ムルティプラで検索してこられた方には申し訳ありませんm(__)m 現状ほとんど自転車日記です^^;
by Mazoka3
リンク
最新のトラックバック
伊吹山 2010
from 見たい!知りたい!ニュースが..
車検費用の口コミサイト
from 車検費用の口コミサイト
温泉 日帰り温泉のクチコ..
from 温泉 日帰り温泉のクチコミ!..
以前の記事
2018年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
Multipla-あれこれ
Multipla-メンテ
くるま
自転車
サイクリング
自転車レース・イベント
SIX13
MR-4F
GPS
ラジコン
電子工作
おでかけ・イベント
本日の・・・
ひとりごと
タグ
(231)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


CORNER all road
ご無沙汰してます(^_^;
ちょー久しぶりの更新は、ニューバイク完成のご報告。
この春先から密かに製作を進めてきたフレームが、ついに組み上がって納車されましたヽ(^o^)丿
e0080315_21141601.jpg
 今のロードバイクSix13に乗り始めてから、早いものでもう11年余。距離は4万5千キロを超えました。
 Six13に特に不満があるわけでもなく、むしろ時間とともにどんどん愛着もわいてきていましたが、一方でここ何年も、次のバイクをどうしようかなと考えていました。毎年メーカーから発表される最新のカーボンフレームも興味がないわけではないのですが、どうしても欲しいと思うような魅力を感じずにきてました。
 そうこうしているうちに行きついたのは、クロモリのオーダーフレームという選択肢でした。丸パイプの組合せで構成されるクラシカルだけどシンプルで飽きのこない佇まい、そして何といっても、他に同じものはない自分だけのオリジナルというテーラーメイド感に惹かれて、フレームオーダーに至りました。
e0080315_21143591.jpg
 オーダーにあたっては、どちらのビルダーに依頼するか悩みますが、いろいろと調べて考えた末に、ソウカワガレージさんにお願いしました。
 ソウカワさんは大阪・堺に工房があって直接足を運べるくらいにそこそこ近くにあること、ディスクブレーキなど最近の規格に柔軟に対応しているところ、そして何よりもこれまで造ってこられたフレームを拝見するとスマートでかっこいい。オーダーフレームは細かく仕様を指定できるとはいうものの、ビルダーさんの提案とオーダー側の希望をすり合わせながら形にしていくわけで、なんだかんだいっても両者の嗜好が合わないと満足いく出来上がりにはなりません。その点、今回ソウカワさんにお願いしたのは正解でした。こちらの漠然としたリクエストにもかかわらず、うまく具現化してくださってとても満足のいくバイクに仕上がったと思います。
e0080315_21145179.jpg
 フレーム製作にあたってのコンセプト、というほど大げさなものではないですが、乗り方のイメージは、日帰りツーリングで何処にでも走っていけるバイクでした。最近の特にソロライドでは、ちょっと脇道に逸れてグラベルに突入してみたり、山奥の荒れた道に踏み込んでみたりすることも少なくなかったので、路面を選ばず走れる柔軟性が欲しかったこと。その一方で、仲間とのロングライドでは、いいペースで飛ばすロードバイクの集団に入っても遜色なく走れる走行性も欲しいところ。そう考えると、最近人気が高まりつつあるグラベルロードのコンセプトそのものという気もしますが、その中でも、グラベルでの安定感よりも、オンロードでの軽快感を重視することとしました。
 実際のフレーム設計は、ビルダーさんに乗り方のイメージを汲み取ってもらっただけで、そこから先のジオメトリーやパイプの選定などは全部お任せという感じで、進んでいきました。出来上がった図面をみせてもらっても、細かい寸法の良否はぼくには判断のしようもないので、ほとんど修正もなく一発で設計完了になりました。
e0080315_21150547.jpg
 コンポは初めてSRAMをセレクトしてみました。これまでシマノばかりだったので、ちょっと違うメーカーのメカを使ってみたかったのと、フロントシングルに対応した1Xに興味があったからです。まだちょい乗りしてみただけですが、STIに慣れてきた身には、ダブルタップの操作に戸惑うばかり。特に咄嗟にシフトダウンしようとしたときは、ブレーキレバーを叩いてしまったり、逆にシフトアップしてしまったり、慣れるまでにしばらく時間がかかりそうです。
 ギヤ比は44T×11-36T。普通のダブルでいうと 50×13T ~ 36×28Tあたりをカバーしています。これまで使っていた11-28Tのスプロケットに比べると、若干ギヤの間隔が離れたワイドなセッティングにはなるけど、レースのようにシリアスに走るのでなければ、これで十分かなと考えています。それよりもフロントの変速を考える必要が無くて、シンプルにリア変速の上下だけで済むというのは、予想外に気持ちいいです。
e0080315_21153191.jpg
 ブレーキはこれからはやはりディスクブレーキの時代でしょうということで、油圧ディスク。アクスル周りの規格もほぼ収束されてきたようなので、12㎜スルーアクスルとフラットマウントとしています。
e0080315_21154353.jpg
 フレームを何色にするかは、かなり悩みました。オーダーのなかでもペイントは一番迷うところかもしれません。お好み次第でどんなデザインでもカラーでも出来ますと云われても、自由過ぎて逆に困りますよね。今回も散々悩んだ挙句、選んだのはポルシェの純正カラーにあったグラファイトブルーメタリックでした。名前のとおりメタリック色なんですが、ぱっと見はソリッドにみえる青みがかったグレーです。周囲の光線の具合によって青白くみえることもあれば、ねずみ色にもみえる何とも言えない良い色です。そして差し色としてフォークとチェーンステーの裏側にイエローを入れました。
e0080315_21155309.jpg
 ホイールは予算の都合もあって手組み(^-^。DT SWISS RR411db リムと 350 ハブ の組み合わせです。タイヤはせっかく太いサイズが履けるということで、Compass の Bon Jon Pass を選んでもらいました。700C×35というワイドサイズなのに、とても軽いのが特長。まだ少し走ってみただけですが、たっぷりとしたエアボリュームのおかげで、ポヨヨーンとクッションの効いた乗り味が新鮮です。少々荒れた路面でもへっちゃらなので、あえて道の悪いところを選んで走りたくなります。
e0080315_21160162.jpg
 というわけで、オリジナルクロモリロードが完成しました。
さっそく何処へ走りに行こうかと、考えるだけでワクワクしますね。

[PR]
# by Mazoka3 | 2018-11-02 21:19 | 自転車
マウンテンサイクリングin乗鞍2017
夏の終わりは恒例のマウンテンサイクリングin乗鞍。
今年もまた行ってきました。

今年の乗鞍のポイントは何といっても絶好の天候に恵まれたこと。かれこれ10年近く、数えてみるとこれまでに表裏合わせて15回くらい登ってますが、その中でも今回が一番のお天気だったんじゃないかな。すっきりと晴れ渡って、遥か遠くの山並みまで見通すことができました。
あまりに絶景が印象的だったもんで、後日公式写真ストアに写っている写真を見つたときには、ついついポチってしまったw。
↓穂高連峰をバックに残り2キロ地点をヨレヨレと通過するの図でございます。
e0080315_9212881.jpg

レース的には、夏の間全く乗ってなかったとおりの結果というか、むしろ乗ってない割にはそこそこにタイムをまとめられたかなというところ。
記録を狙うようなコンディションではないことは走る前から判りきっているので、気負うところもなく、現状の力を出し切るだけという感じで、気持ちよく走り切ることのできた今年の乗鞍でした。

リザルト
クラス:ロードレーサー男子F
タイム:1:26:05.653
クラス順位:160位/888人

e0080315_1165871.png

e0080315_1174132.png

e0080315_118222.png

e0080315_1182585.png

e0080315_1192754.png

【本日の走行】
走行距離:20.103km、上昇量:1231.4m、平均勾配:6.13%、平均出力:195.2W
[PR]
# by Mazoka3 | 2017-08-27 23:59 | 自転車レース・イベント
乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム2017
今年も行ってきました
e0080315_7522217.jpg
烏帽子岳をバックに快走!
・・・とはいかず、とくにラストは脚も攣ってしまってヘロヘロ。
苦しいのを通り越して、カメラに向かって笑ってますな;^_^
ともあれ、まずまず天候にも恵まれ、天空のサイクリングを満喫してきました。

リザルト
クラス:ROAD男子H
タイム:1:29:58.499
クラス順位:39位/154人
e0080315_7532123.png
改めてコースを振り返ると、総じて勾配はきつめ。平湯峠に行くまでの旧道が最初にドカンとくるので後は目立たない印象があるけど、スカイラインに入っても10%近い勾配が割とコンスタントに続くのよね。毎年走る度に勾配がきつくなっているように感じる。。
e0080315_7534733.png
心拍数は平均173bpm、最大182bpm。最近にしては終盤まで高めキープだった。調子が良かったのか?というよりは、前戦Mt.富士ヒルクライム以降まるまる1か月全く走らずにいたので(汗)すっかり疲労が抜けていたというのが要因か。
e0080315_754820.png
ギヤはほぼ全域でインナーロー(36x28)固定で、たまにシフトアップする程度。きつくても、なるべく時速10キロ、ケイデンス60rpmを割らないように意識して走った。
e0080315_754415.png
ここ三年間の速度比較。
今年は残り3キロ過ぎたあたりから脚が攣りかけて踏めなくなり、大きく失速。
e0080315_7551537.png
これまで5回のタイム比較。
こうして比べてみると、平湯峠までは過去最速だったのね。序盤飛ばし過ぎて、最後に失速という典型的なダメパターンじゃないか(苦笑)

【本日の走行】
走行距離:18.025km、上昇量:1315.8m、平均勾配:7.30%、平均出力:194.8W
[PR]
# by Mazoka3 | 2017-07-09 23:59 | 自転車レース・イベント
Mt.富士ヒルクライム2017
リザルト
男子50~59歳クラス
タイム 1:25:57.95
クラス順位 172位/1625人
e0080315_20542118.png

e0080315_2055689.png

e0080315_20552827.png

【本日の走行】 走行距離:24.00km、上昇量:1231m、平均勾配:5.13%、平均出力:209.0W
[PR]
# by Mazoka3 | 2017-06-11 23:59 | 自転車レース・イベント
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2017
ご無沙汰しています(^_^;
うっかりしていたら、今年に入って初のブログ更新w
さて、今年も春の恒例お花見サイクリング・・・じゃなかった、伊吹山ヒルクライムへと行って参りました。
e0080315_9191127.png

今年は積雪が多かったのか、短縮コースでの開催。ブログ更新が滞っていることからもお分かりのとおり、ここのところあまり走れてなくて、コンディションの上がらない状態でしたので、内心はショートコースで助かったわいというところ。
せめてコースが短縮されたぶんは、短時間に集中していこうと臨みますが、結果からいうと今の調子をそのまま反映したタイムだったかな。自己ベストには遠く及ばず、昨年の中間タイムとはほぼ同じでした。バーチャルトレーナで去年の自分と競争したら抜きつ抜かれつの面白い戦いになったかも。もっとも昨年はフルコースだったんですけどねw
というわけで、以下いつものログ分析。

リザルト
ロードレーサー男子Gクラス
タイム 42:17.4063
クラス順位 71位/365人
e0080315_21364599.png

e0080315_21371089.png
※心拍計は vivosmart HR 使用したけど、不正確で参考にならず…
e0080315_21373869.png

e0080315_2138954.png

e0080315_7112885.png

【本日の走行】 走行距離:10.53km、上昇量:686m、平均勾配:6.52%、平均出力:227.1W
[PR]
# by Mazoka3 | 2017-04-09 21:39 | 自転車レース・イベント
2016年自転車まとめ
今年の年間走行距離は8677kmでした。
このうちジテツウに2500km程なので、ロード(Six13)で走ったのは約6200kmというところ。ここ最近では最も乗り込んだ一年となりました。
年の瀬の恒例ということで振り返ってみましたが、今は Garmin Connect / SportTracks / STRAVA に走行ログをアップロードするだけで自動で分析してくれるので、改めてまとめる必要もなくなってはいるのですが。
今年は3月に痛恨の落車をしてしまい少し痛い思いをしたこともありましたが、総じて一年を通じてまずまず良く走れたかなと。
この調子で来年も怪我なく楽しんで乗り続けたいものです。
e0080315_1811557.png

[PR]
# by Mazoka3 | 2016-12-31 18:34 | 自転車