ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のコメント
おつかれさまです 表も..
by Mazoka3 at 22:56
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 20:47
Mazoka3@裏道大好..
by Mazoka3 at 23:35
日曜日はありがとうござい..
by ライゲキオー at 22:14
おつかれさまでした~ ..
by Nobu at 21:24
おつかれさまです。 こ..
by Mazoka3 at 09:34
いつもは息急き切って走る..
by かつ at 06:39
某国から帰って来ました。..
by かつ at 20:27
遅ればせながらおつかれさ..
by Nobu at 21:44
べりさん、腹ポさん 土..
by Mazoka3 at 07:29
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(228)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル


サイドブレーキ表示灯
最近気づいたのだが、いつのころからかサイドブレーキを引いてもメーターパネル内の表示灯が 点かなくなっていた。まぁ、点かないというだけでそれ以上に困ることもないので、気づかなかった というわけなのだが。

どうせ、接触不良なのだろうと思って、レバーのブーツをはぐってみる。例によって、ブーツは 嵌めこんであるだけ、ぐいっと引っ張ると簡単に外れて、レバーの根元にスイッチが現れた。

とりあえずスイッチの接点辺りをぐりぐりやると、パネル内の表示灯がチカチカしている。 やっぱりこいつが原因のようだ。接点復活剤のスプレーを吹いて作業終了。

直った証しに?ブレーキを引いたままゆっくり走る。ちゃんとピーピーとワーニングが出た。 よしよしと(^^;
e0080315_1324912.jpg丸で囲ったところがサイドブレーキのスイッチ
ブレーキワイヤーはそのまま床下に貫通しているし、なんかとてもシンプルな造り

[PR]
# by Mazoka3 | 2004-12-01 00:00 | Multipla-メンテ | Comments(0)
水漏れと新型ムル
サボってるうちにもう今年も終わりそうです^^;
久しぶりに近況を書きます。

ほとんどトラブルらしいトラブルのないMyムルだが、めずらしく不具合をみてもらいに ディーラーへ行った。というのも、もう、だいぶ前からリザーバータンクの下から少しずつ冷却水 が漏れていたのだった。エンジンが暖まってタンクに圧がかかるようになるとタンク下部のホース の接続部から冷却水が噴き出すようだ。ホースを留めてあるバンドが単なるカシメタイプなので どうやら締め付けが甘みたい。タンクがプラスチック製で比較的柔らかいということもあるのだろう

ディーラーへ持ち込むと、メカニック氏がすぐに汎用のネジ留め式ホースバンドに交換してくれ、 ものの10分程で作業は完了。そんなに簡単なら、早く持ってくればよかったかな(^^;
これまでも漏れはわずかで水温が上がるようなことはなかったけど、これで安心して乗れます。
e0080315_1281862.jpgタンクの下部から水漏れ。周囲に垂れたクーラントが乾いて白くなっている。
写真のバンドの代わりに汎用のホースバンドで締め直してもらった。



ちょうどディーラーにはフェイスリフトされた新型ムルティプラが発売開始ということで展示 してあった。

展示車は新色のオレンジだったが、これがなかなか素敵。この他にも、水色とか淡いグリーンとか 今度の方がムルティプラのイメージに合った魅力的なカラーが多いような気がする。外観もカタログ 写真でみると幅広感が強調されたイメージがあったのだが、実車をみるとそんな印象もなく、よく まとまったデザインにみえる。むしろ、ウィンドウ周りやドアを代えずによくまとめてあるなぁと 感心するほど。

と、なかなか完成度は高いとは思うものの、旧顔の他の何にも似ていない個性的なデザイン からは一転して、一見普通のクルマになってしまったなぁ、というのが正直な感想。機能的にはなんら 変わっていないのに、外観だけでこうも違うクルマになってしまうのですねー。
個々の車種の個性よりも、FIAT車全体の共通性を優先した結果なのだろうけど、なんとなく リトモがフェイスリフトされて変わってしまったときのことを思い出した(古いなぁ…)。

まぁデザインは人によって好き嫌いもあるけど、中身は旧型と変わらず機能的でよくできた 道具だと思うので、新型も地味に売れて欲しいですね。
e0080315_1292176.jpg携帯で撮ったので写りが悪いのはご容赦。
真ん中に大きなFIATマークの付いたグリルは、よくみると黒いプラスチックのダミーで実際に 開口しているわけではない。そして、お尻に回るとテールゲートにフロント以上にバカでかい エンブレムがでーんと付いてるのだが。ちょっと大きすぎやしないか?(^^;
でも、オレンジのボディカラーはなかなか魅力的


[PR]
# by Mazoka3 | 2004-11-20 00:00 | Multipla-メンテ | Comments(0)
10000キロ突破
e0080315_1633398.jpg8ヶ月で1万キロ。週末だけの使用にしては、ちょっとハイペースか?

ムルが来てから、すっかり自転車の距離が伸びなくなってしまったなぁ・・・
[PR]
# by Mazoka3 | 2004-08-29 00:00 | Multipla-あれこれ | Comments(0)
マイナートラブル
しばらく、雑記帳の更新もさぼっていたが、ムルの方は至って快調で順調に距離を伸ばしている。
ゴールデンウィークには、義弟に赤ちゃんが生まれたのをみるために、横浜までロングドライブをしたこともあって、トリップも6000キロを超えた。

その間、唯一のトラブルが右リアのパワーウィンドが動かなくなったこと。
ムルのリアパワーウインドスイッチは、リアドアにしか付いていなくて、どういうわけか、前席からは操作できないようになっている。まぁ、それでさほど不便に感じたことはないのだが。

そういうわけで普段開閉しないため、故障にはしばらく気づかなかった。
たまたま後ろに乗った子供が開けようとして初めて発覚したというわけ。

同時に、右リアドアのドアロックも作動していなかった。
つまり、それまで、リモコンでロックをしたつもりでも、右リアは鍵が開きっぱなしになっていたことになる・・(^_^;

早速、合間をみてディーラーでみてもらったら、リアドアのヒンジのところにあるカプラーの接触不良とのことで、その場ですぐに直してもらった。

と、まぁ、トラブルというほどのトラブルでもないですね・・(^_^;
[PR]
# by Mazoka3 | 2004-05-08 00:00 | Multipla-メンテ | Comments(0)
販売台数
街でムルティプラを見たこと有ります?私は一度もないです・・・

先日、信号待ちで、ミラーになんか見慣れない車が映っているなぁと思って目を凝らすと、ノーズに斜線のエンブレム(?)が。 もしかして、フィアット?? と思ってよくみたらブラビッシモだった(多分)。
なにしろ、実物みるの始めてなので・・。 というか、最近までブラビッシモ自体を知らなかったので、エンブレムがなければ判らなかったかもしれない(^^;

そんなレアなブラビッシモでも遭えたというのに、ムルが走っているのは見たことがない。
もしかして、ショールームやイベントでしか遭えない車なのか? そんな気にもなってくる。

一体、ムルティプラは日本に何台いるのか? 去年の販売実績を調べてみた。

JAIA(日本自動車輸入組合)が、 毎月輸入車の 登録台数速報を出している。
それによると、2003年の1月~12月のフィアット(乗用車)の登録台数の集計は次のとおりだった。

2003年月別新規登録台数(フィアット)

e0080315_15433117.gif

残念ながら、メーカー毎の集計はあるが、車種別のデータは載っていない。 しかし、考えてみると、現在正規輸入されているフィアットのラインナップはプントとムルティプラだけである。 中には並行物のレアな車種も含まれて入るだろうが、普通車(3ナンバー)の大半はムルティプラで、小型車(5ナンバー)の大半がプントだと想像できる。

ちなみに、別の車種別統計資料*1によると、2003年10月までの普通車の登録台数388台中375台がムルティプラであった。 普通車の97%程がムルティプラということになる。

*1:ネット上でpdfファイルで入手したものだが、どこで見つけたものか失念

月毎の推移をみると、正規モデルが発売された4月以降に台数が増えていることがわかる。 3月までは、並行物か、試験的に先行して登録されたものとかなのだろう(100%想像で言ってますが(^^;)

結局、年間では460台中の大半、すなわち440台前後(最大447台)が2003年の登録台数ということになりそうだ。 正規輸入開始当初にFAJがあげていた販売目標は300台だったから、もしかして予想以上に売れたってことなのか?
(いや、目標が低すぎるだけですね・・きっと(^^;)
ちなみにどうでもいいことだが、私のムルも1月納車だが登録は昨年12月なので、上記の台数に少しだけ貢献している(^^;

なお、並行物としては数年前から入ってきているので、それも含めた総数ではさらに多くの台数が日本全国で生息しているはずだ。 それでも合計1000台には満たなくて、多分、3桁だろう。

で、これって結局、多いの?少ないの??
[PR]
# by Mazoka3 | 2004-02-24 00:00 | Multipla-あれこれ | Comments(0)
床下には
ディーラーで初めて試乗したときからの印象なのだが、運転席に座ってみると、車高から想像するほどには天井が高いとは感じない。 確かに視点が高くて見晴らしはいいのだけど、それほど室内高さはあるわけではない。 ドアを開けるとサイドシルは全く無く、フラットな床が"掃出し"状態となる。結構、床が高いのだ。
(そういえば、ルノーアバンタイムも同じような作りだった)

その試乗以来、床の下には一体何が入っているのか、ずっと気になってしょうがなかった(大袈裟)。 で、やってきたムルの腹を覗いてみると、、。

そこはなんと、空っぽだった・・・(^^;

正確にいうと、後席の下あたりに燃料タンクがあるのと、リアサスペンションと、後端のスペアタイヤと、 マフラーと、、、それなりにあるものはあるのだが、なんというか、まるでスカスカなのだ。 ムルティプラのプロモーションブックには、いかにスペース効率を追求して、空間を無駄なく有効に使っているかが熱く語られているというのに・・・(^^;
e0080315_121728.jpg床下を覗いたところ:スペースフレームに床板を張ってある構造がよくわかる。
遮るものが何もないので、排気管はまっすぐに延びていて排気効率はよさそうだ(^^;
左に見える黒い塊はガソリンタンク



このように床が高い理由のひとつには、床をフラットにするためだろうと思われる。 確かに、室内は前から後ろまで床はまっ平らで、そこにちょこんと椅子が置いてあるという感じ。

このために、ムルティプラは他のモデルとフロアパネルを共用せず、 (というか、幅が広くて共用できないだけか?(^^;) 専用のスペースフレーム構造のシャシーが使われている。車の下に潜ると、このフレーム構造がよくわかる。 複雑なプレスのモノコックを新規に開発するよりも、この方がコストが安いということもあるようだ。

もうひとつは、床下をちゃんと活用するモデルが存在するからのようだ。 欧州では、ガソリン、ディーゼルとは別に、BIPOWERと呼ばれるCNG(天然ガス)仕様とか、 BLUPOOWERというCNG/ガソリン両用モデルがあって、そいつの透視図をみると、床下にCNGボンベがずらっと並んでいたりする。

というわけで、高床にもいろいろ背景があるのは判ったが、ガソリンモデルのオーナーとしては、 せっかく余っている空間なので、床下収納のようなものでもあったらいいのにと思わないでもない。
[PR]
# by Mazoka3 | 2004-02-19 00:00 | Multipla-あれこれ | Comments(0)