ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:MR-4F( 39 )
MR-4F:タイヤ到着
昨日帰宅してみると、先日注文してあったGo-GARNEAU 24x1タイヤが届いていた。
メーカーにも在庫切れということで、注文から1ヶ月あまりかかってしまったが、やっと到着である。

Go-GARNEAU(ゴーガノと読むらしい)というとおり、ルイガノの親戚のような名前だが、果たしてどんなタイヤなのか?

e0080315_7295640.jpg期待をもって梱包をといてみると、中から出てきたのは、MR-4の標準装備タイヤでもあるKENDA K191そのものだった^^; Go-GARNEAUのラベルを付けてあるだけで、サイドウォールにはKENDAのプリントまでちゃんとある。

結局、Go-GARNEAUタイヤはKENDAそのものであったが、その存在意義は、"安い"ことだろうか。KENDAが約¥4000もするのに、どういうわけかGo-GANEAUは、ほぼ半値で入手できる。

ちなみに、KENDAはCBアサヒで¥4725、今回のGo-GARNEAUはRIDE-ON!より¥1600で購入した(いずれも1本の価格)。

ただ、Panaracerと較べると、KENDAは耐久性に劣り減りも早かったので、結局コストパフォーマンスではPanaracerパセラが良いということになる。パセラよりも細くて軽いタイヤ欲しいときの選択肢がGo-GARNEAUということなりそうだ。

まだパセラに変えてからあまり経っていないので、すぐにタイヤ交換はしないつもりだが、いずれはまた新しいタイヤに換えて乗り較べてみるのが楽しみだ。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-15 07:43 | MR-4F | Comments(7)
新種発見?MR-4用タイヤ
最近、自転車の魅力にどっぷりはまっている倉敷の某氏から、MR-4用24インチタイヤに関して耳寄りな情報を頂いた。

MR-4に使える24x1サイズのW/Oタイヤを新たに見つけたというのだ。もし、事実だとすれば、大発見である^^;
今まで、MR-4標準装備のKENDAと、パナレーサー・パセラ以外に選択肢が無いと考えられていた当該サイズのタイヤだが、AKI CORPORATION取扱いでGo-GARNEAU 24x1 というタイヤがラインナップされているらしい。
早速、教えていただいたWebサイトを確認すると、確かに載っているではないですか!
しかも、軽量であることを売りにしていて、確かに一本195gと、パセラ(250g)や今は亡きテクノバII(210g)よりも軽い。ということは、パセラよりもサイズ的にもより小径で幅も細いのではないかと期待も持てる。パセラを使っていて困るのは、重量のことはさておいても、幅が広いためにタイヤの脱着時にブレーキシューと干渉してしまうのが一番の問題なので、この点だけでも解決できるのなら価値がありそうだ。

値段も1本2000円と格安とはいえないまでも、パセラ(1800円)とほぼ同額であり、許容範囲といえそうだ。(値段の点でもテクノバIIはもっと安くて良かったのだが・・・)
ちなみに、標準のKENDAは1本4000円程もして、しかも減りも早いときているので、コストパフォーマンスの点で事実上の選択肢から外れる結果となっている。

このように、スペックを見る限りはMR-4用としてなかかな期待が持てるGo-GARNEAU 24x1である。

さらに、某氏からは、ご丁寧にも通販の取り扱い店も教えていただいた(爆)
これは、一度現物を取り寄せて、評価してみる他なさそうである^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2006-01-10 23:28 | MR-4F | Comments(3)
遭遇MR-4
日曜日、明姫幹線を走っていたら、ポリッシュのMR-4とすれ違いました。
こっちはムルだったので、挨拶することもできませんでしたが。

天然物(?)のMR-4をみるのは本当に久しぶりです。
ムルティプラに遭遇する頻度よりも低いかも?^^;

しかし、人が乗っているのを改めてみると、遠目にはどうみてもロードには見えませんわ。
いつもMTBに間違われるのも致し方ないですね・・・
[PR]
by Mazoka3 | 2005-12-02 00:01 | MR-4F | Comments(2)
パナレーサーのブースに
e0080315_061696.jpgサイクルモード2005に、パナレーサーのブースもありました。

おっと、われらがパセラ24インチも飾ってあるではないですか!

いい機会なので、そこにいたスタッフの方に、
「パセラよりテクノバの方がよかったよー!」
と、話題を振ってみました。

スタッフにお話を伺ったところでは、

・(私の希望とは反対に) テクノバより、太くて丈夫なタイヤを望むお客様の声の方が多い。

・幅1インチの表示どおりなのはパセラ。テクノバは1インチといいつつ、実際は表示よりも細い。

とのことでした。

テクノバはいいタイヤだったと思うのですけど、そういう意見は少数派なんでしょうかねぇ?
[PR]
by Mazoka3 | 2005-11-24 00:08 | MR-4F | Comments(2)
パセラその後
タイヤをパセラに交換してから、約250キロ程走った。
客観的にインプレできるほど自転車経験があるわけではないけど、交換前のテクノバIIとの比較という観点から、パセラの印象を書いておきます。

まず、乗って最初に感じたのは、テクノバよりもシャープさがなくなり、より普通の自転車に近い印象になったということ。例えていえば、スリックタイヤを履いたMTBに乗っているような感じです。
タイヤによって、ずいぶん感じが変わるものですねぇ。
とにかく、パセラを履いて、MR-4の持つ軽快感が損なわれてしまったのは少々残念なところ。
もっとも軽快感が薄れたといっても、実際に走行抵抗が増えたりとか、走行性能に影響があるのかどうかは、なんとも判断しようがありません。

その一方で、路面からの衝撃吸収に関しては、太くなったタイヤのおかげで路面の段差や継ぎ目に対して強くなっている感じだし、体に伝わる衝撃も柔らいだ気がします。
固いダートや砂利の浮いた道も走ってみたけど、テクノバの時ほど足元をすくわれることがなく、走っていて安心感がありました。もっともこれは、両者を比較した場合の話であって、決してパセラがダートに向いているわけではないですが。

それと耐久性に関しては、まだ走った距離が少ないので何ともいえないですけど、衝撃吸収性などからみてもテクノバよりは頑丈そうではあるので、とりえあず問題ないレベルなんでしょう。
もっとも、テクノバでも年に1回程度のパンクに遭う程度で、特にその耐久性に不満があるわけでありませんでした。

というわけで、好みでいえばパセラよりもテクノバが良かったというのは本音ではありますが、まぁパセラでも慣れてしまえば特に不満はないというところでしょうか~。

むしろ、パセラで一番ネックなのは、物理的に幅が太くなっているので、タイヤを脱着するときにブレーキシューに引っかかるということ。
とりあえず、ぎりぎり脱着可能なようにシューの間隔を調整していますが、できれば今よりもブレーキの遊びは小さくしたいし、かといって今の状態でも前輪を外すときにはシューが干渉してスムースに外れないしー、という状況に陥っています。前輪の取り外しの多いMR-4だけに、やはりもうひとまわり幅の細いタイヤが望ましいですね。
[PR]
by Mazoka3 | 2005-11-16 00:17 | MR-4F | Comments(0)
MR-4F 折り畳み
MR-4Fはこんな感じで折り畳みます。

More
[PR]
by Mazoka3 | 2005-11-05 05:39 | MR-4F | Comments(2)
パセラに交換しましたが
先日注文してあったMR-4Fのタイヤが届き、早速交換を行った。

これまで履いていたテクノバIIが生産中止となり、代わりにパセラを注文してあったのはこないだ書いたとおり。

実はパセラにも2種類あって、ガムサイドのパセラ・ブラックと、オープンサイドの(素の)パセラがある。店で取寄せてもらうときに、どちらにするか聞かれて、タイヤ側面が肌色の方がみた目が好みかなという軽い気持ちでオープンサイドのものを頼んでいたのだが、その後パナレーサーのウェブサイトでスペック表をみると、オープンサイドのタイヤ重量が250gに対し、ブラックはそれより100gも重いことがわかり、オープンサイドを選んで正解だった。

ホイール部分(回転部分)の軽量化は車体部分の15倍の効果がある*らしいので、タイヤの重量差は重要だ。
*ホンマかな?パナのサイトQ&Aコーナーに書いてある。どういう換算なのかはよくわからないが・・・
ちなみに、これまで履いていたテクノバIIは210g(カタログ値)しかなく、なかなかに軽いタイヤだったことを改めて知った。

すでにMR-4Fにパセラを使用されている方のブログによると、テクノバIIと同じ24x1というサイズでありながら、実際はかなり太くて、場合によってはブレーキシューに引っかかってタイヤが外れないこともあるらしい。気になる情報ではあるが、現実的に他に選択肢がないのだから仕方ない。そのあたりをチェックしつつタイヤ交換を行ってみた。

e0080315_015539.jpg写真は、パセラ(手前)とテクノバIIを並べたところ。テクノバがセミスリックだったのに対し、パセラにはちゃんとしたトレッドパターンがある。そのためか、ちゃんと回転方向の指定もあった。

寸法を実測してみると
      テクノバII パセラ
幅 27mm 29mm
外径 571mm 577mm
周長 1790mm 1815mm

注:メジャーで適当に測った値なのでかなり誤差があります

確かに、みた目にもパセラが一回り太いのがわかるほど、大きさの違いがある。

懸念されたタイヤの取り外しに関しては、ブレーキシューがタイヤに当たってはいたが、力づくでなんとか脱着は可能だった。しかしブレーキの間隔をこれ以上狭くしたらダメだろう。

なお、空気圧は、テクノバIIがMax125psiであるのに対して、若干低く115psiの指定となっている。

ともかく、タイヤ交換を終えて家の周りを軽く走ってみた。
第一印象としては、やはり太くなった分、多少、軽快感が薄れた気がする。一方で、今までよりも路面からダイレクトに伝わる衝撃は少なくなって、乗り心地は向上しているように感じる。トレッド面にゴムが一枚加わったかのような印象である。
もっとも、交換前のテクノバがかなり磨耗していたから、そう感じるだけなのかもしれないが・・・

テクノバIIよりも太くて重くなったのは残念だが、その分、堅牢で耐久性が上がっていればいいのだが。もう少し長い距離を走ってみて、また新しい発見があることを期待しよう。
[PR]
by Mazoka3 | 2005-10-23 00:25 | MR-4F | Comments(4)
24x1タイヤ
e0080315_7521490.jpg自転車のタイヤが減ってかなりヤバイ状態です。前に交換してから、4000kmを超え、トレッド面が相当平らになってしまっている。

ほんとは、サイクル耐久までに換えておこうと思っていたのだが、ネットでCBあさひに注文しようとしたら品切れで見送ってた。

MR-4Fのタイヤは24x1という特殊サイズで、事実上、パナレーサーのテクノバIIしか選択肢がないという状況。
*他に標準装着のKENDAもあるが高価なわりにあまり評判はよくないみたい

レースも終わって、改めて近所の自転車屋にタイヤの注文に行ってみた。とりあえず、所望のテクノバIIを頼んでおいたのだが、その後連絡があって、生産終了しましたとのこと・・・(汗

代替は同じパナレーサーのパセラだというので、なんら検討の余地もなく即注文。

どんなタイヤが来るのか楽しみ・・・っていうか、きっと乗ってしまえば銘柄の違いなんてわからないんだろうなぁ~(^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2005-10-15 08:33 | MR-4F | Comments(2)
GIANT MR-4F
e0080315_12242487.jpg明後日のサイクル耐久レース前に少し走っておこうと思っていましたが、今日はあいにくの雨。
それでも、午前中はとりあえず降っていなかったので軽く走りに出ました。

たまには気合を入れてレーパン履いて。

幸い、雨には遭わなかったけど、路面は完全ウェットでフレームどろどろになってしまった。
洗わなきゃ・・・


というわけで、早々に走り終えて帰ってきたので、今日はいつも乗っている自転車なんぞについてちょっと書いてみます。

数年前、そうだ!自転車に乗ろう!と思って手にしがのが、GIANT MR-4Fの2003年モデル。
いろいろネットや雑誌などで情報を漁って決めたのですが、近所の自転車店では実車を置いていなかったので、取り寄せしてもらいました。

MR-4の特徴をひとことで言うと、折畳みできるロードレーサーということでしょうか。
もっとも、タイヤは24インチで一般サイズより一回り小さく、リアにサスペンションが付いていて、ロードというには無理があるかもしれません。
またドロップハンドルのモデルもあるのですが、ぼくのはフラットバーハンドルですので、一見しただけではMTBと間違われることもよくあります。

しかし、24インチタイヤとはいえ、ロード並みに幅1インチ(25mm)の高圧タイヤを使っているため、走りは軽快です。コンポ(ギヤとかブレーキとか)もロード用のパーツが使われています。
それでいて、コンパクトに折畳むことができるので、車に積んだり、輪行するのも平気です。

要するに、よくいえば万能、悪くいえば中途半端な、ちょっと変わった自転車なのです。

ま、初心者が思いこみで買ったにしては、今でも満足感は高く、自分ではいい選択だったかなと思ってますが。たまたま自分の使い方に合ってたということかもしれません。

3年弱乗った現在、オドメーターは6300キロを超えました。
以前は自転車でそんなに長距離走るなんて、想像もできませんでしたが・・・
まだまだ距離は伸びそうです。
[PR]
by Mazoka3 | 2005-10-08 12:30 | MR-4F | Comments(2)