ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
遅ればせながらおつかれさ..
by Nobu at 21:44
べりさん、腹ポさん 土..
by Mazoka3 at 07:29
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
全部入り
Make Ogaki Meeting で現物を拝見してきました。
ANIPOV
e0080315_7494653.jpg
カラーLED x 24ch x 両面、56コマまでのアニメーション表示ができるそうです。現地点で考えられるフルスペック電飾ホイールですねー、素晴らしい。
展示機はリアホールに6枚装着の豪華仕様でした(絵が綺麗!)
e0080315_7495293.jpg
キット販売もしているようなので、興味のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by Mazoka3 | 2010-09-27 08:06 | 電子工作 | Comments(2)
再度山復旧記念ポタ
土砂崩れで長らく通行止めだった再度山ドライブウェイがやっと復旧したらしい、、

再度山ドライブウェイの災害復旧工事の完了による通行止め解除およびビーナスブリッジ・諏訪山公園内園路等の通行止め解除

というわけで、早速再開記念登山へと行ってみましょう。
てか、通行止めとかなくても、六甲に来るのはずいぶん久しぶりだぁ・・

ちょうどビーナスブリッジのところか崩壊してたんですね。。
修復に伴って、またひとつベルギーワッフルの壁が増えました(^^;
e0080315_22354271.jpg
こっちは、お馴染みのワッフルヘアピン。だいぶ年季入ってますね。いやそれにしても久しぶりに来たけど、何度走ってもキツイわー。
e0080315_22352439.jpg
森林植物園の裏が最初のチェックポイント。
かつさん、カメラ向けながら余裕のゴールですね。
e0080315_22353482.jpg
本日のメンバーは4名でした。
汗が冷えるまで、たっぷりと休みます(^^;
e0080315_22352914.jpg
こちらはお初のMさん。ロードは乗り始めて半年くらいだそうですが、余裕しゃくしゃくという感じでしたね~
e0080315_22354790.jpg
さて、再度登ってるときはまだ良かったんですが、、尾根道に入ると途端に脚に力がなくなってきました。ハンガーノックってやつですかね?かなりやばくなってきたので、六甲山牧場に緊急避難。コロッケを食べていきます・・(゚-゜)\バキ
なんとか動けるようになったけど、もうヨレヨレ・・・みなさんからは千切れまくりで、やっと山頂へと着きました。当然最後は押しで・・
e0080315_22364912.jpg
気がつけば季節はもうすっかり秋ですね。空気は澄み風もなく、サイクリングには絶好のコンディションでした。
e0080315_18354260.jpg
なわけでへろへろになりながら帰還。ここんところのヘタレっぷりを再確認に行ったポタでした(^^;
【本日の走行】
走行距離98.75km、平均速度:22.2km/h、最高速度:73.0km/h
上昇量:1376m、平均心拍数:138bpm、最大心拍数:--bpm
[PR]
by Mazoka3 | 2010-09-26 22:41 | サイクリング | Comments(2)
乗鞍2010 (GPS分析編)
乗鞍ヒルクライムの事後分析。Garmin Edge500で採れたGPSログを分析してみましょう。けど、今回はうっかり心拍センサーを忘れてしまったので、残念ながら心拍データはありません・・^^;

乗鞍のコースですが、公式には全長20.5km、標高差1,260mとなっているものの、実際のスタートからゴールの計時ラインまでは、約20km、標高差1230mというところでしょうか。途中、約7kmと約15km地点に給水ポイントが設置されています。
e0080315_43916100.jpg

まずは、速度と勾配のグラフ。
e0080315_2344519.gif
これまでも何度か書いてますが、Edge500を使うようになって、速度はホイールのスピードセンサーから、標高は気圧高度計から取得するので、かなり正確に速度と勾配が残るようになりました。コースプロファイルをみると、コース前半はせいぜい7%くらいまで、後半は少し険しくなりますが、きついところでも精々10%程度に過ぎず、勾配からみるとさほど厳しいようにはみえません。けれども、全長20km約1時間半もの間(トップ選手は1時間以下で走りきりますが)延々と登りが続くというのは、やはり大変。今回も、前半から抑えて慎重に走ったつもりでも、終盤にはすっかり脚が売り切れてしまって、まるでペースが上がりませんでした。
つづいて、去年、一昨年の記録と今年の速度を比較してみました。
e0080315_2345060.gif
タイムの落ち具合からみても当たり前ですが、去年よりも全般に2km/hくらいは遅い感じ。九十九折れの続く冷泉小屋付近(12~14km)はなんとか失速しないように踏ん張りましたが、そのつけが回ってその後が酷いことになっています。去年は17km地点で脚が攣ってガックリとペースダウンしましたが、それと大差ない垂れっぷり・・。こうしてみると2008年は最後まで元気だったんだなぁ・・(しみじみ)
お次は出力の分析。もちろんパワーメーターなんてものは着いていませんので、速度と勾配から空気抵抗、転がり抵抗、登坂に伴う抵抗を計算して所要パワーを求めた結果です。
e0080315_2345839.gif
平均パワーは184Wほど。去年は215W前後出てましたから、前年比15%減ということか^^;レース中の推移も、序盤はまずまず、中盤にかけて少し中弛みして、九十九折れ(50~60min)で頑張って、その反動で後はだらだらと落ちっ放し、という感じで心拍計こそ付けていませんでしたが、体感とも概ね一致する感じです。
最後はケイデンスと速度から求めた使用ギヤの履歴です。
e0080315_235389.gif
こうしてグラフにしてみると、勾配の比較的緩やかなCP1まではともかくとして、それ以降はインナーロー(34x25)にほぼ固定。終盤速度が低下するにつれて、ケイデンスも落ちる一方になってます。全然ギヤが足りていませんね。時速10km/hを割り込む場面があるなら、もう一枚大きなギヤを付けるか、フロントをトリプルにすべきなんでしょうね。
[PR]
by Mazoka3 | 2010-09-04 22:08 | 自転車レース・イベント | Comments(12)
マウンテンサイクリングin乗鞍 2010
今年で3回目の出場となるマウンテンサイクリングin乗鞍

リザルトは以下のとおり・・・

タイム:1:32:13
クラス順位 455位/1119人 (Eクラス)
全体順位 1564位/3580人

昨年のタイムからは約12分遅れ。まるでお話にならないタイムでした。
決してパンクなどのトラブルがあったわけじゃございません。それなりに真面目に走ってのタイム。これが今の実力ということです。

昨年と一昨年は乗鞍に向けてそれなりにコンディションを整えましたが、今年はまったく何の準備もせずにぶっつけ本番で望んだ結果です。12分のタイム悪化の内訳は、練習不足が9分、体重増加が1分、気合の足りなさで2分 (いずれも当社独自調査による)というところでしょうか・・

そんなこんなで当日の朝を迎えます。異常なまでの下界での猛暑も、さすがに標高1400m近い乗鞍ともなれば、夜は涼しすぎるくらい。ペンションの方は暑いとおっしゃってましたが、下界から来た者からすれば全然快適。たっぷりと睡眠をとって午前5時起床、5時半からペンションでおいしい朝食を戴いて、ゆったり準備をしても、7時前には余裕で会場に着きました。荷物を預けて、出走クラス別の隊列へと並びます。

それにしても今年もスタート会場はものすごい数のエントラントで賑わってます。
e0080315_1713103.jpg
Eクラス第2組のスタート時刻は7:51。去年とまったく同じ進行です。そこそこの時間に並んだので、今年は同時刻組の中団辺りからのスタートとなりました。乗鞍も3回目となると雰囲気にも慣れてきて、リラックスしてスタート合図を待ちます。前方にはこれから登る大雪渓あたりの山肌がくっきりと望めます。例年にないほどの好天に恵まれ、雲ひとつない青空が広がっています。
e0080315_171338.jpg
いよいよ定刻となり、合図とともに一斉にスタート。とはいっても、中団付近が動き出すまでには一呼吸あります。周りの流れにあわせて、ペダルを拾ってゆっくりとした漕ぎ出し。とにかく、脚の調子はガタ落ちなのは走り出すまでもなく判りきってますので、最初から最後まで無理はしません^^;極力前には出ず、集団の流れに乗って淡々と進みます。走り出して10分もしないうちに、早くも次の組の先頭グループが追い抜いていきました。なにせすごい数のエントラントなので道はいつも渋滞気味。後ろから来る速い人の邪魔にならないように何度も後ろを振り返りながら走る感じでした。
e0080315_1712527.jpg
今年はペースメーカーにするためのGPSデータは一切準備してきませんでした。ここにもやる気のなさが出てますね・・。しかも、心拍計のバンド持ってくるの忘れてるし・・。そんなわけで、感覚を頼りにペースを刻みますが、明らかにスピードが出なくてダメダメな感じ。モニターはなくとも、心拍も上がりきらないのがよくわかります。比較的勾配のゆるい序盤から、早々に34x25のインナーローを多用する有様でした。
e0080315_17124435.jpg
そうこうするうちに、第1給水地点がやってきました。時計をみると、もう25分を過ぎています。去年よりも3~4分は遅い。なかなかに順調な遅れっぷりです。調子がよければ素通りするところですが、今回はしっかりとアクエリアスのカップをもらいました。ぐいっと飲みほして、気を入れなおします。

CP1を過ぎたあたりからだんだん勾配もきつくなってきます。3回目ともなると、コースプロフィールもだいたい頭に入っているので、先のコース展開は読めるとはいうものの、判っていてもキツイもんはキツイ。特に冷泉小屋前後の九十九折れ区間は厳しくて、去年よりも傾斜がきつくなったんじゃないかと思うほど。データで見ると10%ちょっとの勾配でしかないのに、もう一枚25Tじゃ足りずもう一枚ギヤが欲しい感じでした。しかし、去年のレポートをみても、前年より坂がきつく感じたと書いてあるし・・・どうやら年々乗鞍の勾配はキツクなる一方のようです・・^^;
e0080315_17115981.jpg
それでも、中盤の急勾配区間はまだそれなりに踏めている感じがありました。なんとか足が止まることもなく、クリアして、やっと第2給水地点がみえてきました。位ヶ原山荘です。ここでも当然のようにアクエリアスのカップを頂戴します。通過タイムは64分ほど。すぐに残りあと5kmの看板を通過します。
e0080315_17115146.jpg
CP2を過ぎれば多少は勾配も緩くなるイメージがありましたが、それは何かの勘違いのようでした。それよりもスタートから1時間を過ぎて脚がそろそろ限界に近づいてきました。なかなかペースが上がらずに残りの距離がもどかしく感じます。この辺りまで登ってくると、森林限界を超えて視界も開けてきます。
e0080315_17114590.jpg
ゴールまでの数キロの道のりがはっきりと見渡せるだけに、余計にスピードのなさを痛感させられます。それでも、今回はとても天気がよくて、ふと顔を上げて周囲を見渡すと遠くの山並みまで一望できて、眼下にはコースを途切れなく登ってくるサイクリストの行列が。そんな乗鞍ならではの光景を楽しむ気持ちの余裕も少しはありました。けど脚のほうは完全に売り切れてしまって、最後はスパートをかける余裕どころか失速気味になんとかゴールラインを割りました。

ゴールした選手の列に並んで、ふと後ろを振り返ると、わずか数名後ろにtakotakoさんが。takotakoさんはスタートが11分後からなので、ちょうどゴール前に抜かれるくらいかもしれませんねぇー、などと前日いっしょになったときにお話ししたところでしたが、まさしくそのとおりのゴール争いになっていたようです^^;
e0080315_17113636.jpg
昨年は目標としていた自己ベスト更新に失敗して、ゴール後も悔しくて敗北感いっぱいの乗鞍でしたが、今年はそういった気負いもなく、久しぶりにいい汗かいたなぁと思えた充実感のあるゴールでした。
来年もまた(抽選にとおれば)懲りずに来るようかな。
[PR]
by Mazoka3 | 2010-09-04 17:07 | 自転車レース・イベント | Comments(6)