ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


乗鞍表裏
某OB会にて岐阜の山奥へ行く機会に恵まれましたので、ついでにちょっと足を延ばして、乗鞍を試走して参りました(^^;
e0080315_5294635.jpg

轍Wadachiによる走行ログ:乗鞍スカイライン&エコーライン試走 2008/8/11

【本日の走行】走行距離:20.11km、平均速度:13.7km/h、最高速度:-km/h (エコーラインの計測区間のみ)



アプローチは高山から。R158を走り、平湯峠にクルマを停めて(マイカーで行けるのはここまで)スタート。

岐阜側から明け方の乗鞍スカイラインを上ります。日陰に入るとちょっと肌寒いくらい。スカイラインはウォームアップということで、あまり汗をかかない程度にまったりと漕ぎます。標高差は1000m程ありますが、比較的勾配は緩やかで激坂らしいところはないのが幸い。せいぜい10%程度?

1時間半ほどで登頂。それにしても周囲はどこを見渡しても素晴らしい眺め。特に標高2500mくらいから上、森林限界を超えてからの風景は、普段は味わうことのできない世界です。

山頂を越えたら長野県側へと入り、エコーラインを下ります。眼下にくねくねと伸びていくコースが一望できますが、あんなに遥か雲の下から登り返してこなきゃならんのかと思うとゾッとします(^^;
三本滝のレストハウス付近まで降りてくると、賑々しい雰囲気になってきます。岐阜側のひっそりした雰囲気とは対照的。道は綺麗ですが、それでも20キロ程も下り続けると手が疲れました。観光センターまで降りたら、一旦休憩。カレーパンとりんごジュースで軽い朝ごはんにします。

一息ついてから、いよいよエコーラインを登り返し。一応、タイム計測してみましょう。計測ラインがどこからなのかよく判りませんが、観光センターの前からスタート。ちょうど9時に出発するシャトルバスの編隊と競争のようになりながらヘコヘコ。序盤のうちは予想外に勾配が緩くてスピードがのります。けど先が長いのでペース配分が難しいところ。

GPSの標高とサイコンのトリップを頼りに、残り距離だけを考えて漕ぎ続けます。コースには自転車で登っている方もたくさんいて、挨拶しながら前へ前へと進んでいきます。ときどき速い人が後からビュンと追い越して行きますが、そういう人はあっという間に見えなくなってしまします。下ったときは急そうにみえた勾配も登ってみるとそれほどでもなく、次々と現れるヘアピンコーナーが局所的に険しいくらいで、まずまずのペースで上がっていけます。それでも流石に終盤にはへばってきて、ラストスパートをかける余裕も無く県境のピークへとゴール。下から、1時間28分30秒程でした。(距離は20.1kmしかないけど合ってるのかな?^^;)

予想タイムよりはずいぶん良くて(皮算用は所詮皮算用だったみたい・・^^;)、自己採点的には出来過ぎの感もあり・・・。この調子だと本番の方がタイム落としそうで心配です(^^;


@ゴール地点? ちょうど登ってこられたサイクリストに撮って頂きました^^
e0080315_526475.jpg

@南国育ちは雪をみるだけではしゃいでしまいますね^^;
e0080315_527375.jpg

@ハイマツ帯の広がる桔梗ヶ原付近
e0080315_5272073.jpg

[PR]
by Mazoka3 | 2008-08-11 23:00 | サイクリング
<< たまにはMR4で 本日の残雪 >>