ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん お疲れさ..
by Mazoka3 at 09:00
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:16
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:28
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Multipla:こまい改造
よく輸入車は右ハンドルがいいか、左ハンドルがいいか、という話がありますが、、まぁ日本は左側通行なので、やっぱり右ハンドルのほうが路上を走る上では何かと都合がいいようにできているわけで、その点では右ハンドルが方がいいだろうという意見がある一方で、元来、左ハンドルを前提に設計されたクルマを右ハンドルに仕様変更する段階で、設計上の都合でいろいろ不自然な構造になっているケースも多々あって、やはりそのクルマ本来の機能を発揮させるという点では、本国と同じ左ハンドルの方がいいという意見も一理あったりするわけです。

以前に乗っていたBXは、図らずも左ハンドルと右ハンドルを乗り継いだわけですが、左ハンドル車は交通の中では料金所や駐車場のチケットを取るのが不便だったりとか、右折するときに前が見通せなくて困ったりということが確かにありました。他方、右ハンドル車は、アクセルワイヤーの取り回しが複雑でスロットルペダルが渋いためにアクセルワークがしづらかったり、空調の噴出口がメーターナセルの陰になってしまっていたり、助手席前の小物入れが省略されていたりと、右ハンドル化にともなう設計面の不都合が目につきました。どちらも一長一短で、一概にどちらがいいとはいい難かったのですが、あえて選ぶとすれば左ハンドルの方がそのクルマ本来の姿のように思えました。

そういう観点でみると、ムルティプラはわりと真面目に右ハンドル化されているようにみえます。内装の表面的な部分だけでなく、内部のメカ部分まで(BXと較べると)ちゃんと左右対称に移設されています。ダッシュボード上の小物入れも右ハンと左ハンで容量に差は無いですし、リレーボックスもちゃんと右にあります。そんな具合で、右ハンドル化によるデメリットがあまり感じられませんので、ムルティプラなら右ハンドルでよかったかなと思えるものがあります。

そんなムルティプラではありますが、それでもいくつか些細なところで左ハンドルベースであることを感じされる箇所があります。ひとつはセンターシートのリクライニングのレバーが左にあることで、ドライバー側から中央席のシートバックを倒そうとすると非常にやりにくかったりします。

・・・などとうだうだ書きましたが、ここまでは前振り・・・^^;

今日は、前から気になっていた右ハンドル化に伴う些細な欠点のひとつに手を入れてみました。

e0080315_23271199.jpgオーバーヘッドにあるドアミラーの操作スイッチを改造してみました。で、改造後の写真がこれなんですが、どこがオリジナルと違うか判りますでしょうか?

正解は、ミラーの開閉スイッチを反対にしました、、っていう、こまーい改造であります^^;

オリジナルのミラーの開閉スイッチは、向かって左を押すとオープン、右を押すとクローズでした。右ハンドルだと、運転席側のミラーの動きとは、直感的に逆なんですよねぇー。よく押し間違えることがありました。そんなわけで、開閉スイッチの向きを逆にしてみた、というわけです。

最初はスイッチをばらして反転させるだけかと思って始めましたが、実際ばらしてみると、リモコンミラーの調整スイッチと一体の基板になっていて、基板からの配線を繋ぎかえてスイッチの作動を逆転させました。配線の半田付けが必要ですが、そう難しい作業ではなかったです。詳細は、そのうちホームページの方に載せたいと思います。。(って、誰がみるんだ?^^;)
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-26 23:54 | Multipla-メンテ | Comments(0)
自転車:朝練と夜練
今日は慎さんかつさん鶉野飛行場跡へツーリングの予定でしたが、休日出勤を余儀なくされ、なくなく断念しました・・・。

e0080315_22363362.jpgしかしまぁ、こんな日に限って絶好のサイクリング日和ですねぇー。
あまりに爽快な空気がもったいないしー、、というわけで、朝は少し早めに家を出て、明石海峡大橋の下まで足を伸ばしてから出勤しました。

雲ひとつ無い青空。そのまま仕事放っぽりだして、遠くまで走っていきたくなりましたよ・・・^^;

e0080315_2237674.jpgお勤めが終わる頃には、とっぷりと日が暮れてしまいました。暖かくてコンディションもいいので、再び、ライトアップされた大橋の下まで回って行くことにします。
朝と同じ場所で記念写真^^;

その後、海岸線の浜の散歩道を通って帰宅。日没後のサイクリングロードは、暗闇の中に突然人影が現れたりして、怖い怖い・・・。

【本日の走行】 走行距離:49.42km、平均速度:22.7km/h、最高速度:42.4km/h
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-25 23:01 | サイクリング | Comments(7)
MR-4F:ドロップ化の野望
MR-4FはFが付くとおり、フラットバーハンドル仕様なんだけど、最近つとにドロップハンドル化したいと思うようになってきた。

MR-4にはドロップハンドル仕様もあったのだが、購入時には、ドロップなんか乗ったこと無かったし、本格的ぽくて敷居が高く感じたので、とっつきやすそうなフラットバーを選んだ。けれども、だんだん走り込むにつれ、長距離も走るようになると、やっぱりドロップがいいなと思う今日この頃。・・・と3年も乗ってから気づくって鈍すぎ?^^;

やはり、ハンドルを握る向きは、掌が内側を向くように縦向きのグリップを握る方が生理的に自然な感じがする。今でもブレーキを握る必要の無い巡航時には、気がつくとグリップを握らずに拳をハンドルの上に載せて走っていることが多い。その方が楽なのですよ、結局のところ。

グリップの向きだけの問題ならば、バーエンドを取り付けるという手もあるが、それは暫定的な解決法で、結局はドロップ化したくなる気がする。

そういうわけで、最近はずっとドロップハンドルへの換装を目論んでいるのだが、、やはりネックは費用だ^^;
まずは、当然のことながら、STIレバーが要るけど、これが結構なお値段がする。それに、現状リアの8速のギヤも、どうせSTIレバー買うのだったらこの際、9速か、いっそ10速にしてクロスレシオ化するのも魅力的だしーなどと言い出すと、ディレイラーやらカセットやらリアの変速機まわり総取り替えとなって、ちょっとすぐには出せない金額になるのだなぁ~、、これが。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-23 23:30 | MR-4F | Comments(13)
自転車:クリートの話
引き続き、ビンディングペダル絡みの話題。

新しいペダルに付いてきたクリート(シューズに取り付ける金具)をよくみたら、今まで使っていたクリートとは違う種類のものであることに気づいた。

e0080315_22365311.jpg写真左が今使っているクリート(PD-M324付属品):SM-SH55
右がPD-A520に付属してきたクリート:SM-SH51

どちらもSPDペダル用なのに何か違うのかなと思って、(最初にビンディングを薦めてくれた)自転車通の友人に聞いてみたら、黒いクリートはシングルリリースといって足を横に捻って外すタイプなのに対して、今まで使っていた銀色のクリートはマルチリリースといって、横に捻るだけでなく足を上に引いても外せるという違いがあるらしい。

そういえば、今まで何度かパニックになって、足を捻る余裕も無いことがあったけど、とにかく力を入れたらペダルから足が外れてくれて事無きを得たことがあるのは、そういうわけだったのだ^^;

ただ、上に引いても外れるということは、普通にペダルを漕いでるときでも、引き足で力を入れると外れる可能性があるわけで、ダンシング中に足が外れたりしたら危ないという話もあるようだけど、実際問題としては、私程度の脚力では全然問題ない・・・(^^;

というわけで、ペダル交換といっしょにクリートも新しくするつもりでいたが、当面見送りですね^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-22 22:47 | 自転車 | Comments(2)
MR-4F:ペダル交換
通販で買い物をすると、せっかく送料を払うのだからと思って、ついついまとめ買いしてしまうのは、私だけではないはずだ^^;

というわけで、、先週届いたニュータイヤの梱包の中には、新しいビンディングペダルが混じっていた(笑)

早速、廃線跡ツーリングの出発前にペダルを交換してみました。

ちなみに、今まで使っていたのは、シマノ PD-M324というモデル。
片面SPD・片面ノーマルで、SPDシューズと普通の靴どちらでも漕ぐことができるというのが特徴でした。確かに便利で、ビンディング初心者には好適なペダルではあったものの、一旦SPDに慣れてしまうと、それ無しでは足元が落ち着かなないというか、結局SPDしか使わないようになっていたので、それならSPD専用ペダルに換えてみようというわけです。

e0080315_22323510.jpg今度のペダルは、シマノ PD-A520。片面SPDタイプで、ロード用ペダル風のスマートなデザインがいい感じです。
PD-M324と較べてシンプルなため、軽量化にも有効。ペダル重量を実測してみると、PD-M324:265gに対し、PD-A520:158g (片側あたり)で、左右合わせて約210gの軽量化になりました。

交換後2日ほど乗ってみての使用感は、スプリングの調整は当然最弱にしているのだけど、それでもM324よりは強くて、脱着にこれまでよりも手間取ってしまいます。装着時の拘束もきつい(遊びが少なめの)感じ。

幸いにも、旧ペダルでは立ちゴケを経験することなく来ていたのは、ゆるゆるのペダルにも助けられてのことだったのだなーと改めて思った次第。
また初心に戻って、意識して脱着するように注意しておかないと、近いうちにやってしまいそうな予感がします・・・^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-20 22:43 | MR-4F | Comments(6)
自転車:プチヒルクライム
日曜日はまとまった時間がなくって、今日も1時間のショートコースです。
先週は平坦路周回コースでしたが、今日は最寄りの山へヒルクライム。我が家から10キロほどの距離にある雌岡山(めっこさん):標高249m,N34°45'30",E135°00'00"へと向かいました。

e0080315_21215559.jpg山の麓まではほぼ平坦で行けます。といっても、自宅よりは100m稼いで標高150mから登り始めとなります。

登り口には写真のような鳥居が構えています。そう。雌岡山の山頂には神出神社があって、山に登っていく道は参道なのです。

標高差90mほどを約1.3kmで。前半は勾配5%くらいでしょうか、まだギヤを残していけますが、終盤の10%近い勾配に差しかかってからはインナーローに入れっぱなし。今日はずっと曇り空で寒かったけど、さすがに登り終える頃には、ぽたぽたと垂れる汗が地面に吸い込まれていきます。

たった90mとはいえ、貧脚には十分すぎるヒルクライム。やっとで山頂に着いて神出神社前で休憩。ベンチに座りたかったけど、ハイカーにもポピュラーなこのルート、すでに満席でした・・・。

点在するため池とか西神ニュータウンとかが眼下に一望できるのだけど、天気が冴えないので、今日は海の方までは見えなかったなー。

【本日の走行】 走行距離:22.90km、平均速度:24.1km/h、最高速度:45.0km/h
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-19 21:48 | サイクリング | Comments(8)
自転車:廃線跡巡り
今日もなかなかの自転車日和でした。まだちょっと肌寒い気もしますが、そんな中にも少しずつ春の気配が感じられるようになってきました。

さて今日は、慎さんと待ち合わせて、国鉄高砂線・別府鉄道の廃線跡を巡ろうという目論見です。
慎さんとは、ニフティの携帯電脳フォーラム時代からのお付き合いで、うちから歩いていけるくらいにご近所にお住まいの旧知の仲なのですが、もう何年も疎遠となっておりました。もちろん、その頃は自転車とは無縁の世界におりました。ところが、10日ほど前に図らずも慎さんが当ブログをみつけてくれて、しかも週末にはお互いに自宅界隈を自転車で走り回っていることが発覚^^; 当然の流れとして、本日の合同ツーリングが実現したというわけです。

e0080315_21542595.jpgそれにしても、何の布石も無かったのに、蓋を開けてみたら自転車にはまっていたとはねぇ・・・^^; 驚きましたよ。

とりあえず、お昼前に連絡をもらって、加古川の河川敷で待ち合わせる約束で、ウチを出ました。いつもの周回コースを逆走して、もりのくまさんを回って、野谷、五軒屋を経由して上荘橋に向かい、加古川右岸の河川敷に到着です。自転車を停めて一息ついていると、堤の向こうからフレンチトリコロールのヘルメット姿の慎さんが現れました。遠くからでも一発で判りますね^^;

無事合流して、まずは加古川右岸を河口に向かって走ります。河川敷ですから超フラットでもちろん信号も交差点も全くない本来快適なコースです。しかし、最近河川内の土木工事をやっていて、ダンプの巻き上げる砂埃と散水車の撒いた水とで、自転車はどろどろになってしまいました・・・。まぁ、この後も今日はやたらとダートの多いコースだったのですが。。

e0080315_21552585.jpg加古川河川敷の道が終わるまで走って、堤に登り、山陽電車の線路脇まで行くと、それはありました。国鉄高砂線跡です。とりあえず、廃線跡に沿って、高砂駅前から南下して高砂港まで行ってみました。

廃線跡巡りのホームページは探すといっぱいあって、あらかじめ予習しておいたとはいうものの、道に迷わずに廃線巡りできるかちょい不安もあったのですが、実際走ってみると、、
鉄道ならではの緩やかなカーブ、とか、周りの道路事情を無視して自己中心的に貫く道であったり、とか、両脇の家や建物がみんな背を向けていること、とか、他の鉄道とは必ず立体交差していて踏み切りはない、とか、、廃線ならではの特徴に気づいてしまえば、結構迷わずに辿ることができましたね。

高砂港で海を見た後は、再び加古川方面へと引き返します。しかし、高砂線の加古川にかかる橋は撤去されて跡形も無いため、そこだけ南の相生橋へと迂回して、対岸から続きを辿ります。しばらく畦道のような道が続きますが、山電尾上の松を過ぎると車道へと変わり、やっと走り易くなりました。高砂線はこのまま今のJR加古川駅まで延びていたのですが、先まで行ってもただの市街地なので、野口駅跡で次の廃線跡である別府鉄道に乗り継ぎです。

e0080315_20513613.jpg野口から別府までの別府鉄道野口線跡は、ほとんど全線が"松風こみち"として遊歩道として整備されいます。"歩行者(自転車)専用道路"と書いてあるとおり、自転車も問題なく通れるんですが、ひたすら車止めと石畳みの繰り返しでした。途中、当時の客車が飾ってある公園で休憩していきます。公園で遊ぶ子供に、帰宅時間を知らせるためでしょうか、警報機にただの時計がタイラップで留められているのが笑えます^^;

別府からは、別府鉄道土山線跡に乗り換えですが、この廃線跡は2車線の立派な車道になっていて、普段から廃線跡とは意識せずに通っている道。見通しの良い直線路なので、ペースを上げて行きます。突き当たったところの大中遺跡に隣接して、当時の機関車と客車が展示されていたので、また油を売っていきます。遺跡から先は、"であいのこみち"という遊歩道を辿ってのんびり進むとJR土山駅で、廃線跡の旅も終点です。

その後は、西国街道を通ってビューンと走って、自宅付近で慎さんとお別れしました。お疲れさんでした! 普段はいつも独りで走ってるので、人といっしょに走るときはどんなペースがいいのかな?などと思いつつ、やっぱり前に出たらついつい頑張ってしまいますね^^;
時間さえ合えば、毎週でもお付き合いしますんで、またよろしく~

・・・しかし、だらだらと書いてたら、なんだか長文の、、けど中身の無い、、日記になってしまいましたね^^;

詳細レポートはこちら!:慎さんの週末自転車生活ツーリング記録

GoogleMapsによる走行記録:http://pws.prserv.net/mazoka/tmp/haisen11.htm

【本日の走行】 走行距離:56.52km、平均速度:19.5km/h、最高速度:46.8km/h
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-18 23:09 | サイクリング | Comments(4)
トリノ五輪
FIAT乗りの一員としては、現在開催中のトリノ五輪のネタを書かないわけにはいかないのだが・・・。
なんせ、FIAT=Fabbrica Italiana Automobili Torino( トリノ・イタリア自動車工業)の略というわけで、FIATの"T"はトリノの"T"なのだから。FIATにしてみたらトリノはお膝元、とても関係の深い土地なのだ。

とはいうものの、今回のオリンピック、ライブはおろか、録画放送でさえ一種目さえもまだ観ていない・・・。
ともかく日本選手の結果が振るわないというのはニュースで聞いているが。

まぁ、ネタに困って検索でもしてみると・・・^^; こんなちっさな記事にヒットした。

http://www2.asahi.com/torino2006/tayori/TKY200601280217.html
トリノ便り:FIATの粋な計らい
今回五輪公式スポンサーであるFIATが、日本チームのクルマイヨール合宿の際、公式発表前のSUZUKIとの共同開発車「SEDICI(セディチ)」を提供することを聞きました。地元のFIAT代理店の人たちも未だ目にしていない車で、チーム到着を期に私たちと是非一緒に見に行きたいと楽しみにしていました。

この記事を見る限り、FIATがオリンピックの公式スポンサーやってるようで、ちょっと安心する。
というのも、最近はジロ・デ・イタリアもツール・ド・フランスも軒並みスポンサーを降りてしまうほど、深刻な経営不振が伝えられていたFIATである。ついには、イタリアナショナルチームのジャージにまでSkodaの協賛が入る程なのだ。それって、サッカー日本代表のジャージにHYUNDAIって描いてあるようなものじゃないかと思うのだが、いいのだろうか?^^;

そんな状況だったから、もしかして地元開催のオリンピックのスポンサーさえする余裕がないのではと心配になっていたのだけど、、さすがにそれは許してもらえなかったのかもしれないな^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-17 23:42 | Multipla-あれこれ | Comments(0)
ハイカ廃止に伴い
ムルティプラには納車直後からETCを取り付けて、今ではすっかりETC専用レーンを通る習慣がついてしまっているのだけれど、最近は努めて一般レーンに入って、ハイウェイカードを使うようにしている。
というのも、3月いっぱいで、ハイウェイカードが使用できなくなるため、使い残しのまま持っていたハイカを使いきってしまおうというわけだ。

当然、料金所で停止して支払いをするわけだが、ETCに慣れた身には、これが結構時間もかかるし面倒くさい。今の季節だと、窓を全開にすると寒いし~^^;
改めて、ノンストップで通過できるETCの便利さを実感した次第。

ちなみに、ハイカを使うので、ETC車載器にはカードを刺さないまま阪神高速などを走ったのだが、例えば須磨料金所のトンネルの手前など、料金所が近づくと、"カードを挿入してください"って、警告が出るのねー。知りませんでした。
てっきりETCカードの挿入ミスとかあっても、ゲートにぶつかるまで判らないものかと思ってた^^;
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-16 07:18 | くるま | Comments(2)
MR-4F:タイヤ到着
昨日帰宅してみると、先日注文してあったGo-GARNEAU 24x1タイヤが届いていた。
メーカーにも在庫切れということで、注文から1ヶ月あまりかかってしまったが、やっと到着である。

Go-GARNEAU(ゴーガノと読むらしい)というとおり、ルイガノの親戚のような名前だが、果たしてどんなタイヤなのか?

e0080315_7295640.jpg期待をもって梱包をといてみると、中から出てきたのは、MR-4の標準装備タイヤでもあるKENDA K191そのものだった^^; Go-GARNEAUのラベルを付けてあるだけで、サイドウォールにはKENDAのプリントまでちゃんとある。

結局、Go-GARNEAUタイヤはKENDAそのものであったが、その存在意義は、"安い"ことだろうか。KENDAが約¥4000もするのに、どういうわけかGo-GANEAUは、ほぼ半値で入手できる。

ちなみに、KENDAはCBアサヒで¥4725、今回のGo-GARNEAUはRIDE-ON!より¥1600で購入した(いずれも1本の価格)。

ただ、Panaracerと較べると、KENDAは耐久性に劣り減りも早かったので、結局コストパフォーマンスではPanaracerパセラが良いということになる。パセラよりも細くて軽いタイヤ欲しいときの選択肢がGo-GARNEAUということなりそうだ。

まだパセラに変えてからあまり経っていないので、すぐにタイヤ交換はしないつもりだが、いずれはまた新しいタイヤに換えて乗り較べてみるのが楽しみだ。
[PR]
by Mazoka3 | 2006-02-15 07:43 | MR-4F | Comments(7)