ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


自転車:京柱峠ツアー(前編)
本日は、坂バカさん腹ポさん、べりーさんとご一緒して京柱峠ツアーへと行ってきました。
京柱峠(1120m)はR439で高知と徳島の県境にある峠。
四国の峠道ルートとしては初級コースとのお話でしたが、なかなかどうして登りごたえたっぷりの峠越えでした(^^;
e0080315_8124815.jpg

ALPSLAB routeによる走行ログ:京柱峠~かずら橋

【本日の走行】 走行距離:104.56km、平均速度:20.8km/h、最高速度:48.7km/h



#遅くなりましたが、、そろそろレポートでも・・(^^ゞ

さて四国に向けてムルで出発です。えっ?輪行しないのかって?
スイマセン、まだロード用の輪行袋まで手が回らなくって・・(^^;
そんなわけで、午前3時起床でウチを出発、4時に腹ポ・べりー宅を襲撃します。当然のことながら、辺りはまだ真っ暗。ふわぁ眠たいわ・・

ムルに自転車3台詰め込んで、いざ出発。淡路島から徳島道を通って阿波池田へと向かいます。一人旅だと寝てしまいそうなところも、3人掛けだと退屈せずにあっという間に徳島入り。
そろそろ夜が明けてきましたが、なんだか辺りは霧が立ち込め、空気がしっとりしていますね・・。

うーん、もしかして今日も雨男?イヤな予感がしますが、どうやら山間部ならではの朝靄のようですね。順調に池田に着いて、吉野川のほとりにある運動公園にクルマを置かせてもらいます。だだっ広い駐車場はどこに停めていいのか迷うほど。
遥か頭上を見上げると高速道が走っています。下にポツンと停めてあるのがムル・・。
e0080315_20343188.jpg
デポ地の池田から、坂バカさんとの合流地点である豊永まで約30キロ。吉野川に沿って国道32号線を南下していきます。早朝とあってか交通量も少なめで、快調に進みます。今日のルートの中では、豊永まではどちらかというと繋ぎ区間なのではありますが、なかなかどうして、大歩危・小歩危界隈は渓谷の趣もたっぷりで、景色を楽しみながら走っていけます。
e0080315_20425216.jpg
こうしてコンビニに立ち寄った他は、一度も停まることなく豊永到着。そういえば一級国道のわりにはろくに信号も無かったような・・?

予定より早く着いて豊永駅でしばらく時間を過ごしたのちに、本日のツアー主催者坂バカさんと合流です。坂バカさんは豊永からまだ先の大杉からのスタート。途中、R32を走る我々3人を追い越す列車の窓から見送っていたそうです(^^;

これは豊永駅入口の鉄橋。ちょうどアンパンマン列車が通過していくところ。
e0080315_20563793.jpg
いよいよ京柱峠に向けて出発です。ここから18キロかけて1000m弱登りますよ・・。
e0080315_2131175.jpg
京橋峠までのR439は、豊永からの登り口こそ2車線道になってますが、トンネルを過ぎる辺りから1車線になって、こんな感じでじわじわと登っていきます。珍しく自分の走ってる写真があるのは、坂バカさん撮影の写真を使わせて頂きましたm(__)m
e0080315_2154132.jpg
峠まであと10キロの標識。まだまだ先は長い・・
e0080315_2192727.jpg
登っても登っても集落が出てくるのが四国らしいところでしょうか?かなり高所まで山村が続きますね。
e0080315_2194914.jpg
勾配は比較的控えめで、激坂というほど厳しいところが無いのが救いですが、そうはいっても1000m登るのはやっぱり大変。最初ゆっくり目に思えるペースで上り始めたのが、後から思うと丁度良いくらいだったようです。
坂バカさんには全然物足りないスピードだったと思いますが、時折先行されては写真を撮って下さったりと、ペースをあわせてもらって終始4人でまとまって走れました。
e0080315_2111303.jpg
こうしてようやっと辿り着いた山頂ゴール。ラスト数百メートルだけ頑張ってみました(笑
e0080315_21314031.jpg
後編へつづく
[PR]
by Mazoka3 | 2007-09-23 23:58 | サイクリング
<< 自転車:京柱峠ツアー(後編) SIX13:ハンドル交換 >>