーバーってどんなんですか^^;
・C~D区間の下り区間は、Nobuさん、銀さん、Mazokaさんはほぼ同じような速度なのに、、ふくさんだけ抜きに出て速いですね。特にC区間のコーナーどんだけ攻めてるんですか(^^; ホッブス出てレッドマン入るまでにもダッシュしているし・・。
・D区間の下りストレートの終わり、パイパー入口でふくさん再びダッシュ?先行のスリップから抜け出したパターンでしょうか? 銀さんも同じように一瞬速度が上がってますね。Nobuさん、Mazokaさんはコーナー手前から足止めてます^^;
・E区間の入口、リボルバーへの進入速度は全員ほぼ同じ。ですが、そのあとヘアピン行くまでの急な登り返しでの失速具合に大きな違いが・・。ヘアピン入る直前の登りで最も速度が落ちて、ヘアピン入口で再加速。ふくさん、銀さんはヘアピン出る時にもう一度速度が下がって、次のバックストレートにむけての脱出速度に違いが出てますねぇ。
・F区間のバックストレートはNobuさんのスピードが圧倒的。ずっと50キロ弱の速度を維持していて、スタートからの大集団に乗っているんでしょうか?
・Mazokaさんのバックストレートは43~44km/hキープ。その周でピットに戻るつもりでいたので、売切れ前提で無理して牽いてます^^;
・G区間はアトウッドに突っ込むまでの下りでピーク速度に達します。Nobuさん、Mazokaさんは早々に足を止めて流しているのがありあり^^;(Nobuさんは密集集団でポジションキープ?) 比べて、ふくさん、銀さんは踏んでますねぇ^^; ふくさんのアトウッド進入で60オーバー、クリッピングでも50オーバーって怖くない?
・アトウッドを出てからH区間に入る辺りが意外と登っているので、踏ん張りどころのひとつです。Nobuさん、ふくさん、Mazokaさんを比べるとアドウッドの通過速度はバラバラなのに、H区間入ると速度は測ったように揃ってますね。対して、銀さんの絶対速度が違うのはおいといて、並べてみていくと頑張りどころはみえてくるかと思います^^
・J区間に入ってもNobuさんはハイペース保ってますね、一方でふくさんはそろそろ電池切れでしょうか?(^^;
・J区間の終わり第1コーナーを過ぎてストレートに戻ると勾配がちょっと緩くなって速度が上がってます。Mazokaさんはここで後続を前に出して集団離脱。
・ピット前のホームストレッチにに戻ってきて、Nobuさん37~38km/h、ふくさん34km/h、銀さん28~29km/hを維持。ここの速度が一周の平均速度とほぼ同じになるらしいですが、どうでしょうか?
Mazokaさんはピットに戻って止まりかけて、また出直しです(^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2009-07-26 23:52 | GPS | Comments(3)
GPSでみる深夜耐久2009
お待たせしました(だれも待ってないか・・?)
ミッドナイトエンデューロ2009で採取したGPSログの分析です。
今回もまた、GPSロガーを仕込んだツール缶を積んで、走行データを収集しました。
 ロガー:RoyalTek RGM-3800
 記録間隔:1秒毎

GPSでみる深夜耐久2009(おまけ)

いつもの速度グラフとはちょっと趣を変えまして、今回は全周回にわたってなかなか質のいいデータが取れましたので、区間タイムにまとめてみました。
一周3.7kmのサーキットを図のようにAからJまでの9区間に区切り、それぞれの区間タイムを出しています。
e0080315_1250289.gif
ライダー毎の得意/不得意な区間、レースが進むにつれての垂れ具合、目を見張るほど速い区間があったり、こっそり手を抜いてる?区間があったり・・・、ラップタイムの変化だけからは判らなかった真実が今明らかに、・・なったのでしょうか?(^^;

では、各区間ごとにみていきましょう・・

More
[PR]
by Mazoka3 | 2009-07-26 23:51 | GPS | Comments(9)