ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2018年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


自転車:雨の剣山(2)
これまでのあらすじ

さーて、R438を剣山目指して上りますが・・
まさか雨に降られるとは思ってもいなかったので、当然雨具装備はなし・・
カツカツツアーに続いて、またぞろ、もーどうにでもしてー状態です(^^;
まぁ夏なので雨でも凍えるほど寒くないのがせめてもの救いでしょうか・・
e0080315_101081.jpg





うどん屋を後にして、いよいよ本格的ヒルクライム区間のはじまりです。厳しい区間は約12キロ平均勾配7~8%というところでしょうか。極端な激坂はないものの、ずーっと絶え間なく上り坂が続きます。

葛篭折れの道は、ヘアピン毎にNo.が付いていて、スキー場まであとXキロの道標と共に、進捗の目安にはなります。これは第3ヘアーピン(だったかな?) 路面もすっかり濡れて・・というよりもう川ですね・・
e0080315_1016215.jpg

こんな山道だけど、他に通る道もないからか、結構たくさん交通量はあって、車が次々と邪魔そうによけながら追い抜いていきます。ツーリングの二輪もぼちぼちいましたが、自転車は他に見なかったなぁ・・。

やっと標高1000m
e0080315_10161586.jpg

とにかく完走狙いでゆっくりゆっくり登っていきます。雨足の方は相変わらず強くなったり弱くなったり。ふと気がつくと、サイコンのトリップが停まっています。そういうときはブラケットに溜まった水を息でブローしてやると一瞬復活しますが、またすぐに水が溜まってしまいます。かといって頻繁にブローするほど肺に余裕はないし・・。

やがて剣山スキー場に到達すると、尾根伝いとなって勾配も緩くなります。山々は白い雲で覆いつくされて残念ながら眺望はありませんねー
e0080315_10162668.jpg

夫婦池(1446m) 長かった登りもここでやっと終わり。
e0080315_1016386.jpg

ピークを越えて少し下ったところが、剣山山頂への登山口、見ノ越です。R438とR439の交差点。
e0080315_10165248.jpg

見ノ越からは剣山山頂へ向うリフトが出ていますが、自転車的にはここが山頂ゴール。ハイカーの方はここまで車で来て山頂へと登っていくようですね。

徒歩の登山道入口。山頂まではここからまだ500mも登らないといけません。
e0080315_1017771.jpg

リフト乗場周辺には土産物屋や食堂などもありますが、用事もないので、店の軒先でうどん屋で包んでもらった伝団子を食べたらとっとと出発です。

あとはR439を下るだけ・・のはずですが、道はガタガタだわ、路面は濡れてるは、全身ずぶ濡れで下りは凍えるわ・・と普段は楽しいはずのダウンヒルがなーんにもいいことがありません(^^;

いよいよカメラにも浸水しはじめて、以降はろくに写真も撮れず、ひたすら祖谷方面へと下っていきます。

奥祖谷かずらばしも看板の写真だけでパス(^^;
e0080315_1017282.jpg

さらにR439は崖崩れで一部通行止め。想定外の迂回路なども堪能しつつ、渓谷の道を下っていきます。が、そのままずんずん国道を行ったら京柱峠越えて高知に出ちゃうので・・・
途中から県道32号へと入って祖谷川沿いになおも下り続けます。観光客で賑わう祖谷のかずら橋ももちろんパス(^^;祖谷渓付近はちょっとした上り返しがあって疲れた脚に堪えますが・・。

祖谷渓名物?小便小僧です。雨でレンズが曇っただけで、モザイクではありません(゚-゜)\バキ
e0080315_10174832.jpg

しかし深い渓谷を前にして、さぞかしここから・・したら気持ちいいだろうなぁと考えることは皆同じなのか?これを建てた人は偉大です。
ワタシも真似しようかと思いましたが、レーパンの横からじゃ様にならないので止めました(゚-゜)\バキ

そんなこんなで、ちょっとした登り返しもあるものの延々60キロのダウンヒルを終えて祖谷口へと下山。もうくたくたなので、ここから土讃線を輪行しようと思いますが・・
案の定、2時間に1本のローカル線。しかもさっき出たばっか・・

仕方なく阿波池田まで国道をもうひとっ走りします。あぁようやく着いたわー
e0080315_1018211.jpg

車内でビールを飲みながら、やっとひとここちつきます。

窓の外をみると綺麗な虹が出ています。
なーんだこっちも雨だったのか・・(でも地面は濡れてないゾ?)
e0080315_10181861.jpg

[PR]
by Mazoka3 | 2007-08-13 23:30 | サイクリング
<< 本日のYS-11 自転車:雨の剣山 >>