ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
遅ればせながらおつかれさ..
by Nobu at 21:44
べりさん、腹ポさん 土..
by Mazoka3 at 07:29
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:くるま( 43 )
ハイカ廃止に伴い
ムルティプラには納車直後からETCを取り付けて、今ではすっかりETC専用レーンを通る習慣がついてしまっているのだけれど、最近は努めて一般レーンに入って、ハイウェイカードを使うようにしている。
というのも、3月いっぱいで、ハイウェイカードが使用できなくなるため、使い残しのまま持っていたハイカを使いきってしまおうというわけだ。

当然、料金所で停止して支払いをするわけだが、ETCに慣れた身には、これが結構時間もかかるし面倒くさい。今の季節だと、窓を全開にすると寒いし~^^;
改めて、ノンストップで通過できるETCの便利さを実感した次第。

ちなみに、ハイカを使うので、ETC車載器にはカードを刺さないまま阪神高速などを走ったのだが、例えば須磨料金所のトンネルの手前など、料金所が近づくと、"カードを挿入してください"って、警告が出るのねー。知りませんでした。
てっきりETCカードの挿入ミスとかあっても、ゲートにぶつかるまで判らないものかと思ってた^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-16 07:18 | くるま | Comments(2)
Honda S800 & S800M
"エスハチ"の愛称で親しまれたホンダS800です。

e0080315_23194823.jpgS800は1966年に最初に発売され、そして1968年に輸出仕様の大型サイドランプが装備される等のマイナーチェンジを受けS800Mとなり、1970年まで生産されました。
走る精密機械ともいわれたエスハチのエンジンは、水冷直列4気筒DOHC、組立式クランクシャフトをローラーベアリングで支持するという非常に凝った構造でした。ボディもコンパクトで、現代の軽よりもちょっと小さい程です。そんなコンパクトで軽いシャシーに、最大出力70psを発揮するエンジンの組合せですから、レースシーンで活躍したのもうなづけます。

e0080315_23201929.jpgところで、ホンダ自身のサイトには、ちゃんとS800・S800Mのページがあるのですね。流石です。
ストーリーやフォトライブラリーに加えて、復刻版パーツリストまであって、見応えがあります。

写真は、おそろいのレモンイエローをまとった双子のような2台。(後からみて)左がS800、右がS800Mです。
テールに貼られたVANのステッカーがすごくいい雰囲気。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-10 00:15 | くるま | Comments(3)
Subaru R2
最近リバイバルしたスバルR2ですが、こちらは元祖R2、それも実車ではなくて、展望駐車場の露店でお土産に買ったトミカです^^;

e0080315_22154377.jpgディズニートミカコレクションというシリーズで、ドナルドダックがプリントされたキャラクター物です。ボンネットは黄色いくちばし、ルーフには水兵帽が描かれています。
派手なプリントなので、元のクルマが何だかよくわかんなくなっちゃってますが・・。

スバルの軽は360に始まって歴代リアエンジン形式が特徴でした。だからというわけではないですが、後姿がいいですね。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-09 22:17 | くるま | Comments(0)
Mazda Poter Cab
カウンタックGT40ときたら、次はどんな凄いスーパーな車が登場するのか?

e0080315_21242229.jpgジャーン!

期待を持たせておいてこれかよ!!(爆)

いや、エンスー度は前車に負けず劣らず高いと思うんですが・・・ダメ?^^;

というわけで、マツダ・ポーターキャブですね。
懐かしー!(と思うのは40過ぎのおっちゃんだけか?)

排気量360ccの頃のキャブオーバー型軽トラックで、昭和44年~50年に発売されていました。当時の軽規格は、全長3.0mx全幅1.3mx全高2.0m以下ということで、昨今の肥大化した車に混ざると、ほんとカワイイですね。

e0080315_2125847.jpgんー、、この顔つき、何かに似てるナー・・・

そうだ、"がちゃぴん"だ!(笑)

若草色のボディカラーとシールドビーム周りの白枠が洒落てます。
マツダのマークをかたどった燃料キャップもいい感じ。

ボディサイドはキャビンから荷台下のスカートまで連続した一枚のパネル構成で、ちゃんとフェンダーのプレスラインまであったりして、最近のフレーム剥き出しの軽トラとは違う味わいですね。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-08 21:28 | くるま | Comments(2)
Ford GT40
カウンタックには驚きましたが、それに劣らず目を奪われたのが、このフォードGT40です。

e0080315_21193083.jpg実は、この個体には過去に一度遭遇しています。
確か、一昨年のCG Autumn Meetに来ていました。しかも、展示車としてではなく、一般の駐車場に停まっていたので、レプリカか何かと思ってしまいましたが、どうみても本物っぽい・・・。
GT40は1964年にレーシングモデルとして発表され、1966年には強敵フェラーリ330P4を破って、アメリカ車としては初めてル・マン24Hを制覇しています。
物量とパワーに物をいわせて成功したのかもしれませんが、やはりGT40を語る上では、輝かしい戦歴がこの車の価値を高めているのも事実でしょう。

e0080315_2123610.jpgロードモデルの生産台数は、わずか31台、レーシングモデルを合わせてもたった79台しか製造されていないそうです。そんな希有のマシンがここにいること自体、すごいことです。

GT40というのは、全高40インチ(102cm)に由来するそうですが、本当に地を這うようなスタイルです。

リアのアクリル(?)のカバー越しに、ホーリーのキャブが覗いています。また、サイドシルにシフトレバーを置くためか、右ハンドルが基本のようです。

しばらくすると、V8の図太い、でも意外と音量は小さめなサウンドを残して湖畔の道へ消えていきました。
貴重な車にもかかわらず、普通に公道を乗り回しているところがいかしますねー
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-07 21:28 | くるま | Comments(4)
Lamborghini Countach
今日からしばらく衝原湖畔のフォトギャラリーでお付き合い下さい^^;


e0080315_21583560.jpg数あるスーパーカーの中でも、ヒエラルキーの頂点に君臨した一台といえば、カウンタックをおいて他にないでしょう。まさに、キング・オブ・スーパーカー。

未来からやってきた乗り物というのに相応しいウェッジシェイプのスタイル。
1971年のジュネーブショーにデビューしたプロトタイプは、非常にクリーンな外観でしたが、その後、市販化される際に冷却の問題からエアスクープが拡大され、オーバーフェンダーが追加され、年を追う毎にだんだんと厳つい意匠をまとうようになりました。

e0080315_21585849.jpg写真は、カウンタックの進化の終着点ともいえる25thアニバーサーリーモデル。ランボルギーニ社創立25周年を記念して1988年に登場したカウンタックの最終型です。

サイドのエアダムやリアバンパーなどが追加され、オリジナルからみればかなり厚化粧になっています。よくみると、テールライトの周辺パネルまでボディ同色にするなど、細部まで手が加えられていますね。
なお、この車両はLP500のようなリアウイングが装着されていますが、本来のアニバーサーリーにはウイングがありません。

それにしても、カウンタックは今もって輝きを失わない印象的なデザインですね。

[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-06 22:08 | くるま | Comments(5)
Dino 246GT
e0080315_2355637.jpg衝原湖畔にある展望台の駐車場には、よくエンスーなクルマが休憩していて、車好きの目を楽しませてくれるのですが。

この日、目に飛び込んできたのは、なんと Dino 246GT(!)の姿でした。

ピニンファリーナデザインの流麗なボディは、本当に美しいですね。ふくよかなフェンダーラインが60年代のクラシックな雰囲気を残してます。

e0080315_2372023.jpgコンパクトで丸みを帯びた外観のためか、フルサイズのフェラーリほど威圧感もなく、親しみやすい感じがしますね。

しばらく眺めまわしているうちに、2.4リッターV6の乾いた排気音を残して走り去っていきました。

この日は峠で、Alpine A110ともすれ違ったし、、やたらと濃ぃい一日でありました。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-01-31 23:08 | くるま | Comments(5)
うしろまえ
e0080315_22401768.jpg雪上サイクリング中のことでした。

コンビニで休憩していると、、車道を勢いよくバックしていくNewビートルが!!
ものすごく違和感のある光景に、一瞬、思考がついていけませんでしたが、よくよくみると、テールランプをクリアーレンズにしたビートルでした・・(^^;

なんて紛らわしいデザインなんでしょ。マジで目を疑いましたよ(^^;

画像は実際の車とは関係ありません(^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2005-12-21 22:01 | くるま | Comments(4)
ETC前払割引終了前に
気がついたらもう12月。前にも書いたように、12月20日でETC前払割引サービスが終了し、前払金の積立てができなくなる。
以前に比較してみたとおり、私のように前払金の残高が残っていて、当面のマイレージのポイント倍増キャンペーンの恩恵に預かれない場合は、マイレージよりも前払いの方が得なようなので、できるたけ前払いの積立てをしておくことにした。
積立ての限度額は20万円までだが、この際、思い切って2口10万円突っ込んだ^^; これで、あと1年以上は前払割引分でいけるはず。

考えてみると、ウチの場合、年間で10万円程高速代を使う。一方、年間の走行距離は1万キロ程なので、ガソリン代も大雑把に言って10万円。ガソリン代にほぼ匹敵するだけ高速代を払っているということになる。
そんなに高速道路ばっかり使っているつもりもないのですが・・・。高速料金に費やす額がバカになりませんねぇ。

ウチでこれだから、世の中にはガソリン代よりも高速代の方がずっと高いという人もいるんでしょうね。
[PR]
by Mazoka3 | 2005-12-08 23:30 | くるま | Comments(0)
Subaru Leone RX
CG Autumn Meetでみた車編も、だんだん冗長になってきましたので、今日で終わりにしたいと思います^^;
最後は国産車で、、

e0080315_21453996.jpgレオーネRX

国産で4WDスポーツを謳ったのは、この2代目レオーネくらいからではなかったでしょうか。現在のレガシィ、インプレッサに繋がる系譜ですね。

補助灯とアンダーガードが装備されて、当時の国内ラリー競技車輌の雰囲気がいいですね。いまのラリーカーよりも改造制限が厳しくて、というか基本的に改造不可でしたから、見た目は地味ですけども。法規上、全長が変わるとダメなので、補助灯もバンパーより前に出ないように、グリルをカットして埋め込まないといけない等々、イビツな制約がありました。

よくみると、ダンロップSP92(だったかな?)懐かしいラリータイヤ履いてました。実際に競技に出ていたクルマなのかもしれませんね。


e0080315_22175623.jpgおまけ

お土産がてらに買った、Bibのトートバック^^;

[PR]
by Mazoka3 | 2005-11-11 22:20 | くるま | Comments(0)