ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
Nobuさん お疲れさ..
by Mazoka3 at 09:00
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:16
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 22:28
Nobuさん 今年もお..
by Mazoka3 at 10:28
2017年の開幕戦お疲れ..
by Nobu at 19:28
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
たまには現代美術に触れてみる
e0080315_168037.jpg

帰省中ですがトランクに積んで帰ったMR4で朝からちょっと出てみます
まともに走るのはひと月ぶり?
それなりに頑張ってみるも、脚はスカスカまるで進まない
こんな調子じゃ、来週はシミュレーションだけにしといて正解だったかも・・?
五色台の周りをぐるっと一周してから、たまには丸亀の猪熊弦一郎現代美術館に立ち寄ってみる

本日の走行:70キロくらい?
(サイコンリセットしてしまった)
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-29 16:08 | サイクリング | Comments(0)
伊吹山の皮算用
いよいよ伊吹山ヒルクライムが迫ってきました。
が、練習の方はサッパリでまるでモチベーションが上がりません。
で、代わりといってはなんですが、、予想タイムをシミュレーションしてみました(^^;

タイムの計算は去年の乗鞍シミュレーションと同じ方法です。ただし、乗鞍の皮算用のときは主にツーリング時の登坂速度をベースにしてタイムを算出していたので、予想よりも試走の方が、そして試走よりも本番の方が、大幅にタイム短縮する結果となりました(^^;
その点、今回のタイム予測は乗鞍の記録を下敷きにできますので、より精度は高いはずです。もっとも裏を返せば、乗鞍の時と同じパフォーマンスを出さないと目標タイムに届かない羽目になるわけですけど・・・

さて、伊吹山ヒルクライムのコースですが、公式ページによりますと、距離17km、標高差1075mで、平均勾配6.3%とのこと。
ですが、ALPSLAB routeに登録されているルートマップをみると、実際はもう少し距離が短いようですね。ここでは、ALPSLABのマップから数値を拾って、距離15.1km、標高差1040m、平均勾配6.9%と想定しました。

乗鞍の記録を加えて、所要時間と平均出力の関係を見直したのが下のグラフ。ピンクのラインが見直し後の出力カーブです。
e0080315_2044318.gif
前回のシミュレーションでは1時間以上かかるコースで出力の低下が著しかったのですが、その傾向が見直されて近似曲線はより現実的なトレンドになりました。
このトレンドを伊吹山のコースに当てはめると、タイムは66分14秒と出ました。このときの平均出力は214W。

ちなみに、去年から体重が2キロ程増えているのも計算に盛り込み済みです。仮に今から体重を2キロ減らせば1分40秒程タイムを短縮できる計算になります(^^;


・・というわけで、鍛錬もせずに机上で妄想ばかりしていたわけですが・・・
残念なことに伊吹山決戦日に避けがたい所用ができてしまいまして、DNSになりそう・・

出場される皆さんはどうか頑張って下さい!(>_<)
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-25 20:57 | 自転車 | Comments(16)
謎の飲料
e0080315_18523544.jpg

連休中は都内で不動産屋巡りでした(チカレタ・・)

夜はホテル近くの焼肉屋でささやかに祝杯(^^)
気分よく呑みながらふと壁に目をやると見慣れないメニューが・・・

ホッピーとはなんぞや?
麦酒様清涼飲料水だそうですが・・
関西ではみたことないなぁ
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-23 18:52 | Comments(4)
本日の伊吹山
e0080315_111254.jpg

東京へ移動中・・(のぞみで)

そろそろ伊吹山も近づいてきましたが、練習の方はさっぱりです^^;
というかここのところ全然乗ってもいません・・・
と、、今から言い訳(゜-゜)\バキ
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-21 11:01 | 本日の・・・ | Comments(2)
GPSでみるサイクル耐久2008(その2)
(その1)より続く

続いて走行中の速度変化に着目してみます。

と、その前に岡山国際サーキットのコースレイアウトをおさらいしておきます。コースは一周約3.70km、高低差29mです。自転車レースで走る場合は、コース図に矢印を入れてあるように、通常とは逆方向に周回します。そのため、メインストレートは約1.1%の上り勾配、バックストレートは約1.1%の下り勾配となります。
e0080315_1638924.gif

では早速走行データをみていきましょう。
チーム員それぞれの代表的なデータとして、各自のベストラップあるいはセカンドベストをマークした周回をピックアップして、一周の速度変化をグラフにしてみました。グラフの凡例に、それぞれのlap数とラップタイムを示してあります。前述したように、新しいGPSを投入して毎秒単位で速度がきれいに測定できるようになり、走行中の細かい速度の変化まで追いかけられるようになりました。
e0080315_1553787.gif
各自毎にグラフをみていきますと・・
まずはワタシ(Mazoka)。ベストラップをマークしたlap6は大集団に入っての走行です。みてのとおり、とにかくどの区間も速くて、ホームストレートで40km/h弱、バックストレートは50km/h前後を維持しています。ソロではあり得ない集団ならではのスピード域ですが、集団内にいると必死で漕がなくても十分ついていけるし周囲との速度差もないので、ちっとも速いとは感じないのが恐ろしいところです。区間ごとにみていくと、最終コーナーを過ぎてからは勾配がキツくなって34km/h前後にまで速度低下していますが、これだと集団内では遅すぎでどんどん抜かされてしまいます。頂上を過ぎてホッブスコーナーからは下りに入りぐぐっと加速するも続くレッドマンコーナーの出口で前が詰まってブレーキ、コーナーを抜けて下りストレートで前から離れないように一気に加速しています。一旦ストレートでスピードに乗れば維持は楽なのですが、集団のペースにあわせるために加減速が繰り返されるのが何気に脚に堪える場面です。コーナーの通過速度自体は、かつさんや慎さんのスピードと変わらないかむしろ若干遅いくらいなのが判ると思います。同様にバックストレートも50km/h超巡航でストレートの終わりからアドウッドカーブに向けて下りで加速しかかったところで前が詰まってブレーキがかかりいったん失速、コーナーからの脱出で再加速しています。その後も集団に食らいつきますが、この周回でピットに入ろうと思っていたので集団から別れるためにウイリアムズコーナーから1コーナーにかけては集団から左に出ようと右往左往して加減速を繰り返しています。

かつさんのlap18(本人としてはスタートから4周目)は、唯一6分を切り5:50のベストを記録した周回です。おそらくは部分的にでも列車に乗って走っているラップだと思われます。御本人からはバックストレートで休んでいたとのコメントを頂いておりますが、足を止めて40km/h以上を維持できるものではないので、少なくともこの周回はがんばって漕いでいるはずです。比較している慎さんやワタシのスピードがたまたま速かった時のデータなので較べると物足りなく感じるかもしれませんが、単独でみれば十分なバックストレートのスピードだと思います。そしてかつさんのグラフをみると、下りストレートのスピードよりも、むしろ上り区間での失速が小さいのが特徴です。比較的勾配の緩いホームストレートは33~35km/hを維持していますが、より勾配のきつくなる最終コーナーからホッブスコーナーまでの上りや、第1コーナー付近の上りでも、きっちり30km/h以上をキープして速度低下が少ないと言えるかと思います。

そしてある意味かつさんとは対照的といえるのが慎さんのラップ(^^;
慎さんのベストラップはスタート直後の1周目にマークした6:21ですが、グラフに示したのはセカンドベストのlap11(スタートから5周目)で、1巡目を終えてピットインする直前のラップです。グラフをみると下り基調のスピードが乗る区間ではワタシやかつさんと遜色ない速度が出ており、バックストレートでは中盤からぐんぐん加速してアドウッド手前で50km/hに達するハイスピードぶりです。またレッドマンコーナーやパイパーコーナーでの失速がなく、速度を維持したままでクリアしています。最もスピードが出るアトウッドコーナーでも比較した4人の中では最高速度を記録していますし、下りコーナーの速さが目立ちます。その一方で、上り基調の区間、すなわちウイリアムズコーナーからホームストレートを抜けてホッブスコーナーまでの区間は、下りとは対照的に失速が著しいのが判ります。この区間は南子さんといい勝負になっていますね(^^;
もっともピットインする直前の周回でもあり、疲れがピークに達して上りの速度に影響しているのだと思いますが。

最後は紅一点南子さんのデータですが、こちらは終始マイペース。列車に乗るとかいうのとは無縁の世界でコースの左を黙々と走っていたということなので、無駄な加減速もなくて落ち着いたペースが続いています。ただ一ケ所だけアドウッドカーブを抜けた後に20km/h以下まで大きく減速しているのが目立ちますが、なにかスピードを落とす原因でもあったんでしょうか?あるいはGPSのエラーなのか原因は不明です。その箇所を除けば、ほぼコースの勾配成りに一定負荷で走ればこんな速度変化になるであろうと思わせる、そんな素直な速度グラフであります。


以上、速度データをみてきたわけですが、なかなか詳細な良いデータが取れているので、今回はさらに踏み込んで、次項ではパワー変動の分析を試みたいと思います。
(その3)へとつづく・・?

More
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-14 15:54 | GPS | Comments(5)
GPSでみるサイクル耐久2008(その1)
恒例のGPS記録から天満屋サイクル耐久レースを振り返るシリーズ
レースから半年近く経ってしまいましたが、最近になってGPSデータが復活しましたので、あらためて2008年のレース分析を進めたいと思います。

過去ログ:
GPSでみるサイクル耐久2007
GPSでみるサイクル耐久2006
GPSでみるサイクル耐久(2005)

2007年までのサイクル耐久はソロで走ってきましたが、今回は4人でチームを組んで6時間耐久に臨みました。チーム員全員の走行記録が残るように、GPSロガーはメンバー交代と同時にバトンタッチしています。公式計時用のトランスポンダーもリレーしないといけませんので、トランポとGPSロガーを空ボトルに入れて、それを交代時に手渡すようにしました。

使用したGPSは、RoyalTek RGM-3800。表示画面をもたない、純粋なGPSロガーです。昨年まで使っていたGarmin Geko201と較べると、高感度チップSiRF StarIIIを搭載しており、より精度の高いデータ取得が期待されます。またメモリ容量も大きいので、1秒間隔でログを残しても余裕で6時間のレースを記録できます。

また、RGM-3800になって嬉しいことのひとつは、ログ(NMEA出力)に位置座標だけでなく速度が出力されることです。以前にGeko201の憂鬱で述べたように、緯度経度の座標値の差分から移動速度を算出すると、座標値の分解能の限界で十分な精度で速度が求められないという問題がありました。その点、速度が直接得られるというのは、特にレース結果を分析する上で走行中の速度は興味があるところでもあり、大きなメリットです。

実際に今回のログデータから、座標値から算出した速度と、NMEAファイルに出力された速度を比較してみました。
e0080315_11125198.gif
結果は一目瞭然で、座標値から求めた速度はがたついているのに対して、速度データの方は綺麗なデータになっているのが判ります。また、グラフの10~30秒にかけて、ここはちょうどアトウッドコーナーで最高速の出る箇所ですが、座標値から算出した速度の方が高めの値を示していますが、これについての原因はよく判りません。ただ、データをみているとここに限らず、速度変化の激しい箇所では同様の傾向があるようです。

ではレース結果をみていきましょう。
まずはライダー別の周回数と平均ラップタイムのまとめです。
e0080315_1113433.gif
4人あわせて6時間で54周を走り抜きました。走行距離はちょうど200kmです。前年の走行データを元にした戦前のシミュレーションでは6時間で50周の想定でしたから、目標を大幅に上回る好結果でした。順位はともかくとして、当チーム的には大健闘といっていいでしょう。

またチームとしてはひとりの人がたくさん走るのではなくて、全員が同じ時間走れるように心がけました。ま、南子嬢は本人の希望により別枠扱いされていますが(^^;、男性陣3人はほぼ同じ走行時間となるように、うまく交代のタイミングを計ることができたと思います。もっとも、平均タイムの分析だけならば、GPSのデータがなくても手計測の記録で十分に判っていた結果であります。もう少し細かいデータをみていきましょう。

続いて周回毎のラップタイムをグラフにしてみました。ライダー交代は、グラフの名前順にあるとおり、Mazoka→慎→南子→かつ の順にローテーションしています。
e0080315_11451969.gif
グラフをみると各人とも最初は元気に飛ばしているものの、レース後半になると脚が垂れてどんどんタイムが堕ちていくのがよく判ります。

スタートはワタシ(Mazoka)の担当で、最初の6周を先頭集団に着いて行きましたが、このときのラップタイムは5:20~5:30、平均速度は40km/hを超えており、ソロではちょっとあり得ないアベレージを記録しています。やはりレースでは列車に乗れるか否かでまるでタイムが違うのがよく判ります。ワタシは6周目にはそろそろ登りがキツくなってそのまま脱落、ピットインしましたが、聞くところでは集団はその後もさらにペースアップしていったそうです・・。どんだけ速いんでしょうか・・。
また、ワタシの2巡目の終わりlap11もタイムが伸びていますが、これもちょうど3時間組がゴールする前の先頭集団と遭遇して牽いてもらったものです。なかなかソロで6分を切るのは厳しいところです。

2番手の慎さんも序盤はいいペースでしたが、2巡目、3巡目と周回を重ねるごとに疲れが出たか、終盤は大幅にタイムが落ち込んでいますね(^^; とはいえ、前年のソロよりは大幅にタイムアップして、予定よりも2周も多い周回数をマークしました。

3番手南子さんはタイムはそこそこですが、最初から最後までほとんどラップタイムに変動がなく安定感が目立ちます。他人に着いていったりせずに終始マイペースで走っているのが、タイム変動の無さにもみてとれます。

4番手かつさんは、出だしからいいペースでlap4で自己ベストをマークしましたが、その後垂れてしまったか?(^^; 悪いことにちょうど2時間組のゴール時間と重なってピットがクローズされてしまったために、その後7周までコースに留まる羽目になって苦しい様子が窺われます。

という具合にラップタイムの変化からもレースの流れが見えてきますが、より詳細な補足は御本人達のコメントを待つことと致しましょう・・。

次は、ピットインでの停止時間をまとめました。完全な静止時間はGPSのログでも判断しづらいのですが、概ねピットに入ってきてから次のライダーが走り出すまでの時間を切り出しています。前図のラップタイムをみても、ピットイン前後でタイムが特に縮んだり伸びたりしているわけではないので、この停止時間がほぼピットインでライダー交代に要するロスタイムと看做していいと思います。
e0080315_14553467.gif
計11回あったピットインのうち前半はほぼ5秒前後の停止時間だったのが、後半になってロスタイムが長めになっているのが判ります。これはGPSの受け渡しに手間取ったためと思われます。前述のとおり、ライダー交代時にGPSを入れたボトルを受け渡ししたのですが、GPSを入れるためにボトルに入れた切り欠きがボトルケージに引っかかってしまい着脱に時間がかかってしまいました。これは次回にむけての要改善点であります。

そのボトル着脱の問題がなければ、5秒程度のタイムロスで交代が可能といえそうです。意外とロスは小さいですね。ということは、疲れて5秒以上タイムを落とすならばピットインしてフレッシュなライダーに代わった方が速いというわけで、少ない周回数でこまめに交代しながら走るという作戦もいいのかもしれません。

長くなってきたので、続きは別頁にて・・

(その2)へと続く

[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-14 15:39 | GPS | Comments(0)
本日のハンバーグランチ
e0080315_12513527.jpg

週末はいろいろと忙しくなろうかと、今日も休みをとって備えていましたが、、それも空振りだったみたいで・・(苦笑)

ぽっかりと時間が空いて平日ランです
(他にすること無いのかよ・・^^;

高坂峠を越えて多可町へ。
たまにはゆったりとランチもよいですね

【本日の走行】 走行距離:129.11km、平均速度:25.0km/h、最高速度:58.6km/h
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-09 12:51 | サイクリング | Comments(3)
本日の最高峰
e0080315_157886.jpg

しあわせの村に行ったついでに六甲山へ。
小部峠から一軒茶屋までの尾根道ルートは、再度山から登るよりもずっと緩いけど、練習にはこっちの方が向いている気がする。
まがりなりにもギヤの選択やペース配分ができるものねぇ・・
再度はアタックしがいはあるけど登るだけで精いっぱいだもの・・^^;

たまには山頂に上がって記念写真。
丁寧にアングルを決めたのはいいけど、直後にガッシャーン
と、ひっくり返ったのは内緒です・・^^;

今日のチキチキ(猛レース):六甲山ヒルクライム (小部峠-一軒茶屋)

【本日の走行】 走行距離:50.40km、平均速度:22.9km/h、最高速度:54.9km/h
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-08 15:07 | サイクリング | Comments(0)
過去からの生還
エラーが発生して全く読み取れなかった去年の天満屋のGPSログ。
せっかくの新兵器投入も水泡に帰したかと諦めていた・・というか、もうすっかり記憶の彼方に飛んでいた記録ですが・・
最近になってRoyalTekからData Downloaderの新バージョンが提供されたようです。
(jr7cwkさんから更新情報を頂きました。感謝!)

もしやと思って天満屋のデータを読み込んでみると、、、
なんと!きちんとログデータが再現されたではないですか!\(^o^)/

データを消さずに残しておいたのが、今になって復活につながるとは・・。
といいますか、RGM-3800は電池の持ちは悪いけど、メモリ容量だけはバカみたいにあって、今までのデータを全部残してあってもまだメモリの1/3くらいしか使ってなかったりします・・(^^;;

待てば海路の日和ありとはよく言ったもので。 (この場合、サーキットのログ故に回路の日和か!?)
今更ながら、天満屋耐久のデータ分析を始めたいと思います(^^;
e0080315_8495841.jpg

[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-08 09:09 | GPS | Comments(3)
月明け
e0080315_23521310.jpg

本日は足休め
散髪のついでにぷらーっと海へ

昨日からイカナゴ漁解禁だそうですが今年は極端に水揚げが少ないらしい
新子が入らなかった店も多くて、カミさん何軒もスーパーをハシゴしてました・・

そのためか今日は漁港も静かです
というか単に日曜で漁が休みなだけ?

【本日の走行】 走行距離:20.59km、平均速度:20.4km/h、最高速度:44.5km/h
[PR]
by Mazoka3 | 2009-03-01 23:52 | Comments(0)